知っておきたい着物買取のコツ


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2019年10月17日(木)
【いまどきはネットが大変発達してい】
いまどきはネットが大変発達しているため、普通の人が普段触れないような情報まで、たやすく知ることができ、便利になりました。


しかし、何にでも言えることかもしれませんが、思い入れのある着物を買い取ってもらう際は、買取業者の評判についてよく調べ、ある程度の良し悪しを見極めてから、複数の会社の査定を受けるようにしましょう。


大切な着物ですから安い取引をしないためには、手間を惜しまないほうが、あとあと納得できると思います。


着物のブランドはたくさんありますが、買い取るとき、高値をつけられるものといえば産地の名を冠するブランドものです。


たとえば大島紬、本場黄八丈のような昔から着物好きな方に愛されてきた有名な産地の着物は古くても価値があるので高く買い取ってもらえることが多いようです。


保管状態が良くないと価値が出ませんし、産地や生産者の証紙がないとブランドを保証できないことはどこの業者の買い取りでも求められます。


子供が生まれたとき、お宮参りに着ていく着物を買うことになりました。


私自身はレンタルでも問題ないと思いましたが、周りからの、着物を買うのが当たり前というプレッシャーには勝てませんでした。


ただ、手入れと保管の負担を何とかしたいと思っています。


これから何度も着るならと、材質も柄も良い着物を買ったので保管もそれなりに大変なのは承知しています。


桐箪笥で保管するのがいいとはわかっていても、どこに置くのかという問題があります。


七五三で着た後はごめんなさいをして、その後、着物の買い取りに出そうとひそかに考えています。


着物買取に査定してもらうときは、喪服は別と考えたほうが良いでしょう。


ほとんどのお店で、喪服の買取を避ける傾向があります。


葬儀に洋装が一般化した現在では、中古ではなおさら、喪服の流通は限定されているからで、サイズのことも考えると、やむを得ないでしょう。


事情を分かっていても、捨てるのだけは避けたいというのであれば、ごく一部ですが、買取対象に喪服を含むところもあるので、そちらを当たってみるのも手でしょう。


祖母の遺品を少しずつ整理しています。


その中でかなりの数の着物があることがわかりました。


買い取りしてもらうことに決まり、いろいろ調べてみると連絡すれば、こちらで箱詰めしなくとも、どこまでも買取の車を出してくれるところも何軒かあると知りました。


売りたいものを全部まとめると大変な数で自分ひとりでお店まで運ぶことを考えると気が遠くなる、と泣きそうになっていたので、それも感謝しなければなりません。


19:36
2019年10月16日(水)
【近頃ネットを見ていると、着物買取業者の宣伝を多く目に】
近頃ネットを見ていると、着物買取業者の宣伝を多く目にします。


もったいないからと手放さないでいると、きちんと管理しているつもりでも、わずかに残った皮脂汚れでシミが浮いたりして着物本来の値打ちが下がってしまいます。


状態が良く新しいものは、高額査定になる場合もありますから、思い立ったら早めに依頼して買い取ってもらうと、着物も生き返ると思います。


私の友達が、亡くなったおばあさんから譲り受けた着物があるけど、買い取ってくれる業者がないか私に相談してきたのです。


傷んでいるところも何カ所かあるそうで、買い取りできないときはどうしたらいいのかという悩みもあるようです。


確かに、他の人に売れるから買い取るわけですよね。


買い取るなら着た跡がない着物の方がいいかもしれません。


そんな話をすると、友達は業者に見せるのを止めることにしたようです。


高価な着物は持っているだけで優雅な気分になれるものですがお手入れするのは結構負担ですよね。


虫干しで空気を通し、和紙を挟んでから形通りに畳み、保管は桐箪笥に入れてと、実に大変です。


もし手持ちの着物で、着る機会がないもの、サイズが合わなくなったものがあれば業者に買い取ってもらうという手があります。


眠っていた着物も、新しい持ち主のところに行けますし、お手入れの負担も少し軽くなります。


着なくなった着物でも、処分する際に買取額ってどうしても気になりますよね。


ざっくりでいいから相場を知りたいと思う人も多いはず。


ただ、業者サイトの買取り例を見てもわかる通り、着物というのは素材や種類、状態、作家物など様々な要因で価値を判断するので、例を挙げるのが困難な商品です。


姉妹で同じ着物を売ったとしても、サイズが大きいもの(直せるもの)のほうが高くなるでしょう。


和服専門の査定士がいるお店に値段をつけてもらうことは、結果的に得になると思います。


着なくなった、でも捨てるには惜しい着物が、高値で売れれば着てくれる人に引き継ぎでき、お金も手に入って嬉しくなりますね。


保管状態が良く、傷みがなければ高価買い取りの可能性がぐっと高まります。


柄に人気があるか、上質の素材だったり、仕立てが良かったりすれば予想以上のお金が手に入るかもしれません。


反物も一反あれば着物と同じ扱いで査定され、買い取りしてくれます。


使われない反物があれば買取の相談だけでも試してください。


18:36
2019年10月15日(火)
【着物買取専門と言っても、着物と帯にとどまらず帯に合】
着物買取専門と言っても、着物と帯にとどまらず帯に合った帯締めや帯揚げなど小物も一緒に買い取ってもらうといいでしょう。


ただ、襦袢の買取は期待しないでください。


襦袢は下着の位置づけなので着用されたものは誰も買わないためです。


しかし、全く買い取らないわけでもなく、未使用で正絹仕立てのもの、レトロな珍しい柄のものがあればうまく交渉すれば買い取ってくれるかもしれません。


まずは査定にかけることをすすめます。


自宅で着物を保管するのは、とても気を遣います。


着ない着物をとっておくよりも買取を考え、専門の業者に見積りを頼むのが賢明だと思いますよ。


初めての買い取り依頼で、どの業者が良いのか多くのデータを集めて決めたいときにはまずはインターネットで「着物買取 ランキング」を検索して、着物買取業者の評価も調べられます。


着物の状態は当然評価されますし、高級品でも制作者を見られることはありますが第一に状態が良くないと、高価買い取りを期待できません。


長い間着ることなく、タンスにしまったままの着物がある方、多いと思います。


着るべき時があれば着物を管理する意味もありますが、虫干しだけでも結構な仕事なのは確かです。


中でも、振袖はお袖が長い分だけ、虫干しだけでも手間がかかり、細心の注意を払わないといけないですね。


今後着ることがなく、受け継ぐ人もいない着物があれば買い取りしてもらうと、楽になれるのではないですか。


ものが同じなら、良い状態で保管されたものほど高く買い取ってもらえます。


そんなに嵩張るわけでないなら、着物の買取は、店舗に直接持参するのが一番分かりやすい方法でしょう。


わざわざ家に来てもらうこともないので、仮に査定額が気に入らないときでも、買い取りを断ってしまえばいいのです。


それに、直接顔を合わせることで、価格交渉もでき、1枚だけ持ち帰るなんてこともできます。


また、量が多いのなら、持ち込みで2、3着みてもらって、これなら大丈夫という引取業者に訪問査定を依頼するのはどうでしょう。


思い出や思い入れの詰まった着物を高く買い取ってもらいたい気持ちがあれば、複数の業者から査定を受け買取価格を比較できれば申し分ありません。


査定後のキャンセルができる業者を見つけて話を持って行くのが賢明です。


査定額の比較を終えて、金額も対応も信頼できる、良い業者と話を進めていくために買取にあたって条件があるとすればデータの一つとして確認し、十分比較しましょう。


18:00
2019年10月14日(月)
【思い入れのある織り着物を持っていたのですが、折々の手】
思い入れのある織り着物を持っていたのですが、折々の手入れも欠かさず、大事に保管していましたが、洋服しか着ないときがほとんどでこの先、その着物を着る機会がないと気づきいろいろ考えた末、処分しようと決心しました。


ネットで「着物 買取」と検索したら、着物の買取を行う業者が、いくつもヒットしました。


ゴミとして捨てるのは辛いし、他の誰かに着てもらえれば大事な着物を生かせると思い、いつ、どこに売るかを検討しはじめました。


近頃ネットを見ていると、着物買取業者のWEB広告を目にする機会が増えました。


箪笥の肥やし状態で放っておくと、きちんと管理しているつもりでも、染料そのものの劣化もあって価値が下がっていきます。


きちんと保管されてきた良い着物は意外な高値になる場合もあるので、思い立ったが吉日で早めに査定を受け、買い取りしてもらったほうがいいでしょう。


着物買取の値段を決める要因は、というと着物としての様々な価値を調べられ、さらに状態をチェックされます。


ブランドものの、仕立ての良い着物だったとしても、保管が悪く、汚れがあったりカビが生えたりしていれば本来の価値を認めてもらえないのはどの業者でも同じです。


とはいっても、跡を残さず汚れを落とすことが可能なら、買取できるかもしれません。


いずれにせよ、素人が安易に決めつけずに無料査定で可能性を探ってみましょう。


最近はリサイクルが浸透してきたおかげで、着物を買い取ってくれる専門業者が以前よりずっと増えてきています。


インターネットで検索するとたくさんの業者が出てきますが、利用者として気をつけなければならないのは、着物買取を謳いながら、品物だけを詐取するような違法行為をしている場合もあるそうで、古物商の認可ぐらいは確認したほうが良さそうです。


着物の宅配買取もよく行われていますが注意することが一つあります。


多くの着物についてくる反物の切れ端や保証書が残っているかどうかを忘れず確認してください。


リサイクルショップに家電を売るときと同じく、これらは品質の保証になるものであるかないかというだけで査定結果が明らかに違ってきます。


一部でもとってあれば宅配の箱に入れるのを忘れないでください。


17:48
2019年10月13日(日)
【中古着物(和服)買取って、宅配便】
中古着物(和服)買取って、宅配便を利用するのが最近では増えてきているらしいので、私も母や叔母から譲り受けた着物を、引き取ってもらおうと考えています。


高級品や袖を通していないものもあるので、まともな業者さんに預けたいと思っています。


中古品の買取は古物商免許が必須ですから、とりあえずそれを確認してから問い合わせしてみようと思います。


私の家では建て替えが決まり、昔のものをいろいろと片付けていますが反物が出てきたのでびっくりしました。


手入れはされていませんでしたが、しまっていた場所が良く素人目に傷みは見られず買ったときとほとんど変わらないでしょう。


着物の買取業者で反物も買い取るか聞いてみたら、多くは反物も買い取っていることがわかりました。


この反物がわが家にあっても仕立てることはないので、買い取ってもらえれば、こちらとしてはありがたいです。


サイズや色が合わなくなって着なくなった着物。


その整理に困って、そのままという人も多いでしょう。


近頃また和服ブームで、専門買取業者が増えているようですから、活用してみるのも良いでしょう。


思い出のある大切な着物でも、どこかで誰かが活用してくれると思うと嬉しいですね。


査定やキャンセル料が無料のところも多いですし、宅配・出張・持込の方法から選べるのも良いですね。


正絹のものなど意外な良いお値段になることもあるようです。


和服の買取業者に査定を依頼するときは、喪服だけは気をつけなければいけません。


ほとんどのお店で、喪服の買取を避ける傾向があります。


中古の着物を扱っている店舗では、着る機会が限られる喪服の需要は少ないからです。


それでもなお、買い取ってくれる業者を探したいのであれば、ほんのひとにぎりとはいえ、喪服を買ってくれる業者さんもありますから、調べて問い合わせしてみると良いかもしれませんね。


質屋は高級品を扱うことが多いですが、着物については、扱わない店も増えていますから、持ち込む前に電話やメールなどで問い合わせたほうが無駄足にならずに済むでしょう。


また、着物買取を専門にした業者もあり、より高い価格で買い取ってくれるので、そちらを考えてみてはいかがでしょうか。


近所に心当たりがないときは、ネットで調べるといくらでも見つかると思います。


17:48
2019年10月12日(土)
【質屋さんでは昔は和服を扱っていましたが、現在】
質屋さんでは昔は和服を扱っていましたが、現在は取扱いのない店もありますから、近いからといって持ち込む前に、確認するのが無駄足にならずに済むでしょう。


もし手間が嫌でなければ、着物を専門に買い取る業者に頼めば、高値で買い取ってくれますから、高値だった着物ほど専門店でみてもらうことをお勧めします。


どこにあるか知らなくても、ネットで検索すれば簡単に見つかります。


着物(和服)の買取業者に関する苦情が最近増えているため、依頼する側でも注意が必要かもしれません。


トラブル例を挙げると、着物の出張査定を頼んだだけなのに、その日のうちに急に家に訪れて、長時間ねばって宝飾品も一緒に売らせようとした事例がありました。


チラシの連絡先が携帯番号になっている業者などは、注意したほうが良いでしょう。


まともな業者なら、家に押しかけて居座るようなことはしません。


要らなくなった和服を買取に出すとき、気になるのはやはり価格ですよね。


古本やブランド品のように相場がわかれば簡単です。


とはいえ着物類は、新しさはもちろん、素材や種類によっても価値が変わってくるので、一概にいくらと決めるわけにもいきません。


たとえば種類や状態が同等の訪問着があれば、サイズが小さいほうより大きいほうが高値がつくことがあります。


着物の価値のわかる査定員のいる業者に見てもらうのが高値売却のコツだと思います。


長い間着ることなく、タンスにしまったままの着物は、たまの手入れだけでも大変ですよね。


着物は着るべき時に着るもので、全く着ないとすれば、管理に負担を感じるばかりです。


振袖は特に、袖の長さの分だけ管理も他の着物に比べ負担感が増します。


振袖など、着る機会が限定される着物は特に、買取を考えてもいいのではないですか。


生地や色柄、仕立てがいいものなら、新しいものほど、また手入れのいいものほど高値がつきます。


着物買取の案内をよく読むとわかりますが、業者では着物だけでなく和装小物も積極的に買い取っています。


できるだけ着物と小物類を一緒に査定してもらうようにすると着物に合った小物も買い取れるので査定価格を高目におまけしてくれるという業者の話もうなずけます。


帯だけでなく、帯締め、帯揚げ、扇子、かんざしや櫛など、不要なものがあれば痛まないように注意して、着物と一緒に無料宅配査定をありがたく利用させてもらうと不要品の処分と、買取が同時にできます。


17:36
2019年10月11日(金)
【着物を着ると、日本人であることを実感しますが手入れに】
着物を着ると、日本人であることを実感しますが手入れには本当に気を遣います。


まず季節ごとに虫干し、和紙を挟んでから形通りに畳み、最後に桐箪笥に入れて保管しなければならず十分手間をかけないと状態を保てません。


もし手持ちの着物で、着る機会がないもの、サイズが合わなくなったものがあれば業者に買い取ってもらうという手があります。


眠っていた着物も、新しい持ち主のところに行けますし、枚数が減れば、お手入れの手間も減ります。


宅配で着物を買取業者に送り、査定から買取まで行うのも当たり前になっていますが、気を付けた方がいいことは、多くの着物についてくる反物の切れ端や保証書が残っているかどうかを忘れず確認してください。


家電やパソコンを売るときと同じでこのような品質を保証するものはブランド品であればなおさら、あるかないかでものの価値は相当違ってきますから、残っている限りのものを送るとき、相手にわかるように入れておきましょう。


着物買取専門と言っても、着物と帯にとどまらずそれに合った小物類、帯締めや帯揚げなども買い取りもできるので、聞いてみましょう。


とはいえ、襦袢までは買い取りできないようです。


襦袢は下着の位置づけなので未使用でなければ需要はありません。


襦袢を買い取ってもらえる例として、素材が絹など上質で、未使用の襦袢や、今では珍しいアンティーク柄の襦袢などは他のものと一緒に買い取ってもらえる可能性があります。


査定はたいてい無料なので、出してみてはいかがですか。


私の友人は最近、祖母の形見という着物を手に入れて自分では着ないので、業者に買い取ってもらおうかと周りに聞いて回っています。


傷んでいるところも何カ所かあるそうで、買い取りできないこともあるのかななんて心配もあるようです。


確かに、他の人に売れるから買い取るわけですよね。


買い取るなら着た跡がない着物の方がいいかもしれません。


そういう話を何人にもされたようで、友達も売るのはあきらめて、別の処分方法を考えるようです。


着ない着物を買い取り出すつもりでいたら、友達のお母さんが買取のコツを教えてくれました。


新しくて着ずれ感がない着物などが高額査定がつきやすく、刺繍のほつれや生地の傷みがあると、査定額もぐっと落ち、価格がつかない(引き取らない)こともあるとのこと。


まあ、仕方ないですね。


シミが出るほど着たものはないし、けっこう綺麗なのが多いので、とりあえず買取査定に出してみようと思います。


15:36
2019年10月10日(木)
【古着を売ったことはあっても和服を売ったという】
古着を売ったことはあっても和服を売ったという人は少ないので、具体的に処分を考えたら、良い値段で買取してもらえるよう、着物買取業者の評価をチェックしておいたほうが良いでしょう。


電話相談できたり買取実績が多くて評判も悪くない業者というのをリストアップして、少なくとも2社以上に見てもらい、査定額を比べると目安になると思います。


買取値や査定理由が明確なところを選ぶと気持ち良く取引でき、価格面でもお得になります。


初めてのお宮参りで、着物を新調しました。


一度しか着ないものだし、レンタルでもいいかと思いましたが、周りからの、着物を買うのが当たり前というプレッシャーには勝てませんでした。


一枚の着物のために、時間を割いて手入れするのは大変です。


これから何度も着るならと、材質も柄も良い着物を買ったので保管もそれなりに大変なのは承知しています。


桐箪笥で保管しなければならないのはわかっていますが、わが家にそんなものを置くスペースはありません。


七五三で着た後はごめんなさいをして、黙って手放してしまおうと思うこの頃です。


友人の祖母が亡くなり、形見分けして着物をもらったのですが自分では着ないので、業者に買い取ってもらおうかと相談を持ちかけてきました。


すれや傷みもあるということで査定しても値がつかないかもしれないと思うので、余計悩むようです。


そうですよね。


次に売れるものを買い取るわけだし、傷んでいない、きれいな着物を買い取りたいでしょうね。


はじめは業者を探していた友達も、他の人にも話を聞いた結果、買取をあっさり断念したようです。


一度も着ることなくしまわれていた着物も、それだけで価値があるというわけではありません。


一度も着用されないものであっても生地や糸は徐々に劣化していくもので状態の悪化はどうにも避けられません。


何回着たかは絶対的な価値ではありません。


査定時に状態が良いかどうかが問題なのです。


未使用で着るあてもなく、保管状態も悪くないなどの着物があれば幸い、査定は無料のところが多いです。


早く業者に持って行きましょう。


タンスの中で休眠状態の着物がある方、多いと思います。


着物を着る機会が年に何度もあれば別ですが、折々の手入れだけでも大変なのは事実です。


振袖は友禅などきれいな色合いのものが多く、お袖も長いため虫干し一つとってもかなりの労力を割かれます。


振袖など、着る機会が限定される着物は特に、専門の業者に買い取ってもらうことを検討してもいいでしょう。


仕立てなどがいいものであれば傷みなく着ており、きちんと手入れされていれば買取価格は高くなります。


15:18
2019年10月09日(水)
【着物の保管は本当に大変ですよね。着ない】
着物の保管は本当に大変ですよね。


着ない着物をとっておくよりも手放すことを考え、専門の業者に見てもらった方がおうちが片付き、お財布にもやさしいのではないでしょうか。


初めての買い取り依頼で、どの業者が良いのか決めるのに迷うときはこの分野のランキングサイトもあるのでランクや口コミなどで絞り込んでいくといいでしょう。


着物の価値は保管状態や製作者などで大きく変わりますが、第一に状態が良くないと、高価買い取りを期待できません。


要らなくなった和服を買取に出すとき、値段が心配になりますよね。


相場があれば知りたいというのも当然です。


しかし中古品といっても和服の場合は、状態、古さ、素材や種類といった要素で価格が変わるので、一概にいくらと決めるわけにもいきません。


姉妹で同じ着物を売ったとしても、現代人のサイズに合った大きなもののほうが高値がつきやすいです。


街の古着屋ではわかりません。


価値のわかる専門業者に見てもらうのが高値売却のコツだと思います。


着物買取業者に持ち込むとき、着物そのものや、帯の他トータルコーディネイトできる小物類、つまり帯締めや帯揚げなど買い取りもできるので、聞いてみましょう。


セットと言っても、襦袢は例外のようです。


襦袢は和装の下着だとみられているため未使用でなければ需要はありません。


例外もいくつかあります。


たとえば未使用で正絹など上質な素材のもの、柄が珍しいものであれば他のものと一緒に買い取ってもらえる可能性があります。


まずは査定にかけることをすすめます。


着物をまとめて整理したいのだけど、アテがなくて悩んでしまい、それきりになっている方は少なくないと思います。


このところリサイクルブームで和服専門の買取業者が増えているのをご存知ですか。


大事に保管してきた着物でも、着る人がいてこそ活きてくるとは思いませんか。


査定やキャンセル料が無料のところも多いですし、宅配・出張・持込の方法から選べるのも良いですね。


保管状態の良い着物などは結構な高値になることもあります。


最近、和服の買取専門業者の広告をよく見かけるようになりました。


箪笥にしまいっきりにしておくと、保管場所に気を遣ったつもりでも、染料そのものの劣化もあって価値が下がっていきます。


きちんと保管されてきた良い着物はリサイクル店に売るよりずっと良い値段がつくので、なるべく早めに査定依頼して、買い取りしてもらったほうがいいでしょう。


15:18
2019年10月08日(火)
【不要な着物を買い取ってくれる業者があると聞】
不要な着物を買い取ってくれる業者があると聞き、業者のウェブページで買取のシステムを調べてみました。


着物を売るのも、洋服の古着並みになっていて、その場で梱包してくれる業者、宅配用の箱を無料で送ってくれる業者も何軒かみつけました。


その中から自分に合った買取方法を探しました。


持ち込みができないほど大量でもなく近くのお店に車で持って行き、お金の受け取りまでできればいいかなと思いました。


着物の買取で、タンスの肥やしを処分できればと思うけれども、値がつかなかったり、すごく安い値段しかつかなかったらみっともない。


そう思うのもわかります。


振袖、訪問着、付け下げなど着物には多くの種類があります。


また素材や技法によって価値が変わるので、買取の相場があるわけでなく、素人には本当の価値がわかりません。


ただ、有名な作家の作品だったり、ブランド品だったりすれば査定で高値がつく可能性も十分あります。


現代の有名作家の作品なら、昔の着物に比べると裄丈が長く、大柄な人でも着られるので需要があり、業者が手に入れたいのです。


近年、和服・帯の買取を行っているお店は増えましたが、スピード買い取り.jpは、ネットでの口コミでは、ユーザー満足度が高い点が評価できると思います。


無料の電話相談は、24時間365日対応しているため、忙しくても手があいたときに相談できるのが嬉しいところです。


相談は、スマホを含む携帯電話からの通話にも対応しています。


持込のほか訪問や宅配便にも対応していて、査定は無料ですから、初めてでも安心して利用できますね。


着物の価値を評価してもらうために証紙を一緒に提出することをすすめます。


証紙とは何かというと、反物の織り元や織物工業組合などで産地基準を満たした製品であると明確に示している登録商標になっています。


これを捨ててしまったりきちんと保管していない方もいますが次に売るためにも、ないと困るものの一つなので捨てていなければ、ぜひ探してください。


着物買取の前には必ず査定がありますが、着物を持って行った方がいいのか、自宅などでみてもらった方がいいのか何とか高く売りたいと思う方は、お店に行けるなら、ぜひ持って行ってください。


この査定額では納得できないという場合、後で他のお店に回ることもできるからです。


とはいえ、持ち込みは難しい事情があるなら出張査定は無料サービスで査定後の買取中止も無料でできると明記していることを確かめてください。


14:42

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++