知っておきたい着物買取のコツ


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2017年03月27日(月)
【手持ちの着物を売りたいとき、誰もが一番気になるこ】
手持ちの着物を売りたいとき、誰もが一番気になることは自分の着物の価値を、十分認めた値段になるのかではないでしょうか。


果たして相場があるのか?と思うでしょうがこれが相場、という基準はありません。


素材の価値や仕立て、保管状況、丈や裄などによって価格は一枚一枚違うのです。


着物の価値をよくわかっている鑑定士に査定してもらうのがベストです。


たいていのお店では無料査定を受けられますので買取を考えている方は、すぐに電話した方がいいですよ。


和服を売却する機会はそうそうないでしょう。


もし処分するなら、良い値段で買取してもらえるよう、ネットで買取業者の評判チェックは怠らないようにしましょう。


たとえば送料や手数料が無料で使い勝手が良いお店をいくつか選んで、その中から2社以上に査定させ、額や評価を比べるのです。


高値が良いのは勿論ですが、同じ査定額でも対応の良し悪しが分かるので、納得のいく取引ができるでしょう。


最近は、着物を買い取り業者に宅配で送るのも普通になってきましたが、注意することが一つあります。


着物や反物の購入時についてくる反物の切れ端をとってありますか?保証書は残っていますか?家電、パソコン、ゲーム機などの買取でも同じです。


生産地や製作者を保証するためにこのようなものがあり、それがブランド品であればなおさら、あるかないかで買取価格はかなり違うと考えてください。


一部でもとってあれば一緒に送るのが、かなり大きなポイントです。


ご自宅に古い着物があり、処分したいと思う方はこれから増えていくでしょう。


着ていた人のことを考えれば捨てたくないですし、買い取りのルートがわかれば、ぜひ売りたいですよね。


着物の買取専門店は何軒もありますが、友禅市場をご存知でしょうか。


全国から買取をしています。


全国どこからでも送料無料、査定料もかからないのです。


無料査定ならば、とりあえず価値を知りたい方にもおすすめです。


身近に着物を買い取ってくれる店舗がない方も、ぜひ一度検討してみてください。


着物買取の前に査定をするわけですが、そのとき証紙を一緒に見せられるようにしてください。


証紙とは何かというと、反物の織り元や織物工業組合などで産地基準を満たした製品であると公に証明している登録商標だと考えてください。


買ったときに証紙を捨てる方だのきちんと保管していない方もいますがないと自分が損をすると思いますので査定のときには揃えておいてください。


05:12
2017年03月26日(日)
【近頃は街中にも中古和服を扱う店が出店したり】
近頃は街中にも中古和服を扱う店が出店したりして、和服買取をしてくれる業者というのが以前よりずっと増えてきています。


ウェブ検索すると数多くの業者が見つかりますが、もっとも気をつけるべきなのは、着物買取を謳いながら、不当な安値で叩いたり、着物だけを騙し取るといった詐欺的行為をして問題になっているところもないわけではありません。


着物買取業者というのをご存知でしょうか。


最近、苦情も多くなっているので、これから利用する人は気をつけましょう。


私が最近聞いた例では、買取前の出張見積りを依頼したところ、決めた日時より早く、突然押しかけてきて、安値を提示し、うんというまで帰らないといった「押し買い」もありました。


チラシの連絡先が携帯番号になっている業者などは、注意したほうが良いでしょう。


きちんとした古物取扱商であれば、商売に支障をきたすような違法行為はしないはずです。


自宅をリフォームすることになり、ためこんでいたものを整理していると仕立てる前の反物が見つかりました。


手入れはされていませんでしたが、しまっていた場所が良く外側だけ見ましたが、傷みはなくて買ったときとほとんど変わらないでしょう。


着物の買取業者に尋ねてみたところ、反物も着物と同じ扱いで買い取ってもらえるそうです。


うちでは仕立てることも着ることもないでしょう。


買い取ってもらい、他の方に売った方が賢明でしょう。


たいていの着物は高価な買い物だったと思います。


買取に出すときは、誠実で手慣れた業者に依頼しないと、買い叩かれて損失を被ることがないとは言えません。


よくトラブルで耳にするのは、安値買取のゴリ押しでしょう。


それと、査定依頼した着物が返ってこない系(遅延や不足)も少なくないです。


最初にウェブ上で業者の評判をチェックし、ここはと思うところに依頼しましょう。


ちょっと手間ですが中身の写真を撮影しておくと後々役に立つかもしれません。


着物の保管は本当に大変ですよね。


着ない着物をとっておくよりも買取を考え、専門の業者に見積りを頼むのが世のため、人のためかもしれません。


余計な負担がなく、高値で買い取ってくれる業者はどこか決めるのに迷うときはランキングサイトを上手に活用し、着物買取業者の評価も調べられます。


着物の価値は保管状態や製作者などで大きく変わりますが、状態がいいことは、その他の価値に優先します。


04:54
2017年03月25日(土)
【着ない着物が何枚かあったので、買い取ってく】
着ない着物が何枚かあったので、買い取ってくれる業者があると知り業者のウェブページで買取のシステムを調べてみました。


買取の流れは初めての人にもわかりやすく、出張査定や自宅に取りに来るサービスがある業者、宅配用の箱を無料で送ってくれる業者もごく当たり前になっているようです。


その中から自分に合った買取方法を探しました。


買取に出す枚数を考えると近くのお店に車で持って行き、その場で買取が終われば一番楽だと考えています。


先日、亡くなった祖母の遺品整理をしていたところ、欲しい人がいない着物や帯、小物がたくさんあることが分かりました。


処分を決め、買取業者を探してみると連絡すれば、こちらで箱詰めしなくとも、無料で買取用の車を出すところも結構あるのですね。


整理して箱詰めするのも大変な量で、ひとりでお店に運ぶなんてありえないと途方に暮れていたのでこういうサービスが欲しかったと思いました。


箪笥の肥やしになっている和服を整理しようとしても、どこにどうやって頼んだら良いのか悩んでそのままというケースは多いようですね。


それならネットの和服買取業者を利用すると手軽で良いと思います。


ネットから査定依頼すると、ある程度まとまった量なら、着物を送る際の送料が無料になることもあります。


元が高額な着物の場合は、きちんと価値のわかるお店に査定してもらうことが納得査定の秘訣だと思います。


タンスの肥やしになっている着物を、高く買い取ってもらえればすごく得をした気分ですよね。


新しくて傷みがなければ、高値買取の可能性がぐっと高まります。


柄に人気があるか、上質の素材だったり、仕立てが良かったりすれば査定価格にびっくりすることもあるかもしれません。


反物も一反あれば買取可能なのが普通です。


反物も着物と同様に考えぜひ業者の査定を受けてください。


量的に無理でなければ、着物買取はお店に持ち込むのが納得できる取引のコツのように思います。


訪問査定と違って、業者の出した金額に不満があるときは、断って別の店を探すこともできます。


直接会って話すわけですから、価格面でも納得がいきやすいでしょう。


しかし量が多くて持ち込むのが難しい際は、一枚だけ試しに持参して査定してもらい、見込みのありそうなお店に訪問査定を依頼するのはどうでしょう。


04:30
2017年03月24日(金)
【着る人がいない着物を処分する際は、振袖以外の】
着る人がいない着物を処分する際は、振袖以外の正絹の着物でもなかなか良い値段がつくことがあるので、証紙などがあったら一緒に出しましょう。


しかし、正絹でない合繊や化繊(ニューシルク含む)、ウールや麻の着物は、もともとの価格が低いせいもあって、中古買取でも良い値がつかず、値段がつかない(引き取れない)こともあります。


普通のリサイクル店などのほうが、古着として買い取ってくれることが多いでしょう。


まずは問い合わせしてみてください。


大事にしていた着物を買い取ってもらう時に、喪服は注意しなければいけません。


ほとんどのお店で、喪服の買取を避ける傾向があります。


和服の中古市場では、着る機会が限られる喪服の需要は限定されているからで、サイズのことも考えると、やむを得ないでしょう。


それでもなお、買い取ってくれる業者を探したいのであれば、限られた一部の会社ですが、喪服を買い取ってくれる業者もありますので、調べて問い合わせしてみると良いかもしれませんね。


多くの着物買取業者では、着物と帯の他に帯に合った帯締めや帯揚げなど小物も買い取りを行うことが多いです。


セットと言っても、襦袢は例外のようです。


襦袢を下着だとみるところが多く未使用ならともかく、着用済みでは値がつかないのです。


付加価値があって、買い取ってもらえるとすれば未使用で正絹仕立てのもの、レトロな珍しい柄のものがあれば需要はあるかもしれず、買い取りできるかもしれません。


他の着物や帯と一緒に、査定してもらいましょう。


信頼できる着物買取業者を探しているなら、「スピード買い取り.jp」は大手で、資金力も潤沢ですし、ユーザー満足度が高い点が評価できると思います。


相談はフリーダイヤルで料金がかかりませんし、年中無休で受け付けているので、思いついたときにすぐ電話できます。


相談は、スマホを含む携帯電話からの通話にも対応しています。


査定は無料で、持込・出張・宅配便の3種類から選べるので、顧客満足度が高いというのもナルホドと思いました。


多くの方が、着物をタンスの肥やしにしているもので、買い取ってもらえるなら、捨てるよりいいかなと思う方もどこかで聞いたことがあるでしょう。


それでは、売れやすい着物は何なのかと気になるところですが、訪問着は一番買い手が多く、比較的高値で売れます。


訪問着は色柄とも、さほど年齢で限定されず、晴れの席からお茶会まで、未婚でも既婚でも幅広く着ていけるためです。


訪問着で、手放してもいいものがある方は、どのくらいで売れそうか、査定を受けてみるといいですよ。


04:06
2017年03月23日(木)
【箪笥の肥やしになっている和服を整理しようとし】
箪笥の肥やしになっている和服を整理しようとしても、処分先をどうするか困ってはいないでしょうか。


でしたら、着物買取のネット業者を利用すると悩みも解決すると思います。


お店のウェブサイトから買取申し込みすると、着物を送るときの宅配便代や手数料がタダになるところもあるようです。


高価な和服を預けるのですから、きちんとした査定士がいるところを選ぶのが大事です。


古着同然の価値では困りますからね。


祖母の遺品整理もだいぶ進んできたのですが、その中には欲しい人がいない着物や帯、小物がたくさんあることが分かりました。


着物の買取専門業者があると聞き、調べてみたところ電話もしくはメール一本で自宅まで取りに来てくれるところも何軒かあると知りました。


着物に帯、小物を合わせるとかなり重く、一人でお店に持ち込むのは絶対無理、と泣きそうになっていたので、こういうサービスが欲しかったと思いました。


質屋は高級品を扱うことが多いですが、着物については、扱うところとそうでないところがあるので、いきなり店舗に持参せず、先に電話などで聞いたほうが確実です。


もし手間が嫌でなければ、着物を専門に買い取る業者に頼めば、価値を判断した上で買い取ってもらえるので、良い着物を持っている方ほど専門店がおすすめです。


わざわざ遠くの専門店に行かなくてもウェブ検索で見つけられます。


手間をかけるだけの価値はあると思います。


着物のブランドはたくさんありますが、買い取るとき、高値をつけられるものといえば有名な産地で生産された品です。


大島紬、あるいは本場黄八丈といった着物好きの方なら、その特長をよく知っている有名ブランドであればファンが多いので、高額買い取りもよく耳にします。


査定時の状態は良くないといけませんし、証紙で産地や生産者を示すと高値がつきやすいことはどの着物でも変わりません。


実際に着物を買い取りに出すときは必ず査定をしますが、そこでその着物や反物の証紙があると、とても有利です。


証紙の説明をすると、織り元や織物工業組合などが産地基準を満たした製品であるとはっきり証明するための独自の登録商標を指します。


買ったときに証紙を捨てる方だのありかがわからないという方もいるそうですが次に売るためにも、ないと困るものの一つなので探して査定のときに持って行ってください。


04:06
2017年03月22日(水)
【初めてのお宮参りで、着物を新調しました。は】
初めてのお宮参りで、着物を新調しました。


はじめはレンタルを考えていましたが、義母は、着物を新調するのが当然と圧力をかけてきました。


ただ、手入れと保管の負担を何とかしたいと思っています。


どうせ買うならと、材質も良く、柄も美しい着物を購入したので保管も手がかかるのはよくわかっています。


桐箪笥で保管したいとは思うのですが、わが家にそんなものを置くスペースはありません。


もうすぐ七五三で着ますが、高く売れるうちに手放したいと思っています。


着物買取業者はトータルで売ることを考えているので、着物のみならず、和装小物も売るように勧められると思います。


従って、着物と小物をセットにして買取依頼をするとトータルコーディネイトもできるのでトータルで高値をつけるという宣伝をしているところもあります。


着物に合った帯や小物がベストですが、それ以外の小物類もこの際なので全部まとめて、着物と合わせ無料宅配査定のサービスを利用すれば絶対に損はしません。


祖母の遺品を整理し、形見分けを進めているところ、欲しい人がいない着物や帯、小物がたくさんあることが分かりました。


専門の業者に売るのが一番いいだろうと、調べてみると梱包しなくても、電話すればどこまでも買取の車を出してくれるところも何軒もあってびっくりしました。


売りたいものを全部まとめると大変な数でとうてい自分ではお店まで運べないと途方に暮れていたのでこういうサービスが欲しかったと思いました。


和服や和装小物の買取といえば、宅配便を利用するのが最近では珍しくないようなので、私も母や叔母から譲り受けた着物を、思い切って処分することにしました。


サイズが合わないから着ないだけで、元は高級な品ですから、できるだけ信頼できる業者さんにお願いしたいですね。


中古品の買取は古物商免許が必須ですから、それを掲げている業者さんに査定をお願いするつもりです。


仕立てたまま一度も着たことがない着物であっても無条件で高値がつくと思うのは間違いです。


袖を通したことはなくても、生地も糸も生き物なので、月日がたつと劣化し糸が弱くなるなど、状態が悪くなることもあります。


使用済か未使用かではなく、査定したときの状態が悪ければ価値はありません。


未使用で着るあてもなく、保管状態も悪くないという着物をお持ちの方、買取業者に査定してもらうのも選択肢の一つです。


04:00
2017年03月21日(火)
【着物専門の買取業者さんというと】
着物専門の買取業者さんというと、宅配便を利用するのが最近では増えているみたいですから、自分も結婚前に仕立てたものなどを引き取ってもらおうと思っています。


モノは悪くないので、買い叩かれないように、信頼のおける専門店にお願いしたいと思っています。


中古品の売買には警察署への届出が必要なので、それを掲げている業者さんに査定をお願いするつもりです。


着物の買取を考えているとき、持ち込みも出張査定も行っているとして、少しでもお得なのはどちらか考えると、お店に行けるなら、ぜひ持って行ってください。


もし納得いく査定額でなかったとき、出張よりは断りやすいと考えられます。


持ち込みは難しく、宅配か出張で査定してもらう場合、査定料、出張料どちらも無料で査定後の買取中止も無料でできると明文化している業者に依頼しましょう。


和服は高価だし思い入れもあるもの。


処分するときにも、誠実で手慣れた業者に依頼しないと、安値で買われてしまうこともあります。


よくある和服買取業者への苦情といえば、不当な安値での買取りが一番多いです。


また、宅配査定で断ったけれどなかなか返してもらえないなどですね。


業者の評判を調べ、ある程度選抜してから依頼すると安心です。


また、中身の写真を撮っておくというのも双方の思い違いも解消できるので、安心です。


これから着物の買取業者さんにお願いしようと思ったら、喪服は別と考えたほうが良いでしょう。


ほとんどのお店で、喪服の買取を避ける傾向があります。


和服の中古市場では、普段使いでもなければおしゃれ着にもならない喪服の需要というのは、少ないからです。


それでもなお、買い取ってくれる業者を探したいのであれば、ほんのひとにぎりとはいえ、買取対象に喪服を含むところもあるので、最初からそちらを頼ったほうが手間がなくて良いでしょう。


わが家もとうとう建て替えることになり、昔のものをいろいろと片付けていますが反物が出てきたのでびっくりしました。


丁寧にしまわれていたため保管されている間に傷むこともなくおそらく買ったときのままです。


着物の買取業者で反物も買い取るか聞いてみたら、反物の買取をしているところがいくつかありました。


今後もこの反物を使うことはなさそうなので、買い取ってもらい、他の方に売った方が賢明でしょう。


02:30
2017年03月20日(月)
【和服の買取というと、このごろは宅配を利用】
和服の買取というと、このごろは宅配を利用するものが増えているみたいですから、自分も結婚前に仕立てたものなどを思い切って処分することにしました。


サイズが合わないから着ないだけで、元は高級な品ですから、誠実な業者さんを探したいと思っています。


古物商の認可が必要らしいので、それを目安にして査定依頼する予定です。


仕事で和服でも着ない限り、一般人が着物を売却することはまずないと思うので、もし処分するなら、高値で買い取ってもらうために中古着物買取業者のクチコミぐらいはチェックしておきましょう。


サービスが充実していて高値買取してくれそうなお店をいくつか選んで、1社でなくせめて2社くらいに査定させ、その額を比べてみるのをおすすめします。


仮に査定額が同じなら、査定内容や対応がしっかりした業者を選べば、損することなく良い売却結果につながると思います。


手持ちの着物を売りたいとき、誰もが重要なポイントになると思われるのは自分の着物の価値を、十分認めた値段になるのかということでしょう。


相場があるのか、疑問に思うでしょうが、実は、着物の買取は素材、色柄、保管状態、サイズなどの条件次第で買取価格が個々に決まります。


専門店に持ち込んで、プロの目を通すのが一番妥当な方法です。


たいていのお店では無料査定を受けられますので着物を売りたいと思ったら、気軽に連絡してみましょう。


初めてのお宮参りのために、訪問着を購入しました。


はじめはレンタルを考えていましたが、周りから、これから着る機会が何度もあるからといわれたのです。


一枚の着物のために、時間を割いて手入れするのは大変です。


これから何度も着るならと、材質も柄も良い着物を買ったので次に着るときまできちんと保管しなければならないのは当然です。


とはいえ、桐だんすを購入するにも横長のタンスを置く場所はありません。


七五三で着る予定はありますが、高く売れるうちに手放したいと思っています。


多くの方が、着物をタンスの肥やしにしているもので、買い取ってもらえるなら、捨てるよりいいかなと思う方もあちこちで見受けられます。


それでは、売れやすい着物は何なのかと素朴に考えるところですが、一番高値で売れやすいのは訪問着です。


訪問着は色柄とも、さほど年齢で限定されず、着る場面は、未婚か既婚かに関係なく多いのです。


手持ちの訪問着で思い当たるものがあれば、ぜひ無料査定や相談を利用してみましょう。


02:00
2017年03月18日(土)
【もう着ない着物があって、高値】
もう着ない着物があって、高値で買い取ってもらえたらタンスの中も片付き、お金も手に入って一石二鳥ですね。


新品に近い見た目であれば、高く買い取ってもらえることが多いといえます。


流行の柄、あるいは人気の柄、素材も有名な産地だったり、高級なものだったりすれば予想以上のお金が手に入るかもしれません。


そして、着物でなく反物のままでも買取可能なのが普通です。


反物も着物と同様に考え買い取ってくれるかどうか聞いてみるといいでしょう。


サイズや色が合わなくなって着なくなった着物。


その整理に悩んでいる人はいませんか。


いまは和服専門の買取業者さんというのが増えているようですから、活用してみるのも良いでしょう。


たんすに眠ったままだった和服ですが、またどこかで誰かに喜んでもらえると考えると気持ちもすっきりしますね。


無料査定のところも多く、宅配・出張・持込の方法から選べるのも良いですね。


正絹のものなど意外な良いお値段になることもあるようです。


仕立てたまま一度も着たことがない着物であっても必ずしも高値がつくものではありません。


どんな生地、色柄も、少しずつ劣化していくこともあるので糸が弱くなるなど、状態が悪くなることもあります。


着用の有無が全てを決めるわけではなく、持ち込んだときの状態が一番重要なのです。


仕立て下ろしで今後も着ない、手入れもしているなどの着物があれば幸い、買取業者に査定してもらうのも選択肢の一つです。


基本的に、着物の買取価格を決定する大きな条件は、着物としての様々な価値を調べられ、さらに状態をチェックされます。


ブランドものの、仕立ての良い着物だったとしても、査定のとき、汚れやカビが見つかれば本来の価値を認めてもらえないのは当然といえば当然です。


とはいっても、跡を残さず汚れを落とすことが可能なら、買取の交渉もできるかもしれません。


素人が決めるのは得策ではありません。


無料で査定も受けられるので、ぜひ利用してください。


つい最近、祖母の形見だった着物を着物の買取専門業者があると聞き、訪ねてみました。


今後、私たちが着物を着る機会は少なくただタンスの奥で眠らせておいても着物が生かされないと思うし、誰か着てくれる人がいれば、ぜひ譲りたいと思ったからです。


何軒かの業者で相談しましたが、個別に値段がつくような作家ものやブランド品はなく、どのお店でも全部まとめていくらと言われました。


それでも全ての着物を買い取ってもらい、値段にも満足できました。


23:30
2017年03月17日(金)
【家を建て替えることが決まったので昔のものをいろいろ】
家を建て替えることが決まったので昔のものをいろいろと片付けていますが仕立てる前の反物が見つかりました。


丁寧にしまわれていたため目立った傷みもなく買ったときの状態を保っています。


ネットで着物買取業者のサイトを調べてみると、反物の買取をしているところがいくつかありました。


仕立てないで置いておくのももったいないのでそのうち買い取ってもらおうと前向きに考えています。


着物買取の査定を受けるときに着物や反物の証紙を添えて出してください。


この場合の証紙とは、生地の織り元、織物工業組合などで一定の基準を満たした製品であることをはっきり証明するための登録商標のことなのです。


買ったときに証紙を捨てる方だの探しても見当たらないという方もいるようですが、あれば高値がつくのではなく、ないと価値が下がって損をすると考えて、なんとか探し出してください。


振袖を仕立て、着るのは人生でも大事な場面ばかりです。


ということは、時期と場面限定の着物であり、それ以外着ることはありません。


ですから、管理が負担になるくらいなら、買い取ってもらってお金に換えるのもタンスの肥やしになるよりは良いといえるでしょう。


買取価格は、元々の価値と保管状態により、一枚数千円のこともありますが、いいもので、保管も良ければ数万円以上もありえます。


振袖にまつわる思い出はたくさんあると思います。


持ち込みや宅配で無料相談や査定を行っているところも多いので時間をかけて調べ、自分が納得できるところで手放してください。


要らなくなって場所をとるばかりの和服の処分に悩んでしまい、それきりになっている方は少なくないと思います。


最近は専門の買取業者さんというのが増えてきて、ネットや電話一本で査定依頼できるようです。


たんすに眠ったままだった和服ですが、誰かが袖を通すことで、新たな命が吹き込まれるのです。


査定やキャンセル料が無料のところも多いですし、宅配・出張・持込の方法から選べるのも良いですね。


それに、丁寧に保管していたものは意外と高値がつくかもしれません。


不要になった和服などがあれば、中古着物の専門業者に買い取りしてもらいましょう。


愛好者の多い紬などは、地域ごとに差異があるのが面白く、根強い人気があるので、どんな種類でも買い取ってくれるようです。


専門店なので買取額も高めなのが良いですね。


紬のほかには、友禅やブランド着物なども取扱対象のようです。


また、証紙のついた端切れは本体につけておくほうが高価になります。


22:12

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++