知っておきたい着物買取のコツ


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2020年08月06日(木)
【着る人がいない着物を処分する際は、絹物は紬】
着る人がいない着物を処分する際は、絹物は紬などの堅物も含めて案外高値がつくことがありますから、素材不明でも査定に出してみましょう。


しかし、正絹でない合繊や化繊(ニューシルク含む)、ウールや麻の着物は、本来の価格が低いですから、中古買取でも良い値がつかず、値段がつかない(引き取れない)こともあります。


古着屋さんやリサイクル店なら、古着として買い取ってくれることが多いと思います。


こればかりは仕方ありませんね。


和服買い取り専門業者の中で迷っているなら、スピード買い取り.jpは、ネットでの口コミでは、専門の査定士がいて顧客満足度も高いようです。


電話での相談・問い合わせは無料(0120)で、24時間365日対応しているため、思いついたときにすぐ相談できるのが嬉しいところです。


もちろん携帯電話やスマホからかけてもOKです。


出張査定のほかに宅配便や持込もOKで、おまけに査定やキャンセル料金は無料。


利用しやすい業者さんだと思います。


着なくなって久しい着物を処分するのに頭を悩ませている人は多いでしょう。


このところリサイクルブームで和服専門の買取業者が多くなって、処分も簡単になったようですよ。


大事に保管してきた着物でも、再び人の目に触れ、喜ばれるのは嬉しいものです。


無料査定のところも多く、数が多くても宅配便を利用したり、訪問査定も依頼できます。


紬や訪問着など案外、高額査定が受けられる可能性もあります。


着物の買取を考えているとき、持ち込みも出張査定も行っているとして、何とか高く売りたいと思う方は、できればお店へ持って行きましょう。


この査定額では納得できないという場合、後で他のお店に回ることもできるからです。


とはいえ、持ち込みは難しい事情があるなら出張でも無料査定を行い査定額によっては、買取を断ることもできると明文化している業者に依頼しましょう。


かさばる着物を買い取りに出したいと思っていても、着物や帯の点数が多かったり、お店が近所になかったりすると、持ち込むのが大変だし、時間もかかるでしょう。


そんなときこそ、買取業者の訪問買取を活用してみませんか。


電話すれば業者が自宅に来てくれます。


業者が個々に定める分量に足りない場合は利用できないこともあるので、先に電話で確かめておくと安心でしょう。


13:54
2020年08月05日(水)
【タンスの肥やしになっている着物を、高く買い取って】
タンスの肥やしになっている着物を、高く買い取ってもらえれば着てくれる人に引き継ぎでき、お金も手に入って嬉しくなりますね。


状態が良く新品に近いものは、高値がつく条件を満たしています。


加えて人気の柄だったり、素材が良かったり、ブランド品だったりすると高価買い取りも夢ではありません。


そして、着物でなく反物のままでも着物と同じ扱いで査定され、買い取りしてくれます。


仕立てる予定のない反物も無料査定や相談を利用してみてください。


さほど重さが気にならないのであれば、着物買取はお店に持ち込むのが納得できる取引のコツのように思います。


わざわざ家に来てもらうこともないので、仮に査定額が気に入らないときでも、断って別の店を探すこともできます。


それに、直接顔を合わせることで、価格交渉もでき、1枚だけ持ち帰るなんてこともできます。


また、量が多いのなら、1点か2点を持込査定してもらい、見込みのありそうなお店に出張査定をお願いするというのもありですね。


着物(和服)の買取業者に関する苦情が最近増えているため、利用しようと思っている人は、注意してください。


私が見聞きしたところでは、着物の買取を前提とした訪問見積りを頼んだのに、いきなり連絡もなく家に来て、安値を提示し、うんというまで帰らないといった「押し買い」もあります。


ポスティングチラシだけ見て申し込むのは考えものです。


誠実な業者であれば、そういった心配は不要でしょう。


まとまった量の着物を買い取ってもらい、思いの外いい値段で売れるかもしれません。


確定申告は必要なのか、気になるところです。


基本的には和服も衣類で、生活必需品とされその譲渡には課税されないのが普通ですが、高級品で、美術工芸品とみなされる場合は課税対象になり得るので税法上も案外複雑です。


不安を取り除くためには確定申告の必要があるかどうかを知るために、申告時期の前に、直接税務署に相談した方がいいと思います。


初めての子供が生まれ、お宮参りに着物を新調しました。


私自身はレンタルでも問題ないと思いましたが、周囲に、こういうときに着る着物は必要だと圧力をかけられました。


けれども、手入れも保管も結構な負担です。


これから何度も着るならと、材質も柄も良い着物を買ったので保管もそれなりに大変なのは承知しています。


でも、一枚の着物のために桐箪笥を買うとしても今のわが家では、場所に余裕はないのです。


これから七五三で着れば十分でしょう。


黙って手放してしまおうと思うこの頃です。


13:36
2020年08月04日(火)
【長い間着ることなく、タンスにしまったままの着物は、た】
長い間着ることなく、タンスにしまったままの着物は、たまの手入れだけでも大変ですよね。


着物を着る機会があれば持っている必要もありますが、全く着ないとすれば、管理に負担を感じるばかりです。


振袖は友禅などきれいな色合いのものが多く、お袖も長いため他の着物より格段に手がかかります。


振袖など、着る機会が限定される着物は特に、買い取りしてもらうと、楽になれるのではないですか。


生地が上質で、仕立ても良いものであれば、新しく保管状態のいいものは高値を期待できます。


中古着物がブームのせいか、和服専門の買取業者の広告がよく目につきます。


箪笥にしまいっきりにしておくと、保管場所に気を遣ったつもりでも、わずかに残った皮脂汚れでシミが浮いたりして着物本来の値打ちが下がってしまいます。


状態が良く新しいものは、専門店ならではの高額査定がつくこともあるので、なるべく早めに査定依頼して、買取してもらうと良いですね。


もう着ない着物を買い取ってもらうことを考え、家の近くから通販専門のところまで、何軒かネットで調べました。


本や洋服を売るときと同じ流れのようで、自宅で出張査定を行う業者や箱を送ってくれ、それに詰めて返送すれば査定してくれる業者も選べるくらいありました。


自分の場合を考えると買取に出す枚数を考えると近所に専門店があることがわかったので、直接持ちこんで買取を一気に終えられるようにしたいと思います。


私の友人は最近、祖母の形見という着物を手に入れて専門の業者で、こういう着物を買い取ってくれるところはないか相談を持ちかけてきました。


ものはいいそうですが、すれたりほつれたりもあるようで査定しても買い取り拒否、なんていわれるかもしれないと思うので、余計悩むようです。


確かに、他の人に売れるから買い取るわけですよね。


買い取るなら着た跡がない着物の方がいいかもしれません。


そういう話を何人にもされたようで、友達も売るのは止めることにしたようです。


先日、亡くなった祖母の遺品整理をしていたところ、着物や帯、小物を合わせると結構な量なので処分に困りました。


専門の業者に売るのが一番いいだろうと、調べてみると梱包しなくても、電話すれば無料で梱包する業者も結構あるのですね。


着物に帯、小物を合わせるとかなり重く、自分ひとりでお店まで運ぶことを考えると気が遠くなる、と困り果てていたところで、それも感謝しなければなりません。


09:30
2020年08月03日(月)
【いらない着物を買い取ってもらいたいので、その】
いらない着物を買い取ってもらいたいので、その前にどんな着物に高値がつくのかいくつかの業者のサイトを見て、共通点を調べました。


当然ですが、もともと高級な着物であることは最低限要求されます。


さらに、シミや傷がついていないかどうかも査定のときにはシビアに見られるようです。


元々の品質は良かったものでも査定のときに傷が見つかったら査定額をかなり減らされてしまうようです。


着なくなった着物の処分は難しく、困っている方も少なくないでしょう。


着ていた人のことを考えれば捨てたくないですし、まだ着てくれる人がいて、お金になるなら売りたいところです。


その中で、着物の買い取りを考えているなら、専門店の一つ友禅市場をご存知でしょうか。


全国から買取をしています。


どこから送っても送料は取られず、査定料もかかりません。


現在の価値を調べてもらうだけでも費用はかかりません。


着物を売りたいと考えている方はこの店のことを調べてほしいと思います。


着物買取の注意点です。


査定では着物としての様々な価値を調べられ、さらに状態をチェックされます。


いわゆる高級ブランドの着物でも保管が悪く、汚れがあったりカビが生えたりしていればかなり価値を下げてしまうのが仕方ないと思ってください。


手間をかけても、完全にきれいにできる場合はそれなりの値がつくこともあり得ます。


素人が決めるのは得策ではありません。


その道のプロに見てもらうことをすすめます。


さほど重さが気にならないのであれば、和服の処分は直接買取店に持ち込むのが最も確実だと思います。


第一、持ち込むのなら、業者の提示額と自分の希望に差があっても、気楽に断れます。


直接会って話すわけですから、価格を交渉することもできます。


しかし量が多くて持ち込むのが難しい際は、持ち込みで2、3着みてもらって、ここなら良いというところに訪問査定を依頼するのはどうでしょう。


着ない着物を買い取り出すつもりでいたら、友達のお母さんが買取のコツを教えてくれました。


きれいで新しめの品物のほうが高く売れるのは当然みたいですが、汚れや傷みがあると、元が良い着物でも査定額は落ち、買い取ってくれなかったりすることもあるみたいです。


きちんと保管してあるし、捨てるのももったいないので、とりあえず査定だけでもと思いました。


08:06
2020年08月02日(日)
【着物買取業者に持ち込むとき、着物】
着物買取業者に持ち込むとき、着物そのものや、帯の他トータルコーディネイトできる小物類、つまり帯締めや帯揚げなどセットで売ることもできます。


とはいえ、襦袢までは買い取りできないようです。


襦袢は和装の下着だとみられているため着用済みだとほとんど売れないからです。


襦袢を買い取ってもらえる例として、未使用で正絹など上質な素材のもの、柄が珍しいものであれば業者によっては買い取りの可能性があります。


査定はたいてい無料なので、出してみてはいかがですか。


信頼できる着物買取業者を探しているなら、ネット専業の『スピード買取.jp』は、査定員の多さと迅速丁寧な対応が喜ばれています。


電話での相談・問い合わせは無料(0120)で、年中無休で受け付けているので、普段忙しい方でも気軽に電話できます。


相談は、スマホを含む携帯電話からの通話にも対応しています。


無料訪問査定以外にも、宅配や持込に対応しており、気軽に相談できますね。


いわゆる着物の買取価格はいろいろな要因で決まります。


着物そのものの品質もさることながら、状態の良し悪しはかなり重要です。


着物としてどれほど高級だとしても、汚れがひどいもの、カビの跡が明らかなものだとかなり価値を下げてしまうのがごく当たり前です。


手間をかけても、完全にきれいにできる場合は買い取ってもらえるチャンスはあります。


いずれにせよ、素人が安易に決めつけずにとにかくプロに見てもらわないと、最終的な価値はわかりません。


一般的に高価な和服。


買取業者で処分する際も、それなりに信頼できる業者さんにお願いしないと、買い叩かれて損失を被ることがないとは言えません。


私がよく聞く買取に関するトラブルは、不当な安値での買取りが一番多いです。


また、訪問査定で家に居座られて断れなかったなどがあります。


あらかじめ相手の評価をネットなどで調べ、ここはと思うところに依頼しましょう。


梱包前に写真を撮っておくのも良いかもしれません。


発送伝票も大切に保存しておいてください。


女子にとって、成人式の振袖はそれなりの思い出とか、思い入れがあるわけで、売るなんて考えられないという人もどこにでもいますが、着る時期を過ぎてしまったら、専門の業者に買い取ってもらえばすっきりするのではないでしょうか。


上質の生地で、色や柄も品のいいものなら思っていたよりも高値で買い取ってもらえるかもしれません。


タンスも片付き、お金も手に入るので一石二鳥です。


05:30
2020年08月01日(土)
【タンスの中で休眠状態の着物に困っていませんか】
タンスの中で休眠状態の着物に困っていませんか?着物を着る機会が年に何度もあれば別ですが、タンスにしまっているだけでは、手入れが負担になるばかりです。


振袖は友禅などきれいな色合いのものが多く、お袖も長いため虫干しをするにも他のものより気を遣います。


将来にわたって、着ないと思われる着物はいっそのこと、買い取ってもらってもいいかもしれません。


ものが同じなら、良い状態で保管されたものほど高く買い取ってもらえます。


自分でも忘れているくらい、着物は結構持っているもので買い取ってもらえるなら、捨てるよりいいかなと思う方も少なくありません。


それでは、売れやすい着物は何なのかと誰でも疑問に思うでしょうが、ずばり、訪問着が一番高く売れます。


訪問着は流行に左右されにくく、長い年月にわたって着ることができ、未婚・既婚も問うことなく、いろいろな場面で着ることが可能なためです。


着ることがない訪問着をお持ちの方、査定だけでも受けてみることをおすすめします。


普通、着物を売る機会って殆どないですよね。


もし売却を考えているなら、高値で買い取ってもらうためにネットで買取業者の評判チェックは怠らないようにしましょう。


サービスが充実していて高値買取してくれそうな業者さんにあたりをつけたら、複数のところに査定してもらい、比較します。


買取額の多寡だけでなく業者の応対の良し悪しも分かりますから、結果的に良い取引ができるでしょう。


もう着なくなった古い着物や帯などが、私の実家には多く保管されています。


濃い色の退色が見られるものもあったのですが、業者さんは納得の上で買取してくれました。


最近の着物買取というのは、多少のシミがあっても業者に染み抜きの専門家がいるので、買い取ることが多いらしいです。


そうはいっても、そんなに高い買取価格は見込めないですけどね。


いわゆる着物の買取価格はいろいろな要因で決まります。


着物そのものの品質もさることながら、状態の良し悪しはかなり重要です。


いわゆる高級ブランドの着物でも査定時に汚れや、カビをチェックされるとほとんど値がつかないというのがごく当たり前です。


ただ、染み抜きなどで完全に落とせるものなら買取の可能性がかろうじて残っています。


素人が決めるのは得策ではありません。


とにかくプロに見てもらわないと、最終的な価値はわかりません。


05:06
2020年07月31日(金)
【着物買取の査定を受けるときにぜひ一緒に見せてほしいの】
着物買取の査定を受けるときにぜひ一緒に見せてほしいのが証紙です。


証紙とは何かというと、反物の織り元や織物工業組合などで決められた基準を満たすことについて証明として発行された登録商標のしるしです。


証紙は捨てられたりきちんと保管していない方もいますがあれば高値がつくのではなく、ないと価値が下がって損をすると考えて、査定のときには揃えておいてください。


最近多い和服の買取で、いくつかのトラブルが報告されているので、これから利用する人は気をつけましょう。


私が見聞きしたところでは、買取前の出張見積りを依頼したところ、いきなり連絡もなく家に来て、着物と一緒に貴金属類まで買い取ろうと長時間ごねるといったことがあって、たしか新聞にも載りました。


ポスティングチラシだけ見て申し込むのは考えものです。


古物商の届出が出ている業者は、このような行為は無縁でしょう。


着なくなって持て余しぎみの着物を片付けたいと考えながら、どこにどうやって頼んだら良いのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。


そのようなときは、ネットで着物買取業者を使うと手軽で良いと思います。


ネットから査定依頼すると、ある程度まとまった量なら、着物を送る際の送料が無料になることもあります。


思い入れのある高価な着物を売るのなら、まともな見立てのできる業者さんを選ぶことが大事なポイントです。


長い間着ることなく、タンスにしまったままの着物に困っていませんか?着物を着る機会が年に何度もあれば別ですが、タンスにしまっているだけでは、手入れが負担になるばかりです。


振袖の場合、色も鮮やかなものが多く、お袖も長いので虫干しをするにも他のものより気を遣います。


いろいろな理由で、着ることがない着物があればいっそのこと、買い取ってもらってもいいかもしれません。


仕立てなどがいいものであれば新品に近く、良い状態で保管されたものは高く売れます。


着物買取に査定してもらうときは、喪服は別と考えたほうが良いでしょう。


一度に大量に査定してもらうのならその一部として値がつくこともありますが、喪服は買い取らないのが普通です。


年配者にも洋服の喪服が定着していることもあり、和服の中古市場では特に、特別な場に着用する喪服のニーズは限定されているからで、サイズのことも考えると、やむを得ないでしょう。


それでも品物が良いから買い取ってほしいと思ったら、あまり多くはありませんが、喪服を扱う業者がないわけでもありませんから、調べて問い合わせしてみると良いかもしれませんね。


04:54
2020年07月30日(木)
【和服を売却する機会はそうそうないでしょ】
和服を売却する機会はそうそうないでしょう。


処分する際には、安値で買い叩かれないためにもネットで買取業者の評判チェックは怠らないようにしましょう。


サービスが充実していて高値買取してくれそうなお店をいくつか選んで、2社、もしくは、3社に見積もらせ、その査定結果を比べると目安になると思います。


仮に査定額が同じなら、査定内容や対応がしっかりした業者を選べば、気持ち良く取引でき、価格面でもお得になります。


量がたいしたことなければ、和服の処分は直接買取店に持ち込むのが最も確実だと思います。


第一、持ち込むのなら、業者の提示額と自分の希望に差があっても、買い取りを断ってしまえばいいのです。


対面ですからわからないことも聞けますし、価格交渉もでき、1枚だけ持ち帰るなんてこともできます。


それと、もし量がたくさんあって持参が困難な場合は、一枚だけ試しに持参して査定してもらい、信頼できそうな業者さんに出張査定をお願いするというのもありですね。


質屋は高級品を扱うことが多いですが、着物については、取扱をやめた店も少なくないので、持ち込む前に電話やメールなどで聞いたほうが確実です。


もし手間が嫌でなければ、着物を専門に買い取る業者に頼めば、高値で買い取ってくれますから、元が高価な着物でしたら尚更、良い結果が出ると思います。


わざわざ遠くの専門店に行かなくてもネットで調べるといくらでも見つかると思います。


箪笥の肥やしになっている古い着物。


整理したいと漠然と考えてはいたのですが、形見分けで思い入れもあるため、適当な処分先が見つからず放置してきました。


ただ、雑誌で和服買取業者があるのを知り、調べてみたらたくさんあって、驚きました。


和服を着たい人って多いんですね。


産地や生地も理解して値付けするので高値が期待できますし、着物専門のお店なら、古着屋やリサイクルショップとは全然違うなと思いました。


天気の良い日に風入れがてら整理して、頼んでみるつもりです。


着物はトータルコーディネイトするものなので、着物、帯はもちろん帯締めに帯揚げといった小物も買い取りを行うことが多いです。


とはいえ、襦袢までは買い取りできないようです。


これは下着と考えられるため未使用ならともかく、着用済みでは値がつかないのです。


例外もいくつかあります。


たとえば未使用で正絹など上質な素材のもの、柄が珍しいものであれば他のものと一緒に買い取ってもらえる可能性があります。


この際ですから、査定を受けるだけ受けてみましょう。


04:30
2020年07月29日(水)
【和服は高価だし思い入れもあるもの。処】
和服は高価だし思い入れもあるもの。


処分するときにも、信頼できそうなところでないと、大損なんてことになりかねません。


よくある和服買取業者への苦情といえば、不当な安値での買取りが一番多いです。


また、宅配査定関係も増えました。


対面と違って「入れた・入れていない」の押し問答になりますね。


事前に業者のクチコミなどの情報収集をし、吟味した上で査定を依頼し、それと、封入前に着物の写真を撮っておくと、双方の思い違いも解消できるので、安心です。


仕事で和服でも着ない限り、一般人が着物を売却することはまずないと思うので、処分する際には、安値で買い叩かれないためにも着物買取業者の評価をチェックしておいたほうが良いでしょう。


たとえば送料や手数料が無料で使い勝手が良い買取業者を見つけたら、1社でなくせめて2社くらいに査定させ、その額を比較します。


高値が良いのは勿論ですが、同じ査定額でも対応の良し悪しが分かるので、満足のいく結果も出やすいと思います。


自分の着物を手放したい、業者に買い取ってもらおうと思えば、一番気になることは着物の価値を正しく評価した査定額かではないでしょうか。


相場があるのか、疑問に思うでしょうが、明らかな相場はありません。


ブランドや色柄、状態の良し悪し、サイズの違いなどを見られて価格は一枚一枚違うのです。


着物の価値をよくわかっている鑑定士に査定してもらうのがベストです。


どこの業者でも査定は無料なので、電話かメールで、査定の予約をとってみましょう。


不要になった和服などがあれば、和服専門の買取業者に買い取りを依頼してみませんか。


たとえば紬などは流行に左右されず、大柄の黄八丈のような着物でも、どんな種類でも買い取ってくれるようです。


特に力を入れているお店では、高値買取も夢ではありません。


紬だけでなく、訪問着や趣味的な汕頭着物なども買取対象です。


検討する価値はありそうです。


いよいよ手放すことになった着物を一円でも高く買い取ってもらいたいなら何軒かで査定を受けるようにして買取価格を比較できれば申し分ありません。


査定後のキャンセルができる業者を見つけて話を持って行くのが賢明です。


査定額を比べて、検討した後、一番高値をつけ、なおかつ信頼できる業者に依頼できるよう、査定時に条件を提示された場合は、しっかり確認し、それも比較してから決めるべきです。


03:06
2020年07月28日(火)
【子供が生まれたとき、お宮参りに着ていく着物を買う】
子供が生まれたとき、お宮参りに着ていく着物を買うことになりました。


私自身はレンタルでも問題ないと思いましたが、周りからの、着物を買うのが当たり前というプレッシャーには勝てませんでした。


一枚の着物のために、時間を割いて手入れするのは大変です。


周囲からのすすめもあり、きれいな柄の、素材も上等な着物にしたので保管も手がかかるのはよくわかっています。


桐箪笥で保管しなければならないのはわかっていますが、着物が一枚しか入っていないタンスを置く場所なんてありません。


もうすぐ七五三で着ますが、高く売れるうちに手放したいと思っています。


着物が何枚か、家のタンスの奥にも眠っていて、買い取りのお店まで持って行く手間も時間もなく、これがいくらになるのかを査定してくれるのはどこか、自分で調べる余裕もなく実にもったいないことをしていました。


最近の買取サービスは進んでいて、着物も宅配で買い取りするところが結構あると聞いています。


大手から専門的なところまでいろいろあるので、うちの着物を高く買い取ってくれるところを家族で検討しています。


着なくなった和服を買取に出そうと思っていたら、お茶仲間の人から売却の秘訣を教えてもらいました。


状態がきれいであることのほかに、新しめの着物のほうが高額査定がつきやすく、汚れや傷みがあると、たとえ高価だった着物でも査定は下がり、ときには引き取ってもらえないこともあるようでした。


値段がつかないというものはさすがになさそうだし、とりあえず買取査定に出してみようと思います。


多くの着物買取業者では、着物と帯の他にそれに合った小物類、帯締めや帯揚げなども買い取りを行うことが多いです。


ただ、襦袢の買取は期待しないでください。


肌着とは言えませんが、下着に分類されるため着用されたものは誰も買わないためです。


付加価値があって、買い取ってもらえるとすれば未使用で正絹仕立てのもの、レトロな珍しい柄のものがあれば業者によっては買い取りの可能性があります。


他の着物や帯と一緒に、査定してもらいましょう。


着物を着ると、日本人であることを実感しますが手入れには本当に気を遣います。


一斉に虫干しをして和紙を入れ替え、元の通りに畳んで、保管も桐箪笥が望ましいということで実に大変です。


もし手持ちの着物で、着る機会がないもの、サイズが合わなくなったものがあれば買取を考えてもいいのではないでしょうか。


眠っていた着物も、新しい持ち主のところに行けますし、お手入れもその分だけ楽になります。


02:06

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++