知っておきたい着物買取のコツ


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2018年12月15日(土)
【着物を買い取ってくれる業者があることは知っている】
着物を買い取ってくれる業者があることは知っているけど、利用したくても値がつかなかったり、すごく安い値段しかつかなかったらみっともない。


そんな方もいるでしょう。


着物は案外種類が多く、高く買い取ってくれるものとそうでないものがあります。


また素材の他、技法、色柄などによっても価値が決まります。


素人が買取価格を予想するのは無理です。


けれども、有名作家の作品や、誰でも知っているブランドの着物ならば、査定で高値がつく可能性も十分あります。


ブランド品でも最近のものは昔の着物に比べると裄丈が長く、大柄な人でも着られるので中古市場で高値をつけられるからです。


高価な着物は持っているだけで優雅な気分になれるものですがお手入れするのは結構負担ですよね。


まず季節ごとに虫干し、和紙を挟んで元通りに畳み、保管も桐箪笥が望ましいということで時間も体力も使います。


そこで、着る機会がない着物も、短すぎたり裄が合わなくなったりした着物も思い切って買い取りしてもらいませんか。


タンスの肥やしに日が当たることになりますし、お手入れもその分だけ楽になります。


実際、着物買取業者の取り扱う商品は幅広く、着物だけではなくいろいろな和装小物も同時に買い取っています。


そのことを考えれば、小物まで合わせて買い取ってもらうことでトータルコーディネイトもできるので全部合わせて高めに査定してくれるという宣伝をしているところもあります。


帯だけでなく、帯締め、帯揚げ、扇子、かんざしや櫛など、不要なものがあれば処分も兼ねて、着物と一緒に宅配査定が無料なら、全部送って査定してもらえば場所をとる小物を片付けながら、お金も手に入るでしょう。


いざ着物の買取をしてもらおうと思っても、着物とその付属品が大量だとか、近所に店舗がなかったりすると、持ち込むのが大変だし、時間もかかるでしょう。


それなら、出張買取サービスを利用してはいかがでしょう。


ネットか電話で申し込むと、依頼者宅へ業者が出張するというシステムですが、ただ、量がある程度ないと利用できないこともあるので、連絡するときに確認しましょう。


着物買取の値段を決める要因は、というと着物自体がどんな素材か、人気の色柄か、仕立てはいいかを見られます。


そして保管状態が良いかも、厳しく問われます。


ブランドものの、仕立ての良い着物だったとしても、汚れがひどいもの、カビの跡が明らかなものだとほとんど値がつかないというのがごく当たり前です。


ただし、簡単にその汚れを落とせる場合、買取できるかもしれません。


言うまでもなく、判断を勝手に行ってはいけません。


まず無料査定にかけてみるのが一番です。


12:18
2018年12月14日(金)
【祖母の遺品整理もだいぶ進んできたのです】
祖母の遺品整理もだいぶ進んできたのですが、その中にはかなりの数の着物があることがわかりました。


専門の業者に売るのが一番いいだろうと、調べてみると電話かメールで連絡すれば無料で梱包する業者も何軒もあってびっくりしました。


整理して箱詰めするのも大変な量で、ひとりでお店に運ぶなんてありえないと泣きそうになっていたので、それだけでもこちらは助かります。


タンスの中で休眠状態の着物は、たまの手入れだけでも大変ですよね。


着物を着る機会が多い方はそうはいないもので、良いものであればあるほど、保管や手入れは大変です。


振袖は特に、袖の長さの分だけ管理も他の着物に比べ負担感が増します。


いろいろな理由で、着ることがない着物があれば専門の業者に買い取ってもらうことを検討してもいいでしょう。


仕立てなどがいいものであれば良い状態で保管されたものほど高く買い取ってもらえます。


仕立ができる祖母がいたせいか、古い着物や袖を通したことのない着物が、私の実家には多く保管されています。


保管状態の良いものと悪いものがあったものの、そんな着物でも値段はつきました。


なんでも昨今は、多少のシミがあっても業者が染み抜きの手配をするため、買取になる事例が多いそうです。


もちろん、シミがあれば買取額には響きます。


私が着物を買い取ってくれる店を探していると言ったら、お茶仲間の人から売却の秘訣を教えてもらいました。


古いよりは新しくて使用感のない着物のほうが高額査定がつきやすく、色あせや生地の傷みがあるときは、たとえ高価だった着物でも査定は下がり、価格がつかない(引き取らない)こともあるみたいです。


きちんと保管してあるし、捨てるのももったいないので、査定だけでもお願いしてみようかなと思います。


着物はトータルコーディネイトするものなので、着物、帯はもちろん着物に付随した小物、たとえば帯締めや帯揚げなど買い取りもできるので、聞いてみましょう。


セットと言っても、襦袢は例外のようです。


肌着とは言えませんが、下着に分類されるため一度でも着たものは買い手がつきません。


それでも買い取る可能性があるのは素材が絹など上質で、未使用の襦袢や、今では珍しいアンティーク柄の襦袢などは需要はあるかもしれず、買い取りできるかもしれません。


査定はたいてい無料なので、出してみてはいかがですか。


11:06
2018年12月13日(木)
【古い和服を処分すると言ったら、友達が】
古い和服を処分すると言ったら、友達が売却の流れについてネットで調べてくれました。


古いよりは新しくて使用感のない着物のほうが高く売れるのは当然みたいですが、色あせや虫食いなどがあると、元が良い着物でも査定額は落ち、買い取らない(値段がついても捨て値)場合もあるそうで、だいたい私が思っていた通りでした。


さすがにそこまで悪いのは手元にないので、査定だけでもお願いしてみようかなと思います。


タンスの肥やしになっていた着物を買い取ってもらい、総額で結構な値がつくこともありえます。


一度にまとまった額が手に入れば、気になるのは税金、確定申告です。


考え方としては、衣類は生活必需品なのでその譲渡には課税されないのが普通ですが、高級品で、美術工芸品とみなされる場合は課税対象になり得るので税法上も案外複雑です。


いい値で売れて喜んでばかりもいられないときは、確定申告の必要があるかどうかを知るために、申告時期の前に、直接税務署に相談した方がいいと思います。


サイズや色が合わなくなって着なくなった着物。


その整理に困っている人は少なくないでしょう。


ただ、近頃また和服ブームで、専門買取業者が増えてきて、ネットや電話一本で査定依頼できるようです。


たんすに眠ったままだった和服ですが、再び人の目に触れ、喜ばれるのは嬉しいものです。


業者の多くは無料で査定しますし、出張・宅配査定もできて、持込の手間が要りません。


古いものでも状態が良ければ思ったより高値がつくかもしれません。


着物を業者に宅配で送って、買い取りしてもらうときできるだけ有利に買い取ってもらうために、注意してほしいのはある程度以上の品質の着物には、必ずついてくる反物の切れ端や保証書が残っているかどうかを忘れず確認してください。


家電などの買取経験があればおわかりの通り、生産地や製作者を保証するためにこのようなものがあり、それがあるかないかというだけでものの価値は相当違ってきますから、着物の一部と考えて着物に添えて送ることが、有利な買取には欠かせません。


手持ちの着物を売りたいとき、誰もが重要なポイントになると思われるのは買取価格に納得できるかどうかに決まっています。


相場がわかればと思うかもしれませんが、これが相場、という基準はありません。


素材の価値や仕立て、保管状況、丈や裄などによってその一枚の買取価格が決まります。


経験豊かな専門店の鑑定士に査定してもらうしかありません。


どこでも、査定は無料で行っていますから、電話かメールで、査定の予約をとってみましょう。


10:48
2018年12月12日(水)
【要らなくなった着物を処分するとき、】
要らなくなった着物を処分するとき、気になるのはやはり価格ですよね。


ざっくりでいいから相場を知りたいと思う人も多いはず。


ただ、業者サイトの買取り例を見てもわかる通り、着物というのは状態、古さ、素材や種類といった要素で価格が変わるので、例を挙げるのが困難な商品です。


たとえば種類や状態が同等の訪問着があれば、サイズが小さいほうより大きいほうが高値がつくことがあります。


着物の価値のわかる査定員のいる業者に査定してもらえば、納得の価格が出やすいと思います。


私は和服が好きですが、最近になって着物買取専門店の広告がよく目につきます。


箪笥の肥やし状態で放っておくと、防虫剤等をいれていても、わずかに残った皮脂汚れでシミが浮いたりして価値が下がってしまうのです。


状態が良く新しいものは、リサイクル店に売るよりずっと良い値段がつくので、なるべく早めに査定依頼して、買い取ってもらうと、着物も生き返ると思います。


最近多い着物買取専門店に買い取りを依頼すると、絹物全般は割合良い値段になる場合があります。


けれどもウールや化繊の着物というと、新品でも安価で売られているため、専門店では安値になってしまうか、引き取れないと言われることもあるようです。


リサイクルチェーン店や街の古着屋なら、買い取ってくれる率が高いでしょう。


まずは問い合わせしてみてください。


持っているけれど着ない着物はうちにもあって、買い取りのお店まで持って行く手間も時間もなく、この着物を一番高く買い取ってくれるのはどこか自分で調べる余裕もなく結局処分に踏み切れませんでした。


最近の買取サービスは進んでいて、着物も宅配で買い取りするところが増えてきているそうで業者間の差もあるようなので自分のニーズに合った業者をがんばって見つけたいです。


中古着物の買取業者によるトラブルが増えていますから、査定依頼するときは注意しましょう。


トラブル例を挙げると、着物の買取を前提とした訪問見積りを頼んだのに、事前連絡なしに家にやってきて、「着物と貴金属と合わせていくら」と長時間ねばられ、泣く泣く格安で売ったという例もあるのです。


ポスティングチラシだけ見て申し込むのは考えものです。


古物商の届出が出ている業者は、商売に支障をきたすような違法行為はしないはずです。


09:48
2018年12月11日(火)
【みんなで手分けして、祖母の遺品整理を進】
みんなで手分けして、祖母の遺品整理を進めています。


実は、先日欲しい人がいない着物や帯、小物がたくさんあることが分かりました。


着物の買取専門業者があると聞き、調べてみたところ梱包しなくても、電話すれば無料で梱包する業者も結構あるのですね。


整理して箱詰めするのも大変な量で、一人でお店に持ち込むのは絶対無理、と頭を抱えていたのでそれだけでもこちらは助かります。


もう着ない着物を買い取ってもらうことを考え、家の近くから通販専門のところまで、何軒かネットで調べました。


思ったより使い勝手は良いようで、その場で梱包してくれる業者、宅配用の箱を無料で送ってくれる業者も何軒かみつけました。


自分の場合を考えると持ち込むのも負担ではない枚数なので近くのお店の予約を取ってから、直接持って行き、その場で査定から換金まで済ませたいと思います。


着物買取の値段を決める要因は、というと着物自体がどんな素材か、人気の色柄か、仕立てはいいかを見られます。


そして保管状態が良いかも、厳しく問われます。


ブランドものの、仕立ての良い着物だったとしても、査定時に汚れや、カビをチェックされると大幅に安くされるのがごく当たり前です。


とはいっても、跡を残さず汚れを落とすことが可能なら、買取できるかもしれません。


素人が決めるのは得策ではありません。


その道のプロに見てもらうことをすすめます。


仕事で和服でも着ない限り、一般人が着物を売却することはまずないと思うので、もし売却を考えているなら、高値売却のためにネットで買取業者の評判チェックは怠らないようにしましょう。


電話相談できたり買取実績が多くて評判も悪くない業者というのをリストアップして、2社、もしくは、3社に見積もらせ、その査定結果を比べてみると一目瞭然です。


買取額が高く誠実な業者のほうを利用すれば、損することなく良い売却結果につながると思います。


日本の伝統的な民族衣装である着物は、振袖など着物としての役割、素材、色や柄などによって様々に格付けされます。


その中で、買い取りのとき高値がつく可能性が大きいのは織り、染めなどが有名な産地の品です。


大島紬の他、本場黄八丈など昔から着物好きな方に愛されてきた有名ブランドの着物は中古でも人気があり、査定額も平均して高いようです。


当然、傷や汚れがあれば価値は大幅に下がりますし、証紙のあるなしが査定に大きく響くことはどの着物でも変わりません。


08:36
2018年12月10日(月)
【昔の着物をどうしよう、と頭を抱えて】
昔の着物をどうしよう、と頭を抱えている方は少なくないでしょう。


リフォームはしにくく、捨てるには惜しく、買ってくれる人がいれば売りたいですね。


もし着物を売りたいなら、専門業者の中では全国から買取をしている友禅市場はいかがでしょうか。


送料と査定料がかからないことは大きいと思います。


査定だけで、結果を見て売らないこともありです。


着物の処分を考えている方、まずは試しでここの買い取りシステムを参考にしてください。


もう着ないかなとか、いつか着るかもと思いながら手元に置いている着物は誰にでもあり、着ない着物は買い取ってもらって、すっきりしたいという方もどこかで聞いたことがあるでしょう。


着物の種類はたくさんありますが、需要が多いのは何なのか気になるところですが、どこの地域でも変わらず、訪問着がもっとも高値をつけられます。


訪問着であれば同じ着物を長年にわたって着られるし、未婚、既婚を問わず、幅広い場面で着られるからです。


訪問着でいいものだけど、もう着ないという着物がある方、ぜひ無料査定や相談を利用してみましょう。


一般的に質屋さんはなんでも扱うと思われがちですが、和服を扱わない店も増えていますから、持ち込む前に電話やメールなどで問い合わせたほうが確実で良いと思います。


どうせなら和服買取を専業にしている業者にすれば、細かな査定をしてもらえるので高い査定額になりやすく、そちらの利用を考えてみてはどうでしょう。


わざわざ遠くの専門店に行かなくてもネットで調べるといくらでも見つかると思います。


長い間着ることなく、タンスにしまったままの着物に困っていませんか?着物を着る機会があれば持っている必要もありますが、良いものであればあるほど、保管や手入れは大変です。


中でも、振袖はお袖が長い分だけ、虫干し一つとってもかなりの労力を割かれます。


もう着ないと考えられる着物ならば買取を考えてもいいのではないですか。


ものが同じなら、新品に近く、良い状態で保管されたものは高く売れます。


古い和服を処分すると言ったら、友人が買取の概要を教えてくれました。


やはり古いものより新しくて状態が良い着物のほうが高値になり、色あせや虫食いなどがあると、それなりの価格になってしまうこともあり、買い取らない(値段がついても捨て値)場合もあるとのこと。


まあ、仕方ないですね。


きちんと保管してあるし、捨てるのももったいないので、査定依頼してみますが、はたしていくらになるでしょう。


07:48
2018年12月09日(日)
【仕立てたまま一度も着たことがない着物であっても必ず】
仕立てたまま一度も着たことがない着物であっても必ずしも高値がつくものではありません。


袖を通したことはなくても、保管している間に経年劣化して、状態は確実に悪くなっていきます。


使用済か未使用かではなく、査定時の状態が買取金額を決めるのです。


保管状態が良く、未使用でもう着ないなどの着物があれば幸い、少しでも早く査定を受けることをおすすめします。


どうにも着る機会がない着物の管理に悩んでいませんか。


着物を着る機会が年に何度もあれば別ですが、全く着ないとすれば、管理に負担を感じるばかりです。


しかも小袖類に比べて、振袖は虫干しだけでも手間がかかり、細心の注意を払わないといけないですね。


今後着ることがなく、受け継ぐ人もいない着物があれば買取を考えてもいいのではないですか。


いわゆる高級品であって、新品に近く、良い状態で保管されたものは高く売れます。


着物は日本が誇る美しい衣装ですが、保管だけでも、思いの外大変ですよね。


虫干しで空気を通し、間に和紙を挟みながら元通りに畳んで、桐箪笥に戻してまた保管などと手間をかけないと傷んでしまいます。


もしも、着ないとわかっている着物や、サイズが合わない着物があれば思い切って買い取りしてもらいませんか。


眠っていた着物も、新しい持ち主のところに行けますし、枚数が減れば、お手入れの手間も減ります。


普通の人が和服を買い取ってもらうことはあまりないと思うので、処分を考えているのなら、価値相応の価格で買い取ってもらうために着物買取業者の評価をチェックしておいたほうが良いでしょう。


買取実績もあって評判も悪くない和服専門業者を見つけ出し、複数のところに査定してもらい、比べてみると一目瞭然です。


高値が良いのは勿論ですが、同じ査定額でも対応の良し悪しが分かるので、気持ち良く取引でき、価格面でもお得になります。


着物を処分したい。


できれば買取を利用してお金に換えたい。


でも値がつかなかったり、すごく安い値段しかつかなかったらみっともない。


結構そういう方がいるようです。


振袖、訪問着、付け下げなど着物には多くの種類があります。


また素材や技法によって価値が変わるので、プロの鑑定士が見ないと、価値はわかりません。


けれども、有名作家の作品や、誰でも知っているブランドの着物ならば、査定で高値がつく可能性も十分あります。


あまり古くなっていないブランド着物なら昔の着物よりもサイズが大きく、買いたい人が多いので仕入れておけばすぐに売れるからです。


06:42
2018年12月08日(土)
【どうにも着る機会がない着物がある方、多いと思います。着】
どうにも着る機会がない着物がある方、多いと思います。


着物を着る機会が年に何度もあれば別ですが、良いものであればあるほど、保管や手入れは大変です。


振袖の場合、色も鮮やかなものが多く、お袖も長いので虫干しをするにも他のものより気を遣います。


もう着ないと考えられる着物ならば買い取りしてもらうと、楽になれるのではないですか。


仕立てなどがいいものであれば傷みなく着ており、きちんと手入れされていれば買取価格は高くなります。


仕立てたまま一度も着たことがない着物であってもどんなものでも高く買い取ってくれるわけではありません。


どんな生地、色柄も、保管している間に経年劣化して、もろくなるなど、状態の悪化はどうしても起こります。


使用済か未使用かではなく、持ち込んだときの状態が一番重要なのです。


運良く未使用で、これからも着ない、そして状態も悪くない、などの着物があれば幸い、無料査定を受けられる業者を探してください。


振袖を着るシーンと言えば、成人式や結婚式など、大事な場面ばかりですが、着る機会は限られ、その後は仕立て直さないと着られません。


保管も手間がかかることが多いので、着物買取業者に引き取ってもらうのも自分にも、次に着る人にも良いことでしょう。


いくらで買い取るかは気になるところですが、保管状態があまり良くないと数千円ぐらいで、高級品で状態が良いと、数万円を超える値もつきます。


女子の人生では大事な着物でしょうから、持ち込みや宅配で無料相談や査定を行っているところも多いのでできれば複数の業者の目を通し、ここならというところで売るようにしましょう。


このごろ、着物の買取にまつわる苦情が増えてきているので、査定依頼するときは注意しましょう。


私が最近聞いた例では、買取前の出張見積りを依頼したところ、その日のうちに急に家に訪れて、長時間ねばって宝飾品も一緒に売らせようとした事例があるのです。


詐欺的な業者には、当たらないようにしたいものですね。


警察に古物商の届出を出しているような業者なら、違法な行為は商売に障るので、しないはずです。


着物買取の査定を受けるときにぜひ一緒に見せてほしいのが証紙です。


反物や着物についてくる証紙は、織り元や織物工業組合など、産地の基準に適合していることを証明するために発行している登録商標だと考えてください。


この証紙を捨てる方やありかがわからないという方もいるそうですがないと自分が損をすると思いますのでなんとか探し出してください。


06:24
2018年12月07日(金)
【着物の買取を考えているとき、お店に持ち込むのと、】
着物の買取を考えているとき、お店に持ち込むのと、出張査定を頼むのとでは何とか高く売りたいと思う方は、可能なら店舗への持ち込みをすすめます。


もし納得いく査定額でなかったとき、出張よりは断りやすいと考えられます。


いろいろな事情で出張査定しかない場合、出張査定は無料サービスで査定額によっては、買取を断ることもできるとはっきり示しているか、確認してから依頼しましょう。


買取のとき、着物と一緒に持って行き、着物や反物の証紙を添えて出してください。


ここでいう証紙とは、そもそもの織り元や織物工業組合などから産地の基準に適合していることを公に証明している登録商標のことなのです。


この証紙を捨てる方やありかがわからないという方もいるそうですが付加価値と言うより、買取に必要な書類の一つですので、査定までに見つけておいてください。


振袖は正装であり、着るのは重要な節目の時だと思いますが、着る機会は限られ、その後は仕立て直さないと着られません。


保管も手間がかかることが多いので、買取業者に引き渡すのもせっかくの着物を生かす良い方法ではないでしょうか。


いくらで買い取るかは気になるところですが、保管状態があまり良くないと数千円ぐらいで、保管が良く、ものも良ければ数万円で売れる可能性があります。


どんな着物でも、仕立てたときや着たときの思い出がたくさんあるでしょう。


送料無料で査定してくれる業者もありますから、時間をかけて調べ、自分が納得できるところで手放してください。


基本的に、着物の買取価格を決定する大きな条件は、着物としての様々な価値を調べられ、さらに状態をチェックされます。


いくら着物として上等であっても、査定のとき、汚れやカビが見つかればかなり価値を下げてしまうのが当然といえば当然です。


ただし、簡単にその汚れを落とせる場合、買い取ってもらえるチャンスはあります。


くれぐれも素人判断は禁物です。


まず無料査定にかけてみるのが一番です。


手持ちの着物を売りたいとき、誰もが一番気になることは買取価格に納得できるかどうかなのでしょうね。


相場はどのくらいか、気になりますが実は、着物の買取は素材、色柄、保管状態、サイズなどの条件次第で買取価格が個々に決まります。


着物鑑定のプロに査定してもらうのが、一番いいでしょう。


どこの業者でも査定は無料なので、買取を思い立ったら、一日でも早く連絡しましょう。


06:00
2018年12月06日(木)
【要らなくなって場所をとるばかりの和】
要らなくなって場所をとるばかりの和服の処分に悩んでいる人はいませんか。


近頃また和服ブームで、専門買取業者が多くなりましたし、一度利用してみてはどうでしょう。


たんすに眠ったままだった和服ですが、またどこかで誰かに喜んでもらえると考えると気持ちもすっきりしますね。


査定料や相談料が無料の業者さんも多く、宅配・出張・持込の方法から選べるのも良いですね。


それに、丁寧に保管していたものは意外と高額で引き取ってもらえるようです。


仕事で和服でも着ない限り、一般人が着物を売却することはまずないと思うので、もし処分するなら、高値で買い取ってもらうために中古着物買取業者のクチコミぐらいはチェックしておきましょう。


サービスが充実していて高値買取してくれそうなお店をいくつか選んで、少なくとも2社以上に見てもらい、査定額を比較します。


買取額が高く誠実な業者のほうを利用すれば、納得のいく取引ができるでしょう。


着物を着ると、日本人であることを実感しますがその手入れには特有の手間がかかるものです。


虫干しは定期的に行い、和紙を入れ替え、元の通りに畳んで、最後に桐箪笥に入れて保管しなければならず時間も体力も使います。


そこで、着る機会がない着物も、短すぎたり裄が合わなくなったりした着物も買取を考えてもいいのではないでしょうか。


着ない着物を生かすことにもなりますしお手入れの負担も少し軽くなります。


インターネットが普及した昨今では、かつてはわからなかったような情報もいとも簡単に入手できるようになりました。


ただ、あまりイージーすぎるのも困ります。


品物と金銭のやり取りがある和服買取の場合は、業者のサイトを見るだけでなく、ネットでの評判も確認し、信頼できそうな業者に絞ってから、最低でも2社以上の業者に査定を依頼すると良いでしょう。


単独査定だと高いか安いかわかりませんし、多少の手間は不可欠です。


日本の伝統的な民族衣装である着物は、振袖など着物としての役割、素材、色や柄などによって様々に格付けされます。


そんな中で、買取で高い評価を得られるものといえば有名な産地で生産された品です。


大島紬の他、本場黄八丈など昔から着物好きな方に愛されてきた有名な産地の着物は古くても価値があるので査定でも高値を期待できます。


査定時の状態は良くないといけませんし、証紙によって産地や生産者を保証しないといけないことはどの着物でも変わりません。


05:06

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++