知っておきたい着物買取のコツ


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2018年01月16日(火)
【古着ブームでリユース品に慣れた人が増えたせいか】
古着ブームでリユース品に慣れた人が増えたせいか、着物を買い取ってくれる専門業者が増えています。


インターネットで検索するとたくさんの業者が出てきますが、もっとも気をつけるべきなのは、普通の買取業者を装って、宅配等で商品を詐取したり、宝石や貴金属などと無理やり併せて買い取るといった違法行為を行っている業者もあるという事実です。


次の人にも大事に着てもらいたい着物を高く買い取ってもらいたい気持ちがあれば、複数の業者から査定を受け業者ごとの価格の違いを調べてください。


それを考えれば、査定後のキャンセルができる業者を探さなければなりません。


査定額のデータが出そろい、高いだけでなく信頼できる業者に話を持って行くために査定のときに、条件を出されたとすれば、そこを十分確認してから決めましょう。


要らなくなった和服を買取に出すとき、引取り額がわからないと不安になりますね。


相場があれば知りたいというのも当然です。


ただ、業者サイトの買取り例を見てもわかる通り、着物というのは紬や友禅といった種類のほか、新旧、状態などでも価格が異なるので、例を挙げるのが困難な商品です。


姉妹で同じ着物を売ったとしても、サイズが小さいほうより大きいほうが高値がつくことがあります。


和服専門の査定士がいるお店に値段をつけてもらうことは、結果的に得になると思います。


着物を買い取ってくれる業者があることは知っているけど、利用したくても売れないと恥ずかしい。


結構そういう方がいるようです。


着物は案外種類が多く、高く買い取ってくれるものとそうでないものがあります。


また素材の他、技法、色柄などによっても価値が決まります。


とても素人判断ができるものではありません。


ただし、もし有名作家の作品だったり、有名ブランドの着物だったりするなら、結構な値段で売れることも珍しくありません。


あまり古くなっていないブランド着物なら昔の着物に比べると裄丈が長く、大柄な人でも着られるので仕入れておけばすぐに売れるからです。


祖母の遺品を整理し、形見分けを進めているところ、かなりの数の着物があることがわかりました。


着物の買取専門業者があると聞き、調べてみたところ梱包しなくても、電話すれば無料で買取用の車を出すところもあることに驚きました。


量がまとまるととても一人では運べないくらい重く、一人でお店に持ち込むのは絶対無理、と泣きそうになっていたので、それも感謝しなければなりません。


01:36
2018年01月15日(月)
【近頃ネットを見ていると、着物買取業者の宣伝を多く目】
近頃ネットを見ていると、着物買取業者の宣伝を多く目にします。


着る機会もなく眠らせたままでいると、防虫剤等をいれていても、染料そのものの劣化もあって価値が下がっていきます。


状態が良く新しいものは、意外な高値になる場合もあるので、なるべく早めに査定依頼して、買い取ってもらうと、着物も生き返ると思います。


先日のことですが、祖母の遺品である着物を専門の業者の査定を受け、買い取っていただきました。


私たちが何度も着るような着物はなく、このまま日の目を見る機会がないのも着物がかわいそうだし、誰かが大事に着てくれれば、祖母も喜ぶだろうということになったからです。


いろいろ調べて、複数の業者をあたりましたが、個別に値段がつくような作家ものやブランド品はなく、提示されたのは全部まとめての値段でした。


最終的に、条件もよく、満足できる価格をつけた業者に引き取ってもらいました。


着物買取業者に持ち込むとき、着物そのものや、帯の他トータルコーディネイトできる小物類、つまり帯締めや帯揚げなど一緒に買い取ってもらうといいでしょう。


セットと言っても、襦袢は例外のようです。


襦袢を下着だとみるところが多く未使用ならともかく、着用済みでは値がつかないのです。


それでも買い取る可能性があるのは未使用で正絹など上質な素材のもの、柄が珍しいものであれば業者によっては買い取りの可能性があります。


他の着物や帯と一緒に、査定してもらいましょう。


全く袖を通したことがない着物でも、無条件で高値がつくと思うのは間違いです。


どんな生地、色柄も、生地や糸は徐々に劣化していくもので時間の経過に伴い、状態の悪化が考えられます。


何回着たかは絶対的な価値ではありません。


査定時に状態が良いかどうかが問題なのです。


運良く未使用で、これからも着ない、そして状態も悪くない、という着物をお持ちの方、査定は無料のところが多いです。


早く業者に持って行きましょう。


子供が生まれたとき、お宮参りに着る訪問着を買うことにしました。


手入れが大変なのでレンタルにしたかったのですが周囲に、こういうときに着る着物は必要だと圧力をかけられました。


ただ、手入れと保管の負担を何とかしたいと思っています。


これから何度も着るならと、材質も柄も良い着物を買ったので美しさを保つために、季節ごとの手入れは欠かせませんよね。


桐箪笥で保管しなければならないのはわかっていますが、わが家にそんなものを置くスペースはありません。


もうすぐ七五三で着ますが、後は思い切って買い取ってもらおうかと真剣に考えています。


01:36
2018年01月14日(日)
【この間、祖母が着ていた着物を手放すことになり、】
この間、祖母が着ていた着物を手放すことになり、買取専門の業者に見てもらいました。


おそらくほとんど着ることはない着物で、着ないまま持っているのも着物の価値が目減りしていくだけだし着てくれる人がいるからこそ、着物の価値があると思ったためです。


いろいろ調べて、複数の業者をあたりましたが、いわゆる作家ものの着物はなく、全部でいくらと、どこの業者でも言われました。


結果的には全て買い取れることになり、納得のいく価格で売れました。


着物の価値は、素材や色柄、仕立てなどいろいろな要素で決まりますが、買い取るとき、高値をつけられるものといえば高級品に格付けされる産地の品です。


たとえば大島紬、本場黄八丈のような昔から着物好きな方に愛されてきた有名ブランドなら欲しい方が多いので高額買い取りもよく耳にします。


着物の状態がいいことは前提条件で、証紙のあるなしが査定に大きく響くことはいろいろな品の買い取りと同じく、当たり前のことです。


着物が未使用でさえあれば、それだけで価値があるというわけではありません。


一度も着用されないものであっても保管している間に経年劣化して、状態の悪化はどうにも避けられません。


何回着たかは絶対的な価値ではありません。


査定時に状態が良いかどうかが問題なのです。


保管状態が良く、未使用でもう着ないなどの着物があれば幸い、買取業者に査定してもらうのも選択肢の一つです。


高かった和服を業者に引き取ってもらう際は、それなりに信頼できる業者さんにお願いしないと、相場より低い価格で、損をしてしまうこともあります。


よくある和服買取業者への苦情といえば、不当な安値での買取りが一番多いです。


また、宅配便査定のキャンセル時に、返送されない・足りない・物が違うというのも多いです。


あらかじめ相手の評価をネットなどで調べ、査定依頼すると良いでしょう。


それから、発送する前に写真に撮っておくのも後々役に立つかもしれません。


母が着物好きだったので、見たことのない着物が新旧取り混ぜて、私の実家には多く保管されています。


中には保存状態があまり良くないものも混じっていましたが、業者さんは納得の上で買取してくれました。


最近の着物買取というのは、ある程度のシミであれば、会社お抱えの染み抜き専門家が対応するそうで、買い取るパターンのほうが多いそうです。


といっても、そんなに高い買取価格は見込めないですけどね。


00:24
2018年01月12日(金)
【いらない着物を買い取ってもらいたいので、その前に高額査】
いらない着物を買い取ってもらいたいので、その前に高額査定の決め手になるのは何か調べてみると、共通点がありました。


素材や色柄、仕立てが上等であることが最低限要求されます。


それにプラスして、シミがないこと、傷がないことなども査定のチェックポイントだそうです。


ブランド品や、最高級品といわれる着物であっても傷があることがわかると大きく価値が下がってしまう感じです。


着物買取の注意点です。


査定では着物としての素材や仕立ての良さだけでなく、新品に近いかどうかがシビアに問われます。


いくら着物として上等であっても、汚れがひどいもの、カビの跡が明らかなものだと本来の価値を認めてもらえないのは仕方ないと思ってください。


ただ、染み抜きなどで完全に落とせるものなら買い取ってもらえるチャンスはあります。


素人が決めるのは得策ではありません。


その道のプロに見てもらうことをすすめます。


友人の祖母が亡くなり、形見分けして着物をもらったのですが自分が着るより他の人に着てもらいたいので、買取業者に引き取ってもらおうといろいろな人に聞いていました。


すれや傷みもあるということで買い取りできないときはどうしたらいいのかと思うので、余計悩むようです。


まあ、次の買い手がつく品でないと業者も買い取らないでしょうね。


明らかなすれや傷みのある品は売れないと思います。


友人もさすがに、リサイクルをあきらめて、別の処分方法を考えるようです。


もしも、着物の買取を依頼する際に、無料で出張もしているし、店舗へも持ち込めるとすれば少しでもお得なのはどちらか考えると、どんな買取でもそうですが、持ち込みの方が有利です。


もし納得いく査定額でなかったとき、出張よりは断りやすいと考えられます。


いろいろな事情で出張査定しかない場合、出張査定の料金がかからず査定の結果に納得いかなければキャンセルできるとはっきり書いている業者を選びましょう。


最近多い着物買取専門店に買い取りを依頼すると、絹物の友禅や紬などは意外な高額査定になることもあり、モノがわからないときは査定で見てもらいましょう。


けれどもウールや化繊の着物というと、新しくても元の価格が安いですから、小額でも買い取ってくれるなら良いほうで、最初から除外しているところもあります。


古着屋さんやリサイクル店なら、買い取りする可能性もあるでしょう。


まずは問い合わせしてみてください。


22:48
2018年01月11日(木)
【このごろ、着物専門のリサイクル業者のW】
このごろ、着物専門のリサイクル業者のWEB広告を目にする機会が増えました。


箪笥の肥やし状態で放っておくと、保管場所に気を遣ったつもりでも、染料そのものの劣化もあって価値が下がってしまうのです。


大事に保管してきたものは意外な高値になる場合もあるので、思い立ったら早めに依頼して買い取りしてもらったほうがいいでしょう。


いらない着物を買い取ってもらいたいので、その前に査定額は何で決まるのかネットであれこれ調べてみました。


当然ですが、もともと高級な着物であることは高値がつく最低条件ですが、その他に、シミがなかったり、傷がなかったりという使用状況も査定のチェックポイントだそうです。


ブランド品や、最高級品といわれる着物であっても見てわかるくらいの傷があれば査定額は大幅に下がるようです。


着ることがなくなった着物は思い切って、中古着物専門の業者さんに買い取ってもらうと良いですね。


流行り廃りのない紬の着物などは、地域ごとに差異があるのが面白く、根強い人気があるので、産地・種類を問わず買取してくれます。


専門業者なので価値あるものを見落とさない点が良いのです。


紬のほかには、友禅やブランド着物なども幅広く扱う業者が多いです。


検討する価値はありそうです。


祖母の遺品整理もだいぶ進んできたのですが、その中には着物や帯、小物を合わせると結構な量なので処分に困りました。


買い取りしてもらうことに決まり、いろいろ調べてみると電話かメールで連絡すれば無料で梱包する業者も何軒かあると知りました。


着物に帯、小物を合わせるとかなり重く、一人でお店に持ち込むのは絶対無理、と頭を抱えていたのでとても嬉しいサービスでした。


文字通り、タンスの肥やしになっている着物がわが家にもあって、買い取るお店に予約して、持ち込む手間を考えると二の足を踏み、業者はたくさんあり、どこが良心的なのかそこから調べるのかと思って、結局処分に踏み切れませんでした。


店舗への持ち込みだけでなく、宅配で買い取りできるお店もちょっと探せばあるようです。


サービスの内容や買取価格を調べ、細かいところまでサービスを調べてがんばって見つけたいです。


22:48
2018年01月10日(水)
【中古着物がブームのせいか、和服専門の買取業者の広告をよ】
中古着物がブームのせいか、和服専門の買取業者の広告をよく目にするようになりました。


着る機会もなく眠らせたままでいると、クリーニングして袖を通さないでいても、経年劣化はあるので価値が下がってしまうのです。


きちんと保管されてきた良い着物は意外な高値になる場合もあるので、早めに連絡して、買取してもらうと良いですね。


着物の買取ではじめに突き当たる壁、それは買取業者を決めるときに何を判断材料にしたらいいか、です。


インターネットであっという間に業者を見つけ、全国の業者と取引できるので迷うのが当然だと思います。


よく見かける町の古着屋でも、着物を買い取る店が多いでしょうが、価値があると思う着物なら、着物の専門店に持って行く方がいいでしょう。


専門店ならではの、着物に関する知識と経験が豊富な鑑定人が見てくれるので大きな損はしないで済むでしょう。


タンスの奥には何枚も着物がしまわれていて、買い取るお店に予約して、持ち込む手間を考えると二の足を踏み、業者はたくさんあり、どこが良心的なのか周りに着物を売った人もいなかったので結局処分に踏み切れませんでした。


店舗への持ち込みだけでなく、宅配で買い取りできるお店もちょっと探せばあるようです。


業者間の差もあるようなので自分のニーズに合った業者をじっくり探していきます。


着物など値の張るものを買取に出す際、気になるのはやはり価格ですよね。


相場があれば知りたいというのも当然です。


ただ、中古着物の値段というのは、素材や種類、状態、作家物など様々な要因で価値を判断するので、例を挙げるのが困難な商品です。


姉妹で同じ着物を売ったとしても、サイズが大きいもの(直せるもの)のほうが高くなるでしょう。


和服専門の査定士を置く業者さんに見てもらうのが高値売却のコツだと思います。


日本の女子にとって、振袖を着るのは大事なシーンに限られます。


別な見方をすれば、時期と場面限定の着物であり、それ以外着ることはありません。


保管も手間がかかることが多いので、着物買取業者に引き取ってもらうのも大事な着物を有効活用する道です。


参考までに、価格は品質と現状をみられて数千円になる場合もあり、いいもので、保管も良ければ数万円以上もありえます。


女子の人生では大事な着物でしょうから、まず、見積だけでも出してもらって、時間をかけて調べ、自分が納得できるところで手放してください。


21:42
2018年01月09日(火)
【着物など値の張るものを買取に出す際、】
着物など値の張るものを買取に出す際、一番気になるのは買取価格でしょう。


貴金属のように相場表でもあれば見てみたいものです。


しかし中古品といっても和服の場合は、紬や友禅といった種類のほか、新旧、状態などでも価格が異なるので、一概にいくらと決めるわけにもいきません。


例えば同じ種類・状態の着物なら、サイズが大きいもの(直せるもの)のほうが高くなるでしょう。


街の古着屋ではわかりません。


価値のわかる専門業者に値段をつけてもらうことは、結果的に得になると思います。


着物の宅配買取もよく行われていますができるだけ有利に買い取ってもらうために、注意してほしいのは着物や反物の購入時についてくる反物の切れ端や保証書が残っているかどうかを忘れず確認してください。


家電やパソコンを売るときと同じでこれらは品質の保証になるもので高級品であるほど、あるかないかによって査定には大きな影響が出ますので一部でもとってあれば必ず一緒に送りましょう。


それも着物の価値の一部です。


着物は着るのも見るのも良いものですが手入れには本当に気を遣います。


虫干しは定期的に行い、間に和紙を挟みながら元通りに畳んで、桐箪笥に戻してまた保管などと時間も体力も使います。


もしも、着ないとわかっている着物や、サイズが合わない着物があれば業者に買い取ってもらうという手があります。


眠っていた着物も、新しい持ち主のところに行けますし、お手入れの負担も少し軽くなります。


自分の着物を手放したい、業者に買い取ってもらおうと思えば、終始気にするのが買取価格に納得できるかどうかに決まっています。


果たして相場があるのか?と思うでしょうが明らかな相場はありません。


ブランドや色柄、状態の良し悪し、サイズの違いなどを見られて買取価格が個々に決まります。


そうした価値を理解している鑑定士に見てもらうのが一番です。


たいていのお店では無料査定を受けられますので遠慮せずに、近くのお店に電話してみましょう。


子供が生まれたとき、お宮参りに着ていく着物を買うことになりました。


はじめはレンタルを考えていましたが、周囲に、こういうときに着る着物は必要だと圧力をかけられました。


ただ、手入れと保管の負担を何とかしたいと思っています。


周囲からのすすめもあり、きれいな柄の、素材も上等な着物にしたので保管もそれなりに大変なのは承知しています。


桐箪笥で保管したいとは思うのですが、わが家にそんなものを置くスペースはありません。


七五三で着る予定はありますが、黙って手放してしまおうと思うこの頃です。


20:36
2018年01月08日(月)
【古い着物を買取業者に出すと、絹物全般は割合良い】
古い着物を買取業者に出すと、絹物全般は割合良い値段になる場合があり、モノがわからないときは査定で見てもらいましょう。


一方で、合繊・化繊やウール着物については、元値が低いため、仮に買い取るとしても安かったり、当初から引取対象外にしている店もあります。


リサイクルショップのほうが買取価格がつくことも多いと思います。


箪笥の肥やしになっている古い着物。


処分できやしないかと考えるのですが、形見の品でもあるしと思うと、処分しないまま月日が経ちました。


ただ、雑誌で和服買取業者があるのを知り、調べてみたらたくさんあって、ビックリしましたよ。


流行りみたいで。


状態次第では高額になるみたいですし、和服・和装小物専門を掲げるだけあって、丁寧に品物をみてくれるんだなと好感を持ちました。


天気の良い日に風入れがてら整理して、頼んでみるつもりです。


着物を買い取ってくれる業者があることは知っているけど、利用したくても自分が持っている着物が、いくらで売れるのかわからなくて不安。


という声をよく聞きます。


振袖、訪問着、付け下げなど着物には多くの種類があります。


また素材や技法によって価値が変わるので、買取の相場があるわけでなく、素人には本当の価値がわかりません。


ただし、もし有名作家の作品だったり、有名ブランドの着物だったりするなら、査定で高値がつく可能性も十分あります。


ブランド品でも最近のものは裄丈など、サイズが大きめに作られているのでぜひ買い取りたい品だからです。


いろいろ思い入れのある織り着物を持っていて、大事に手入れしてしまっていたのですが、ほとんど洋服で過ごしていますし、この先、その着物を着る機会がないと気づき処分するなら今だと思いました。


買取ができるかどうかネットで調べた結果、着物を引き取り、換金できる業者があることを知りました。


誰か着てくれる人がいるなら着物が役に立つ可能性もあると思いいつ、どこに売るかを検討しはじめました。


成人式に着た振袖は、皆さんそれなりの思い出とか、思い入れがあるわけで、処分する気は全くない人が案外いるようですが、着る機会は多くないので、それがなくなってしまったら専門の業者に買い取ってもらえばより生産的かもしれません。


上質の生地で、色や柄も品のいいものなら意外な価格で買い取ってもらえるようです。


今の自分に、役立つものを買えるはずです。


20:00
2018年01月07日(日)
【着なくなって久しい着物を処分するのに頭を悩ませてい】
着なくなって久しい着物を処分するのに頭を悩ませている人は多いでしょう。


このところリサイクルブームで和服専門の買取業者が増えてきて、ネットや電話一本で査定依頼できるようです。


たんすに眠ったままだった和服ですが、またどこかで誰かに喜んでもらえると考えると気持ちもすっきりしますね。


業者の多くは無料で査定しますし、出張・宅配査定もできて、持込の手間が要りません。


紬や訪問着など案外、高値になることもあります。


いなかで家が広いせいか、着なくなった和服や小物類が私の実家には多く保管されています。


色の薄いものにはシミが浮いたり、いまいちな品もありましたが、査定士さんはきちんと見た上で買い取ってくれました。


聞いた話では、今時の中古着物は、正体のわかっているシミ程度なら業者さんのほうでシミ抜きするので、買取になる事例が多いそうです。


もちろん、お値段は「相応」のものになります。


仕事で和服でも着ない限り、一般人が着物を売却することはまずないと思うので、もし処分するなら、高値で買い取ってもらうために買取業者さんの評判を確認しましょう。


評判もサービスも良い業者さんにあたりをつけたら、1社でなくせめて2社くらいに査定させ、その額を比べると目安になると思います。


仮に査定額が同じなら、査定内容や対応がしっかりした業者を選べば、納得のいく取引ができるでしょう。


いわゆる着物の買取価格はいろいろな要因で決まります。


着物自体がどんな素材か、人気の色柄か、仕立てはいいかを見られます。


そして保管状態が良いかも、厳しく問われます。


いわゆる高級ブランドの着物でも査定のとき、汚れやカビが見つかればかなり価値を下げてしまうのがどの業者でも同じです。


それでも、何とかきれいに落とせるなら買取の可能性がかろうじて残っています。


いずれにせよ、素人が安易に決めつけずに無料査定で可能性を探ってみましょう。


自宅で着物を保管するのは、とても気を遣います。


着る機会がなくなってしまったら一日でも早く着物の買取業者に見てもらう方が収納スペースの確保にもなると思います。


どの業者が良心的なのか、判断が難しいときはランキングサイトを上手に活用し、着物買取業者の評価も調べられます。


着物の保管状態はもちろん、同じ産地でも制作者によって価値は異なりますがまず、状態がいいかどうかが高価買い取りの前提条件です。


19:00
2018年01月06日(土)
【古着ブームでリユース品に慣れた人が増えた】
古着ブームでリユース品に慣れた人が増えたせいか、着物買取を専門にするところが増えています。


インターネットで検索するとたくさんの業者が出てきますが、利用者として気をつけなければならないのは、買取にみせかけて、品物だけを詐取するような詐欺まがいの営業を行っている業者もないわけではありません。


伝統的な衣装である着物には洋服にはない良さがありますが保管だけでも、思いの外大変ですよね。


まず季節ごとに虫干し、畳むときには和紙を入れ替え最後に桐箪笥に入れて保管しなければならず時間も体力も使います。


そこで提案ですが、もしも着ない着物やサイズが合わない着物があれば買取を考えてもいいのではないでしょうか。


眠っていた着物も、新しい持ち主のところに行けますし、お手入れもその分だけ楽になります。


不要になった和服。


もしリフォームするのでなければ、中古着物の専門業者に買い取りしてもらいましょう。


振袖や訪問着以外にも、紬の着物だって、郡上紬や久米島といった通好みの品も、産地・種類を問わず買取してくれます。


専門店なので買取額も高めなのが良いですね。


それ以外には、訪問着や趣味的な汕頭着物なども取扱対象のようです。


何が売れるか、問い合わせしてみてはいかがでしょうか。


着物の買取を思い立って、それならと査定額は何で決まるのかネットであれこれ調べてみました。


そもそも高級な品であることは必須条件でしょうが、その他に、シミがなかったり、傷がなかったりという使用状況も査定のチェックポイントだそうです。


どんな高級品だとしても見てわかるくらいの傷があれば査定額をかなり減らされてしまうようです。


最近多い和服の買取で、いくつかのトラブルが報告されているので、依頼する側でも注意が必要かもしれません。


私が最近聞いた例では、買取前の出張見積りを依頼したところ、決めた日時より早く、突然押しかけてきて、「着物と貴金属と合わせていくら」と長時間ねばられ、泣く泣く格安で売ったという例もあります。


チラシの連絡先が携帯番号になっている業者などは、注意したほうが良いでしょう。


誠実な業者であれば、家に押しかけて居座るようなことはしません。


18:24

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++