知っておきたい着物買取のコツ


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2017年11月17日(金)
【思い出や思い入れの詰まった着物を正しく評価しても】
思い出や思い入れの詰まった着物を正しく評価してもらいたいと思うなら何軒かの業者を回り、査定価格をメモして買取価格の比較を行いましょう。


そのためにも、査定後にキャンセルが可能な業者を訪ねることをすすめます。


データが揃った後で、一番高値の信頼できる業者に買い取ってもらえるように買取にあたって条件があるとすればデータの一つとして確認し、十分比較しましょう。


中古着物がブームのせいか、和服専門の買取業者のWEB広告を目にする機会が増えました。


箪笥の肥やし状態で放っておくと、保管場所に気を遣ったつもりでも、劣化は避けられないので着物本来の値打ちが下がってしまいます。


きちんと保管されてきた良い着物は高額査定になる場合もありますから、思い切って早めに買い取りしてもらったほうがいいでしょう。


着物専門の買取業者さんというと、このごろは宅配を利用するものが増えてきているらしいので、自分も結婚前に仕立てたものなどを引き取ってもらおうと思っています。


しつけ糸が残っている新品もあり、品物は悪くないので、まともな業者さんに預けたいと思っています。


古物商の認可が必要らしいので、とりあえずそれを確認してから査定をお願いするつもりです。


もう着ないかなとか、いつか着るかもと思いながら手元に置いている着物は誰にでもあり、着物を買い取ってもらえないかなと思う方も少なくありません。


着物を売ろうと考えているが、どれが高く売れるのか誰でも疑問に思うでしょうが、訪問着は一番買い手が多く、比較的高値で売れます。


訪問着は色柄とも、さほど年齢で限定されず、未婚、既婚を問わず、幅広い場面で着られるからです。


手持ちの訪問着で思い当たるものがあれば、無料で査定してくれる業者に、お願いしてみてはいかがですか。


買取のとき、着物と一緒に持って行き、着物や反物の証紙を添えて出してください。


証紙の説明をすると、織り元や織物工業組合などが産地の基準に適合していることをはっきり証明するための登録商標のしるしです。


この証紙を捨てる方や探しても見当たらないという方もいるようですが、家電やパソコンと同じように、品質を証明する書類のあるなしで買取価格が大きく違いますので査定のときには揃えておいてください。


23:24
2017年11月16日(木)
【着物買取の査定を受けるときに証紙を一緒に提出】
着物買取の査定を受けるときに証紙を一緒に提出することをすすめます。


この場合の証紙とは、生地の織り元、織物工業組合などで一定の基準を満たした製品であることを明確に示している登録商標だと考えてください。


買ったときに証紙を捨てる方だの所在不明という方も実際にいますが次に売るためにも、ないと困るものの一つなので査定のときには揃えておいてください。


要らなくなった着物を処分するとき、一番気になるのは買取価格でしょう。


ざっくりでいいから相場を知りたいと思う人も多いはず。


とはいえ着物類は、状態、古さ、素材や種類といった要素で価格が変わるので、ひと括りにできないところがあります。


姉妹で同じ着物を売ったとしても、現代人のサイズに合った大きなもののほうが高値がつきやすいです。


和服専門の査定士がいるお店に査定してもらえば、納得の価格が出やすいと思います。


要らなくなった和服を整理する際、絹物は紬などの堅物も含めて案外高値がつくことがあるので、証紙などがあったら一緒に出しましょう。


ただ、化繊やひところ流行ったウール小紋などは、新しくても元の価格が安いですから、小額でも買い取ってくれるなら良いほうで、断られることもあります。


どちらかというと専門店より古着屋さんのほうが、買取価格がつくことも多いですね。


着物買取業者というのをご存知でしょうか。


最近、苦情も多くなっているので、利用しようと思っている人は、注意してください。


私が最近聞いた例では、出張査定(買取)を頼んだら、決めた日時より早く、突然押しかけてきて、着物と一緒に貴金属類まで買い取ろうと長時間ごねるといったことがあって、たしか新聞にも載りました。


詐欺的な業者には、当たらないようにしたいものですね。


警察に古物商の届出を出しているような業者なら、商売に支障をきたすような違法行為はしないはずです。


和服や和装小物の買取といえば、このごろは宅配を利用するものが多いようなので、私も母や叔母から譲り受けた着物を、手放そうと思います。


紬や絣など高価な着物も多いので、きちんとした業者さんにお願いしようと思います。


中古品取扱の登録業者さんなら安心なので、それを掲げている業者さんに査定をお願いするつもりです。


22:54
2017年11月15日(水)
【もう着なくなった着物が何枚かう】
もう着なくなった着物が何枚かうちにあるのですが買い取りしてくれるお店まで持って行くのも面倒で、この着物を一番高く買い取ってくれるのはどこかなかなか人に聞くこともできなかったのでずるずると先延ばしにしていました。


最近の買取サービスは進んでいて、着物も宅配で買い取りするところが全国に増えているようで、いいお店をランキングサイトで調べ、自分のニーズに合った業者を手間ひまかけて探すつもりです。


大掃除やお節句の時期になるたびに、箪笥で眠っている着物類を整理したいと思うのですが、形見分けで思い入れもあるため、滅多なところへは出せないと思い、今まで来てしまいました。


先日ウェブ広告で着物買取業者というのがあるのを知り、数が多いのには内心おどろきました。


今はブームなんでしょうか。


状態次第では高額になるみたいですし、着物の買取を専門にしている業者さんというのは丁寧に品物をみてくれるんだなと好感を持ちました。


そのうちの一社に、折をみて電話をかけてみるつもりです。


着物の買取の話を聞いて興味を持ち、ネットで業者のサイトをのぞいてみましたが、最近は他の買取サービスと同様、システムが確立されていて自宅など指定した場所まで取りに来る業者や専用の箱も無料、宅配で送るのも無料で、査定も無料という業者も複数あるようです。


その中から自分に合った買取方法を探しました。


持ち込むのも負担ではない枚数なので近くのお店に車で持って行き、お金の受け取りまでできればいいかなと思いました。


着物の買取を検討している方にとって切実な問題は、たくさんの買取業者の中から絞り込むのに何を判断材料にしたらいいか、です。


インターネットであっという間に業者を見つけ、全国の業者と取引できるので自分に合った業者を見つけるのは非常に難しくなっています。


多くの古着屋で着物の買取も行っていますが、ある程度着物としての価値があれば、着物買取の専門店に持ち込んだ方がいいのです。


専門店ならではの、着物に関する知識と経験が豊富な鑑定士の査定を受けられるので、付加価値も含めて、きちんと評価してもらえるでしょう。


着物買取の注意点です。


査定では着物そのものの品質もさることながら、状態の良し悪しはかなり重要です。


ブランドものの、仕立ての良い着物だったとしても、汚れがついているものや、カビの跡が見られるものはかなり価値を下げてしまうのが普通の結果なのです。


手間をかけても、完全にきれいにできる場合は買取できるかもしれません。


いずれにせよ、素人が安易に決めつけずに無料査定で可能性を探ってみましょう。


21:24
2017年11月14日(火)
【いままで知らなかったのですが、着】
いままで知らなかったのですが、着物の買取は、いまどきは宅配便を使った査定方式が増えてきているらしいので、自分も結婚前に仕立てたものなどを手放そうと思います。


モノは悪くないので、買い叩かれないように、まともな業者さんに預けたいと思っています。


古物商の認可が必要らしいので、とりあえずそれを確認してから問い合わせしてみようと思います。


着物の買取を考えているので、まずはどんな着物に高値がつくのかあちこち調べると、何となくわかってきました。


素材や色柄、仕立てが上等であることが最低限要求されます。


それにプラスして、シミがないこと、傷がないことなども買取価格に響くようです。


もとがどんなに高価だったとしても査定のときに傷が見つかったら大きく価値が下がってしまう感じです。


古着ブームでリユース品に慣れた人が増えたせいか、着物買取をする業者が増えてきているようです。


ネットさえあれば買取業者はたくさん見つけられますが、利用者として気をつけなければならないのは、買取にみせかけて、品物だけを詐取するような詐欺的行為をして問題になっているところもあるという事実です。


着物買取の査定を受けるときに証紙を一緒に提出することをすすめます。


反物や着物についてくる証紙は、織り元や織物工業組合など、産地で、一定以上の品質の製品だと証明として発行された登録商標のことなのです。


これを捨ててしまったりありかがわからないという方もいるそうですが次に売るためにも、ないと困るものの一つなので探して査定のときに持って行ってください。


私の友達が、亡くなったおばあさんから譲り受けた着物があるけど、自分では着ないので、業者に買い取ってもらおうかと私に相談してきたのです。


素人が見てわかるくらいの傷みもあるので、査定しても値がつかないかもしれないとあれこれ心配しています。


まあ、次の買い手がつく品でないと業者も買い取らないでしょうね。


明らかなすれや傷みのある品は売れないと思います。


友人もさすがに、リサイクルを止めて、他の方法を探しています。


17:48
2017年11月13日(月)
【サイズや色が合わなくなって着なくなった着物。そ】
サイズや色が合わなくなって着なくなった着物。


その整理に悩んでしまい、それきりになっている方は少なくないと思います。


いまは和服専門の買取業者さんというのが増えているようですから、活用してみるのも良いでしょう。


大事に保管してきた着物でも、またどこかで誰かに喜んでもらえると考えると気持ちもすっきりしますね。


査定料や相談料が無料の業者さんも多く、依頼してみる価値はあると思います。


紬や訪問着など案外、良いお値段になることもあるようです。


価値ある着物といえば、有名作家が色柄や織りに携わったものですが、買取で常に価値があるのは有名な産地で生産された品です。


大島紬、あるいは本場黄八丈といった着物好きなら持っていて当然と言える有名な産地の着物は古くても価値があるので高額買い取りもよく耳にします。


着物の状態が査定額を左右することはもちろん、証紙によって産地や生産者を保証しないといけないことは着物買取の常識です。


一般的に質屋さんはなんでも扱うと思われがちですが、和服を扱うところとそうでないところがあるので、近いからといって持ち込む前に、聞いてみたほうが無駄足にならずに済むでしょう。


どうせなら和服買取を専業にしている業者にすれば、高値で買い取ってくれますから、良い着物を持っている方ほど専門店がおすすめです。


近所に心当たりがないときは、ネット検索で容易に見つけられますし、訪問や宅配便での査定もできるようです。


リユースで古着に抵抗感がなくなってきたせいもあり、着物を買い取ってくれる専門業者がとても多くなりました。


ウェブ検索すると数多くの業者が見つかりますが、もっとも気になるのは、買取実績がある業者のふりをして、不当な安値で叩いたり、着物だけを騙し取るといった詐欺的行為をしている場合もあるという事実です。


着物買取の査定を受けるときにその着物や反物の証紙があると、とても有利です。


証紙の説明をすると、織り元や織物工業組合などが一定の基準を満たした製品であることを公に証明している独自の登録商標を指します。


この証紙を捨てる方やありかがわからないという方もいるそうですが家電やパソコンと同じように、品質を証明する書類のあるなしで買取価格が大きく違いますので捨てていなければ、ぜひ探してください。


16:30
2017年11月12日(日)
【数ある着物買取業者の中でも、買取大手の「スピー】
数ある着物買取業者の中でも、買取大手の「スピード買取.jp」という店は、ネット店舗ながらも、最短30分で出張査定に来てくれるうえ査定が丁寧なので評判です。


無料の電話相談は、年中無休で受け付けているので、普段忙しい方でも気軽に問い合わせできる点が嬉しいですね。


(スマホや携帯でもかけられます)「スピード買取.jp」の名前の由来である超速の出張査定や、郵送・持込査定は原則無料で、顧客満足度が高いというのもナルホドと思いました。


宅配で着物を買取業者に送り、査定から買取まで行うのも当たり前になっていますが、送るときには、最後まで気を遣ってください。


ある程度以上の品質の着物には、必ずついてくる反物の切れ端や保証書をとっておいたかどうかです。


家電やパソコンを売るときと同じで生産地や製作者を保証するためにこのようなものがあり、それが高級品であるほど、あるかないかによって買取価格が大きく左右されます。


残っている限りのものを着物に添えて送ることが、有利な買取には欠かせません。


自分が持っている着物の中に、特に大事にしていた織り着物があって、手入れを欠かさずに長いこととっておいても圧倒的に洋服で過ごすことが多く着物を着ることが、今後ないかもしれないという事情もあって処分してもいいかなと思うようになりました。


ネットやタウンページで調べたところ、着物の買取を行う業者が、いくつもヒットしました。


ゴミとして捨てるのは辛いし、他の誰かに着てもらえれば着物にとってもいいだろうと思い、いつ、どこに売るかを検討しはじめました。


ある年代の女子にとって振袖は正装で、大事な場面で着るものですが、着る機会は限られ、その後は仕立て直さないと着られません。


そう考えると、保管が大変で持てあますくらいなら、着物買取業者に引き取ってもらうのも大事な着物を有効活用する道です。


いくらで買い取るかは気になるところですが、保管状態があまり良くないと数千円ぐらいで、高級品で状態が良いと、数万円を超える値もつきます。


大事な場面で着た思い出や思い入れもあると思います。


まず、見積だけでも出してもらって、時間をかけて調べ、自分が納得できるところで手放してください。


着ないで場所ばかりとる着物類。


買い取りに出して片付けたいと思っても、点数自体が多いとか、近所に店舗がなかったりすると、持っていくのに一苦労です。


そんなときこそ、買取業者の訪問買取を活用してみませんか。


依頼主は電話をかけるだけで済みますが、ただ、量がある程度ないと利用できないこともあるので、事前連絡の際に相談しましょう。


16:24
2017年11月11日(土)
【いわゆる着物の買取価格はいろいろな要】
いわゆる着物の買取価格はいろいろな要因で決まります。


着物そのものの品質もさることながら、状態の良し悪しはかなり重要です。


着物としてどれほど高級だとしても、保管が悪く、汚れがあったりカビが生えたりしていればほとんど値がつかないというのがどの業者でも同じです。


とはいっても、跡を残さず汚れを落とすことが可能なら、買い取ってもらえるチャンスはあります。


いずれにせよ、素人が安易に決めつけずにとにかくプロに見てもらわないと、最終的な価値はわかりません。


近年、和服・帯の買取を行っているお店は増えましたが、スピード買い取り.jpは、ネットでの口コミでは、ユーザー満足度が高い点が評価できると思います。


専用の無料ダイヤルで電話代を気にせず問合せ・相談できますし、24時間・年中無休で受け付けているので、普段忙しい方でも気軽に相談できるのが嬉しいところです。


(携帯・スマホ可)出張査定のほかに宅配便や持込もOKで、おまけに査定やキャンセル料金は無料。


評判が高いだけあって使いやすさは抜群です。


古い着物を買取業者に出すと、絹物の友禅や紬などは意外な高額査定になることもあり、箪笥の肥やしどころか業界ではお宝と言われています。


しかし、正絹でない合繊や化繊(ニューシルク含む)、ウールや麻の着物は、新しくても元の価格が安いですから、専門店では安値になってしまうか、当初から引取対象外にしている店もあります。


どちらかというと専門店より古着屋さんのほうが、引き取ってくれる可能性が高いと思います。


もしも、着物の買取を依頼する際に、店舗への持ち込み、出張査定、どちらも無料で利用できるなら売る方にとってどちらが有利か、と聞かれれば、どんな買取でもそうですが、持ち込みの方が有利です。


もし納得いく査定額でなかったとき、後で他のお店に回ることもできるからです。


いろいろな事情で出張査定しかない場合、査定料、出張料どちらも無料で査定の結果次第で、依頼のキャンセルも可能と明記していることを確かめてください。


どうにも着る機会がない着物は、たまの手入れだけでも大変ですよね。


着物を着る機会が年に何度もあれば別ですが、タンスにしまっているだけでは、手入れが負担になるばかりです。


中でも、振袖はお袖が長い分だけ、管理も他の着物に比べ負担感が増します。


振袖など、着る機会が限定される着物は特に、買取を考えてもいいのではないですか。


いわゆる高級品であって、良い状態で保管されたものほど高く買い取ってもらえます。


16:18
2017年11月10日(金)
【着ない着物が何枚かあったので、買】
着ない着物が何枚かあったので、買い取ってくれる業者があると知り業者のウェブページで買取のシステムを調べてみました。


最近は他の買取サービスと同様、システムが確立されていて自宅など指定した場所まで取りに来る業者や着物に合った箱を送ってくれ、宅配で送ると無料査定までしてくれる業者も何軒かみつけました。


自分に合った買取方法を調べると、箱に詰めるほどの量でもないし車で行ける距離にお店があるので、持って行ってその場で買取が終われば一番楽だと考えています。


最近、和服の買取専門業者の広告がよく目につきます。


着る機会もなく眠らせたままでいると、きちんと管理しているつもりでも、糊や洗剤による劣化もあって着物本来の値打ちが下がってしまいます。


新しくて状態が良い着物は高額査定になる場合もありますから、なるべく早めに査定依頼して、買い取ってもらうと、着物も生き返ると思います。


着物買取の注意点です。


査定では着物自体がどんな素材か、人気の色柄か、仕立てはいいかを見られます。


そして保管状態が良いかも、厳しく問われます。


ブランドものの、仕立ての良い着物だったとしても、査定時に汚れや、カビをチェックされると大幅に安くされるのがどの業者でも同じです。


ただし、簡単にその汚れを落とせる場合、買取の交渉もできるかもしれません。


いずれにせよ、素人が安易に決めつけずにその道のプロに見てもらうことをすすめます。


着物を売ってみよう、と考える方は誰でも重要なポイントになると思われるのは着物の価値を正しく評価した査定額かに決まっています。


相場はどのくらいか、気になりますがこれが相場、という基準はありません。


素材の価値や仕立て、保管状況、丈や裄などによってそうした条件を全部考え合わせて査定されます。


着物鑑定のプロに査定してもらうのが、一番いいでしょう。


査定は無料で行うのが当たり前になっているので着物を売りたいと思ったら、気軽に連絡してみましょう。


思い入れのある織り着物を持っていたのですが、手入れを欠かさずに長いこととっておいてもいつも洋服の生活ですからこれからその着物を着ることもないと思って処分するなら今だと思いました。


ネットやタウンページで調べたところ、思ったよりも多くの買取業者があることを知りました。


思い入れのある着物なので、捨てるよりは誰かに着てもらった方が大事な着物を生かせると思い、買取業者に引き取ってもらおうと決めました。


15:30
2017年11月09日(木)
【近年、和服・帯の買取を行っているお店は増えました】
近年、和服・帯の買取を行っているお店は増えましたが、ネット専業の『スピード買取.jp』は、専門の査定士がいて顧客満足度も高いようです。


電話での相談・問い合わせは無料(0120)で、24時間・年中無休で受け付けているので、普段忙しい方でも気軽に相談できるんです。


(スマホや携帯でもかけられます)「スピード買取.jp」の名前の由来である超速の出張査定や、郵送・持込査定は原則無料で、気軽に相談できますね。


母が着物好きだったので、見たことのない着物が新旧取り混ぜて、家にはどっさりあります。


保管状態の良いものと悪いものがあったものの、査定士さんはきちんと見た上で買い取ってくれました。


最近の着物買取というのは、多少のシミがあっても会社お抱えの染み抜き専門家が対応するそうで、買い取るパターンのほうが多いそうです。


ただ、お値段は「相応」のものになります。


大事にしていた着物を買い取ってもらう時に、喪服は注意しなければいけません。


というのは、喪服の買取は基本的にお断りするケースが多いからです。


年配者にも洋服の喪服が定着していることもあり、和服の中古市場では特に、着る機会が限られる喪服の需要はほとんどないか、あってもサイズの問題で難しいからです。


事情を分かっていても、捨てるのだけは避けたいというのであれば、ごく一部ですが、喪服を買い取ってくれる業者もありますので、調べて問い合わせしてみると良いかもしれませんね。


もう着なくなった着物が何枚かうちにあるのですが買い取るお店に予約して、持ち込む手間を考えると二の足を踏み、どのお店で、着物をより高く買い取ってくれるのか自分で調べる余裕もなく全く動けないままでした。


近頃は着物買取業者も競争が激しいのか、宅配で買い取りするお店もちょっと探せばあるようです。


業者間の差もあるようなので自分の希望に合ったサービスを行うお店をがんばって見つけたいです。


リサイクルブームがひとつの契機となって、和服買取をしてくれる業者というのが増加する傾向にあります。


業者はネットで簡単に探せますが、もっとも気をつけるべきなのは、買取実績がある業者のふりをして、着物を騙し取ったり、貴金属との抱合せで押し買いするなどの詐欺的行為を行っている業者もないわけではありません。


15:18
2017年11月08日(水)
【私の友達が、亡くなったおばあさんから譲り受】
私の友達が、亡くなったおばあさんから譲り受けた着物があるけど、買い取ってくれる業者がないかけっこう悩んでいました。


すれや傷みもあるということで買取を断られたらどうしようなんて心配もあるようです。


そうですよね。


次に売れるものを買い取るわけだし、傷んでいない、きれいな着物を買い取りたいでしょうね。


はじめは業者を探していた友達も、他の人にも話を聞いた結果、買取をあっさり断念したようです。


古着を売ったことはあっても和服を売ったという人は少ないので、処分を考えているのなら、安値で買い叩かれないためにも買取業者さんの評判を確認しましょう。


評判もサービスも良い和服専門業者を見つけ出し、2社、もしくは、3社に見積もらせ、その査定結果を比べると目安になると思います。


仮に査定額が同じなら、査定内容や対応がしっかりした業者を選べば、納得のいく取引ができるでしょう。


祖母の遺品を少しずつ整理しています。


その中で欲しい人がいない着物や帯、小物がたくさんあることが分かりました。


専門の業者に引き取ってもらおうと、何軒かあたってみたのですが連絡すれば、こちらで箱詰めしなくとも、無料で梱包する業者も何軒もあってびっくりしました。


着物はどれも重いし、かさばるのでひとりでお店に運ぶなんてありえないと困り果てていたところで、それだけでもこちらは助かります。


和服買い取り専門業者の中で迷っているなら、「スピード買い取り.jp」は大手で、資金力も潤沢ですし、ユーザー満足度が高い点が評価できると思います。


査定や売買に関する相談は無料ですし、24時間365日対応しているため、暇を見ていつでも問い合わせできるのがありがたいです。


(スマホや携帯でもかけられます)出張査定のほかに宅配便や持込もOKで、おまけに査定やキャンセル料金は無料。


初めてでも安心して利用できますね。


初めてのお宮参りのために、訪問着を購入しました。


小物類はともかく、着物本体はレンタルにしたかったのですが周囲に、こういうときに着る着物は必要だと圧力をかけられました。


けれども、手入れも保管も結構な負担です。


周囲からのすすめもあり、きれいな柄の、素材も上等な着物にしたのできちんと手入れし、保管しなければならないのは織りこみ済みです。


桐箪笥で保管するのがいいとはわかっていても、横長のタンスを置く場所はありません。


七五三で着る予定はありますが、黙って手放してしまおうと思うこの頃です。


15:06

次n→ 






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++