知っておきたい着物買取のコツ


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2017年09月21日(木)
【中古着物(和服)買取って、このごろは宅配】
中古着物(和服)買取って、このごろは宅配を利用するものが増えてきているらしいので、自分も結婚前に仕立てたものなどを手放そうと思います。


しつけ糸が残っている新品もあり、品物は悪くないので、誠実な業者さんを探したいと思っています。


古物商の認可が必要らしいので、先に確認してから依頼するつもりです。


たいていの着物専門の買取業者は、着物と帯だけでなく、トータルコーディネイトできる小物類、つまり帯締めや帯揚げなど買い取りを行うことが多いです。


ただ、襦袢の買取は期待しないでください。


襦袢を下着だとみるところが多く一度でも着たものは買い手がつきません。


襦袢を買い取ってもらえる例として、素材が絹など上質で、未使用の襦袢や、今では珍しいアンティーク柄の襦袢などは業者によっては買い取りの可能性があります。


査定はたいてい無料なので、出してみてはいかがですか。


思い出や思い入れの詰まった着物を高く買い取ってもらいたい気持ちがあれば、一軒の業者だけで済ませず、何軒かで査定してもらい買取価格の比較を行いましょう。


査定後のキャンセルができる業者を訪ねることをすすめます。


査定額のデータが出そろい、高いだけでなく信頼できる業者に話を持って行くために査定時に言われた様々な条件も忘れず確認して、最終的な結論を出しましょう。


着物を着ると、日本人であることを実感しますがいいものであるほど、お手入れに手間がかかります。


まず季節ごとに虫干し、和紙を入れ替え、元の通りに畳んで、桐箪笥に戻してまた保管などと手間をかけないと傷んでしまいます。


そこで、着る機会がない着物も、短すぎたり裄が合わなくなったりした着物も割り切って買取業者に引き取ってもらってはいかがでしょうか。


タンスの肥やしに日が当たることになりますし、大変なお手入れも少しは減ることでしょう。


着なくなった着物を買取に出すと、絹物は紬などの堅物も含めて案外高値がつくことがあるので、証紙などがあったら一緒に出しましょう。


ただし化学繊維やその混紡着物、ウールなどは、もともとの価格が低いせいもあって、仮に買い取るとしても安かったり、値段がつかない(引き取れない)こともあります。


リサイクルチェーン店や街の古着屋なら、引き取ってくれる可能性が高いと思います。


23:12
2017年09月20日(水)
【いまどきはネットが大変発達して】
いまどきはネットが大変発達しているため、以前は知るのに苦労した情報などもうろ覚えの記憶を頼りに検索し、入手できます。


ただ、あまりイージーすぎるのも困ります。


大事にしてきた着物を処分する際は、相手の公式サイトを見るだけではなく、できる限りクチコミを探し、そこそこ信頼できるところに絞ったあと、かならず複数社に査定してもらうようにしましょう。


複数だと競争で価格もあがりますし、良い値で売るためには、時間的余裕があれば、手間をかけたほうが良い結果が出せるはずです。


一般的に、着物買取業者では、着物の買取だけを行っているのではありません。


各種和装小物も買い取るところが多いのです。


ですから、着物と小物をまとめて買い取ってもらえば売れるものの幅が広がりますからトータルで高値をつける業者の話もよく耳にします。


着物と一緒に買った小物類で、着物同様もう使わないのであれば着物を送る際、一緒にして宅配査定が無料なら、全部送って査定してもらえばいらない小物を手放せるだけでなく、お得にもなるでしょう。


着物の保管は本当に大変ですよね。


着ない着物をとっておくよりも早めに業者に依頼し、買い取ってもらった方がみんながすっきりすると思います。


どの業者が良心的なのか、決めるのは難しいと思いますが、ネットのランキングサイトを利用して自分が納得できる買取ができそうな業者を見つけましょう。


着物の価値は保管状態や製作者などで大きく変わりますが、第一に状態が良くないと、高価買い取りを期待できません。


持っているけれど着ない着物はうちにもあって、買い取りしてくれるお店まで持って行くのも面倒で、業者はたくさんあり、どこが良心的なのか周りに着物を売った人もいなかったので結局処分に踏み切れませんでした。


店舗への持ち込みだけでなく、宅配で買い取りできるお店も増えてきているそうでサービスの内容や買取価格を調べ、うちの着物を高く買い取ってくれるところをじっくり探していきます。


大切な着物を処分するときは、元の価格を考えたら、それなりに信頼できる業者さんにお願いしないと、買い叩かれて損失を被ることがないとは言えません。


私がよく聞く買取に関するトラブルは、不当な安値での買取りが一番多いです。


また、宅配査定関係も増えました。


対面と違って「入れた・入れていない」の押し問答になりますね。


あらかじめ相手の評価をネットなどで調べ、ある程度選抜してから依頼すると安心です。


ちょっと手間ですが中身の写真を撮影しておくと良いかもしれません。


発送伝票も大切に保存しておいてください。


21:54
2017年09月19日(火)
【不要になった和服。もしリフォームするのでな】
不要になった和服。


もしリフォームするのでなければ、中古着物専門の業者さんに買い取ってもらうと良いですね。


紬や絣といった着物なら、大柄の黄八丈のような着物でも、産地・種類を問わず買取してくれます。


専門業者なので価値あるものを見落とさない点が良いのです。


紬のほかには、友禅やブランド着物なども広く取り扱っているそうです。


また、証紙のついた端切れは本体につけておくほうが高価になります。


古着を売ったことはあっても和服を売ったという人は少ないので、処分を考えているのなら、高値売却のために和服買取店の評判のチェックぐらいはしておきたいものです。


サービスが充実していて高値買取してくれそうな買取業者を見つけたら、複数のところに査定してもらい、比較します。


高値が良いのは勿論ですが、同じ査定額でも対応の良し悪しが分かるので、気持ち良く取引でき、価格面でもお得になります。


古い着物を買取業者に出すと、振袖以外の正絹の着物でもなかなか良い値段がつくことがありますから、素材不明でも査定に出してみましょう。


ただし化学繊維やその混紡着物、ウールなどは、新品でも安価で売られているため、中古買取でも良い値がつかず、最初から除外しているところもあります。


普通のリサイクル店などのほうが、買い取ってくれる率が高いと思います。


自宅で着物を保管するのは、とても気を遣います。


もう着ないと見込まれるなら折を見て着物の買取業者に査定してもらうと賢明だと思いますよ。


初めての買い取り依頼で、どの業者が良いのか決めるのに迷うときはこの分野のランキングサイトもあるので業者探しの参考にすることをすすめます。


良い状態で保管されているか、織りや染めの作者など査定されますがまず、状態がいいかどうかが高価買い取りの前提条件です。


基本的に、着物の買取価格を決定する大きな条件は、着物としての様々な価値を調べられ、さらに状態をチェックされます。


いわゆる高級ブランドの着物でも汚れがついているものや、カビの跡が見られるものはかなり価値を下げてしまうのがどの業者でも同じです。


それでも、何とかきれいに落とせるなら買い取ってもらえるチャンスはあります。


いずれにせよ、素人が安易に決めつけずに無料で査定も受けられるので、ぜひ利用してください。


19:54
2017年09月18日(月)
【着物をまとめて整理したいのだけど、アテがなくて困っ】
着物をまとめて整理したいのだけど、アテがなくて困っている人は少なくないでしょう。


ただ、いまは和服専門の買取業者さんというのが多くなって、処分も簡単になったようですよ。


たんすに眠ったままだった和服ですが、どこかで誰かが活用してくれると思うと嬉しいですね。


業者の多くは無料で査定しますし、宅配・出張・持込の方法から選べるのも良いですね。


それに、丁寧に保管していたものは意外と高値がつくかもしれません。


常々、着物を買い取りに出したいと考えていても、点数自体が多いとか、近所に店舗がなかったりすると、持参するのに苦労しますね。


そんなことを考えているときは、買取業者の訪問買取を活用してみませんか。


ネットか電話で申し込むと、依頼者宅へ業者が出張するというシステムですが、その代わり、まとまった量であることが必須で、少ないと受け付けないこともあるので、連絡するときに確認しましょう。


高かった和服を業者に引き取ってもらう際は、信頼できそうなところでないと、大損なんてことになりかねません。


よくトラブルで耳にするのは、無茶な査定額(かなり安値)が一番多く、そのほかに訪問査定で家に居座られて断れなかったなどがあります。


業者の評判を調べ、査定依頼すると良いでしょう。


それと、封入前に着物の写真を撮っておくと、良いかもしれません。


発送伝票も大切に保存しておいてください。


振袖は正装であり、着るのは重要な節目の時だと思いますが、一定の年代になれば着ることはできません。


もう着ないという決断ができれば、着なくなったら、専門の業者に買い取ってもらうのもタンスの肥やしになるよりは良いといえるでしょう。


買取価格は業者次第ですが、もともとの生地や仕立ての良さ、保管状態によって数千円から生地と仕立てが良く、良い状態で保管されていれば数万円になることもあります。


いろいろな思い出が詰まった振袖だと思いますので無料相談や査定を行っている業者も多いので、何軒かで調べ、納得できたときに手放せれば、一番いいと思います。


自分が持っている着物の中に、特に大事にしていた織り着物があって、折々の手入れも欠かさず、大事に保管していましたが、洋服しか着ない毎日ですし、その着物を着る機会は今後なさそうなのでいろいろ考えた末、処分しようと決心しました。


買取ができるかどうかネットで調べた結果、思ったよりも多くの買取業者があることを知りました。


ゴミとして捨てるのは辛いし、他の誰かに着てもらえれば大事な着物を生かせると思い、思い切って売ろうと決めました。


19:54
2017年09月17日(日)
【着物が何枚か、家のタンスの奥にも眠っていて、買い】
着物が何枚か、家のタンスの奥にも眠っていて、買い取りのお店まで持って行く手間も時間もなく、手間をかけて持ち込んでも、それに見合った買い取りをしてくれるのかなかなか人に聞くこともできなかったので結局処分に踏み切れませんでした。


最近の買取サービスは進んでいて、着物も宅配で買い取りするところが結構あると聞いています。


大手から専門的なところまでいろいろあるので、自分のニーズに合った業者を手間ひまかけて探すつもりです。


いままで知らなかったのですが、着物の買取は、宅配便を利用したサービスが増えてきているらしいので、独身時代に集めていた着物類を、手放そうと思います。


しつけ糸が残っている新品もあり、品物は悪くないので、まともな業者さんに預けたいと思っています。


中古品取扱の登録業者さんなら安心なので、それを掲げている業者さんに査定依頼する予定です。


箪笥部屋の整理をするといつも、着ない和服を整理したいと漠然と考えてはいたのですが、形見分けで思い入れもあるため、適当な処分先が見つからず放置してきました。


たまたまこの間、着物専門の買取業者をネットで見つけて驚きました。


和服を着たい人って多いんですね。


産地や生地も理解して値付けするので高値が期待できますし、和服専業の買取業者さんだと着物の価値をきちんと把握してくれるところが気に入りました。


そのうちの一社に、折をみて電話をかけてみるつもりです。


着物の価値は、素材や色柄、仕立てなどいろいろな要素で決まりますが、買取で常に価値があるのは有名な産地で生産された品です。


大島紬の他、本場黄八丈などどんな着物か、着物に関心がある方なら目に浮かぶような有名な産地の着物は古くても価値があるので高値がつく可能性は高いでしょう。


保管状態が良くないと価値が出ませんし、証紙は産地、生産者証明のために必要だということはどこの業者の買い取りでも求められます。


近頃は街中にも中古和服を扱う店が出店したりして、着物買取をする業者が増えてきているようです。


業者はネットで簡単に探せますが、一番心配なのは、買取にみせかけて、依頼者から送られてきた着物だけを騙し取るような詐欺ともいえることをしている場合もあるそうで、古物商の認可ぐらいは確認したほうが良さそうです。


18:42
2017年09月16日(土)
【サイズが合わない着物の買取先を探していたら、友達のお母】
サイズが合わない着物の買取先を探していたら、友達のお母さんが買取のコツを教えてくれました。


きれいで新しめの品物のほうが高額査定がつきやすく、色あせや虫食いなどがあると、それなりの価格になってしまうこともあり、ときには引き取ってもらえないこともあるとのこと。


まあ、仕方ないですね。


シミが出るほど着たものはないし、けっこう綺麗なのが多いので、査定依頼してみますが、はたしていくらになるでしょう。


友人の祖母が亡くなり、形見分けして着物をもらったのですが専門の業者で、こういう着物を買い取ってくれるところはないか相談を持ちかけてきました。


すれや傷みもあるということで買取を断られたらどうしようと思うので、余計悩むようです。


確かに、他の人に売れるから買い取るわけですよね。


できるだけ新品に近い、傷みのない着物を買い取るのが当たり前ですよね。


そんな話をすると、友達は業者に見せるのをもういいと思ったようです。


着物の買取を考えているとき、持ち込みも出張査定も行っているとして、何とか高く売りたいと思う方は、お店に行けるなら、ぜひ持って行ってください。


自分が満足できる査定額でなかった場合に、他のお店の査定に持って行きやすいからです。


とはいえ、持ち込みは難しい事情があるなら出張査定の料金がかからず査定後に買取を断ることも可能と明記していることを確かめてください。


着なくなって持て余しぎみの着物を片付けたいと考えながら、どこに持ち込んだらいいのか考えこんでしまって放置している人もいらっしゃるでしょう。


でしたら、着物買取のネット業者を利用すると簡単で、長年の悩みも嘘のように消えるのでおすすめです。


ネットから査定依頼すると、手数料や宅配便の送料が無料になることもあります。


思い入れのある高価な着物を売るのなら、まともな見立てのできる業者さんを選ぶことが大事なポイントです。


もう着ない着物を買い取ってほしいとき重要なポイントになると思われるのは買取価格に納得できるかどうかなのでしょうね。


果たして相場があるのか?と思うでしょうが実は、着物の買取は素材、色柄、保管状態、サイズなどの条件次第で価格は一枚一枚違うのです。


着物の価値をよくわかっている鑑定士に査定してもらうのがベストです。


査定は無料で行うのが当たり前になっているので遠慮せずに、近くのお店に電話してみましょう。


18:18
2017年09月15日(金)
【着ない着物を買い取り出すつもりでいたら、お茶仲間の】
着ない着物を買い取り出すつもりでいたら、お茶仲間の人から売却の秘訣を教えてもらいました。


古いよりは新しくて使用感のない着物のほうが高額査定がつきやすく、色あせや生地の傷みがあるときは、査定額もぐっと落ち、ときには引き取ってもらえないこともあるのだそうです。


シミは業者側がきれいにすることもあるとか。


シミが出るほど着たものはないし、けっこう綺麗なのが多いので、査定依頼してみますが、はたしていくらになるでしょう。


和服の買取業者に査定を依頼するときは、喪服は別と考えたほうが良いでしょう。


一般的には喪服の買取はそう広く行われていません。


和服の中古市場では、喪服の流通は限定されているからで、サイズのことも考えると、やむを得ないでしょう。


それでもなお、買い取ってくれる業者を探したいのであれば、あまり多くはありませんが、喪服を買い取ってくれる業者もありますので、そちらを当たってみるのも手でしょう。


一般的に質屋さんはなんでも扱うと思われがちですが、和服を取扱いのない店もありますから、持参する前にあらかじめ確認するのが無駄足にならずに済むでしょう。


また、着物買取を専門にした業者もあり、高値で買い取ってくれますから、良い着物を持っている方ほど専門店がおすすめです。


どこにあるか知らなくても、ウェブ検索で見つけられます。


手間をかけるだけの価値はあると思います。


着物を処分したい。


できれば買取を利用してお金に換えたい。


でも値がつかなかったり、すごく安い値段しかつかなかったらみっともない。


そう思うのもわかります。


着物は案外種類が多く、高く買い取ってくれるものとそうでないものがあります。


また素材の他、技法、色柄などによっても価値が決まります。


とても素人判断ができるものではありません。


ただし、もし有名作家の作品だったり、有名ブランドの着物だったりするなら、高値で売れる可能性があります。


比較的新しいブランド品は昔の品より裄丈にゆとりがあるため仕入れておけばすぐに売れるからです。


箪笥の中の古い着物の処分に悩んでしまい、それきりになっている方は少なくないと思います。


このところリサイクルブームで和服専門の買取業者が増えてきて、ネットや電話一本で査定依頼できるようです。


ずっと寝かせていた着物類ですが、誰かが袖を通すことで、新たな命が吹き込まれるのです。


無料査定のところも多く、宅配便も利用できるなど昔よりだいぶ便利になっています。


保管状態の良い着物などは結構な高額で引き取ってもらえるようです。


18:00
2017年09月14日(木)
【もしも、着物の買取を依頼する際に、持ち込みも出張査定】
もしも、着物の買取を依頼する際に、持ち込みも出張査定も行っているとして、少しでもお得なのはどちらか考えると、どんな買取でもそうですが、持ち込みの方が有利です。


もし納得いく査定額でなかったとき、出張よりは断りやすいと考えられます。


持ち込みは難しく、宅配か出張で査定してもらう場合、査定料、出張料どちらも無料で査定の結果に納得いかなければキャンセルできるとはっきり書いている業者を選びましょう。


不要になった和服などがあれば、買取専門店で買い取ってもらうのも良いですね。


流行り廃りのない紬の着物などは、大柄の黄八丈のような着物でも、産地・種類を問わず買取してくれます。


ただの古着屋さんよりは確実に高値がつきますよ。


それ以外には、友禅やブランド着物なども広く取り扱っているそうです。


一度問い合わせてみてはどうでしょう。


手持ちの着物を売りたいとき、誰もが最大の関心事は自分の着物の価値を、十分認めた値段になるのかに決まっています。


着物の買取には相場があるのか、と聞かれると、明らかな相場はありません。


ブランドや色柄、状態の良し悪し、サイズの違いなどを見られて価格は流動的と考えるべきです。


着物鑑定のプロに査定してもらうのが、一番いいでしょう。


査定は無料で行うのが当たり前になっているので買取を思い立ったら、一日でも早く連絡しましょう。


日本の伝統的な民族衣装である着物は、振袖など着物としての役割、素材、色や柄などによって様々に格付けされます。


買い取るとき、高値をつけられるものといえば織り、染めなどが有名な産地の品です。


大島紬の他、本場黄八丈など着物好きの方なら、その特長をよく知っている有名産地の品なら買い手も多いので査定でも高値を期待できます。


着物の状態が査定額を左右することはもちろん、証紙によって産地や生産者を保証しないといけないことはいろいろな品の買い取りと同じく、当たり前のことです。


着物が未使用でさえあれば、無条件で付加価値がつくとは限りません。


袖を通したことはなくても、経年劣化は多少なりともあるので状態の悪化はどうにも避けられません。


使用済か未使用かではなく、持ち込んだときの状態が一番重要なのです。


運良く未使用で、これからも着ない、そして状態も悪くない、という着物に心当たりがあれば、無料査定を受けられる業者を探してください。


17:24
2017年09月13日(水)
【売りたい着物があれば、そこで終始気にするのが】
売りたい着物があれば、そこで終始気にするのが買取価格に納得できるかどうかに決まっています。


相場がわかればと思うかもしれませんが、相場はないというべきで、素材も、仕立ても、状態も、サイズも問題になるので価格は流動的と考えるべきです。


そうした価値を理解している鑑定士に見てもらうのが一番です。


査定は無料で行うのが当たり前になっているので電話かメールで、査定の予約をとってみましょう。


先日のことですが、祖母の遺品である着物を専門の業者の査定を受け、買い取っていただきました。


私たちが何度も着るような着物はなく、誰も着ないのにとっておくのも着物の価値が目減りしていくだけだし誰かが大事に着てくれれば、祖母も喜ぶだろうということになったからです。


何軒かの業者で相談しましたが、いわゆる作家ものの着物はなく、どのお店でも全部まとめていくらと言われました。


どれも価値を認めてもらい、値段にも納得がいく買取ができました。


着物買取の案内をよく読むとわかりますが、業者では着物だけでなく和装小物も積極的に買い取っています。


買取依頼をするときに、着物と小物を合わせて査定してもらうといろいろな品を仕入れることができるので査定価格に若干上乗せしてくれるという宣伝をしているところもあります。


着物に合った帯や小物がベストですが、それ以外の小物類もこの際なので全部まとめて、着物と合わせ無料宅配査定をありがたく利用させてもらうと不要品も片付き、いくらかお金になる可能性があります。


最近は、着物を買い取り業者に宅配で送るのも普通になってきましたが、できるだけ有利に買い取ってもらうために、注意してほしいのは反物を買ったときか、仕立てたときについてくる反物の切れ端や保証書をとっておいたかどうかです。


家電やパソコンを売るときと同じでこれらは品質の保証になるものであるかないかというだけで査定には大きな影響が出ますので着物の一部と考えて送るとき、相手にわかるように入れておきましょう。


多くの方が、着物をタンスの肥やしにしているもので、買い取ってもらえるなら、捨てるよりいいかなと思う方もどこかで聞いたことがあるでしょう。


着物の種類はたくさんありますが、需要が多いのは何なのか手持ちの着物を見ながら考えてしまう方もいるでしょうが、一番高値で売れやすいのは訪問着です。


訪問着なら年齢を重ねても着ることができて、未婚でも既婚でも着られる場面が多いからです。


訪問着で、手放してもいいものがある方は、査定は無料の業者が多いですよ。


16:18
2017年09月12日(火)
【不要な着物を買い取ってくれる業者があ】
不要な着物を買い取ってくれる業者があると聞き、どんな流れで買取を進めるのか、業者のホームページで調べたのですが、最近は他の買取サービスと同様、システムが確立されていて自宅で出張査定を行う業者や指定の箱に入れて宅配で送り、無料で査定してくれる業者も選べるくらいありました。


私にとって一番良い方法は何かと思いましたが持ち込みができないほど大量でもなく近所に専門店があることがわかったので、直接持ちこんで買取を一気に終えられるようにしたいと思います。


着物をまとめて整理したいのだけど、アテがなくて困っている人は少なくないでしょう。


ただ、このところリサイクルブームで和服専門の買取業者が増えてきて、ネットや電話一本で査定依頼できるようです。


たんすに眠ったままだった和服ですが、再び人の目に触れ、喜ばれるのは嬉しいものです。


査定料や相談料が無料の業者さんも多く、数が多くても宅配便を利用したり、訪問査定も依頼できます。


それに、丁寧に保管していたものは意外と良いお値段になることもあるようです。


私の家では建て替えが決まり、昔からしまいこんでいたものを整理していますが、覚えのない反物に出会いました。


丁寧にしまわれていたため目立った傷みもなくきれいなままで残っています。


ネットで着物買取業者のサイトを調べてみると、反物も着物と同じ扱いで買い取ってもらえるそうです。


この反物がわが家にあっても仕立てることはないので、買取してもらうと片付けにもなり、換金もできて嬉しい限りです。


和服を売却する機会はそうそうないでしょう。


処分する際には、安値で買い叩かれないためにも和服買取店の評判のチェックぐらいはしておきたいものです。


買取実績もあって評判も悪くないお店をいくつか選んで、少なくとも2社以上に見てもらい、査定額を比べると目安になると思います。


仮に査定額が同じなら、査定内容や対応がしっかりした業者を選べば、満足のいく結果も出やすいと思います。


一般的に高価な和服。


買取業者で処分する際も、誠実な買取業者を選ばなければ、相場より低い価格で、損をしてしまうこともあります。


よく聞くトラブルというと、安値買取のゴリ押しでしょう。


それと、宅配査定で断ったけれどなかなか返してもらえないなどですね。


事前に業者のクチコミなどの情報収集をし、依頼するようにしましょう。


それと、封入前に着物の写真を撮っておくと、後々役に立つかもしれません。


16:12

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++