知っておきたい着物買取のコツ


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2018年06月22日(金)
【いなかで家が広いせいか、着なくなった和服】
いなかで家が広いせいか、着なくなった和服や小物類が我が家にはたくさん残っていました。


中には保存状態があまり良くないものも混じっていましたが、査定士さんはきちんと見た上で買い取ってくれました。


聞いた話では、今時の中古着物は、多少のシミがあっても会社お抱えの染み抜き専門家が対応するそうで、買い取ることが増えているのだそうです。


ただ、シミがあれば買取額には響きます。


量的に無理でなければ、着物の買取は、店舗に直接持参するのが一番分かりやすい方法でしょう。


第一、持ち込むのなら、業者の提示額と自分の希望に差があっても、気楽に断れます。


直接会って話すわけですから、個々の査定額やその理由もわかり、交渉もしやすいです。


しかし量が多くて持ち込むのが難しい際は、少量をお店に持ち込んで査定してもらって、見込みのありそうなお店に出張で査定を依頼するというのも手です。


誰もがネットに接続できるようになった最近では、稀少な情報や今までわからなかったようなことでも、いとも簡単に入手できるようになりました。


でも、情報を精査するのは人間です。


大事にしてきた着物を処分する際は、業者のHPのほかに掲示板などの評価も参考にし、ある程度の良し悪しを見極めてから、最低でも2社以上の業者に査定を依頼すると良いでしょう。


複数だと競争で価格もあがりますし、良い値で売るためには、手間や時間がかかることは仕方ないです。


和服は高価だし思い入れもあるもの。


処分するときにも、信頼できそうなところでないと、大損なんてことになりかねません。


よく聞くトラブルというと、相場を無視した安値とか、宅配査定関係も増えました。


対面と違って「入れた・入れていない」の押し問答になりますね。


業者の評判を調べ、ここはと思うところに依頼しましょう。


それから、発送する前に写真に撮っておくのも双方の思い違いも解消できるので、安心です。


たいていの着物専門の買取業者は、着物と帯だけでなく、着物に付随した小物、たとえば帯締めや帯揚げなど買い取りを行うことが多いです。


それでも、襦袢の買取は難しいと思ってください。


これは下着と考えられるため一度でも着たものは買い手がつきません。


付加価値があって、買い取ってもらえるとすれば素材が絹で、未使用のものや、昔風の珍しい柄行のものであればうまく交渉すれば買い取ってくれるかもしれません。


査定はたいてい無料なので、出してみてはいかがですか。


14:30
2018年06月21日(木)
【いままで知らなかったのですが、着】
いままで知らなかったのですが、着物の買取は、最近では宅配便で対応してくれる業者が多いようなので、形見にもらって着ない(小さい)着物を引き取ってもらおうと考えています。


しつけ糸が残っている新品もあり、品物は悪くないので、できるだけ信頼できる業者さんにお願いしたいですね。


古物商の認可が必要らしいので、それを掲げている業者さんに問い合わせしてみようと思います。


最近は手軽にネットにアクセスできるようになり、かつてはわからなかったような情報もたやすく知ることができ、便利になりました。


しかし、何にでも言えることかもしれませんが、金銭対価が生じる着物買取などは、相手の公式サイトを見るだけではなく、できる限りクチコミを探し、そこそこ信頼できるところに絞ったあと、複数の会社の査定を受けるようにしましょう。


単独査定だと高いか安いかわかりませんし、手間や時間がかかることは仕方ないです。


着物の価値を決める要因は、素材、色柄、仕立て、振袖や訪問着などの種類と、実に多様です。


買い取るとき、高値をつけられるものといえば高級品に格付けされる産地の品です。


代表的なのは大島紬、本場黄八丈ですが、昔から着物好きな方に愛されてきた有名ブランドなら欲しい方が多いので査定額も平均して高いようです。


着物の状態が査定額を左右することはもちろん、証紙は産地、生産者証明のために必要だということはどの着物でも変わりません。


たいていの着物専門の買取業者は、着物と帯だけでなく、着物に付随した小物、たとえば帯締めや帯揚げなど買い取りもできるので、聞いてみましょう。


セットと言っても、襦袢は例外のようです。


襦袢は下着の位置づけなので着用されたものは誰も買わないためです。


襦袢を買い取ってもらえる例として、素材が絹で、未使用のものや、昔風の珍しい柄行のものであれば業者によっては買い取りの可能性があります。


他の着物や帯と一緒に、査定してもらいましょう。


本格的な振袖を着るのは成人式が初めてだと思いますが、どうしても思い出や思い入れを背負っているもので、売るなんて考えられないという人も聞けば相当多いのですが、振袖を着る時期を過ぎても、保管しておく手間を考えたら、売ってお金に換えた方が思い出を清算できると思います。


保管状態によりますが、生地や色柄が良ければそれなりの評価が期待できます。


今の自分に、役立つものを買えるはずです。


13:54
2018年06月20日(水)
【たとえ未使用の着物で、傷みがなくても、無条件で高値】
たとえ未使用の着物で、傷みがなくても、無条件で高値がつくと思うのは間違いです。


未使用の着物であっても保管している間に経年劣化して、糸が弱くなるなど、状態が悪くなることもあります。


未使用かどうかは必ずしも関係なく、査定時の状態が買取金額を決めるのです。


保管状態が良く、未使用でもう着ないという着物をお持ちの方、一日でも早く買取業者に見せましょう。


最近は、着物を買い取り業者に宅配で送るのも普通になってきましたが、気を付けた方がいいことは、反物を買ったときか、仕立てたときについてくる切れ端や保証書を保管しておいたか、確かめることです。


家電などの買取経験があればおわかりの通り、これらは産地や製作者の証明になるので、高級品ほどあるのが当然となりものの価値は相当違ってきますから、一部でもとってあれば着物に添えて送ることが、有利な買取には欠かせません。


不要な着物を処分した結果、思いの外いい値段で売れるかもしれません。


確定申告は必要なのか、気になるところです。


基本的には和服も衣類で、生活必需品とされ買い取りも課税対象ではないのですが、高級品で、美術工芸品とみなされる場合は課税対象になり得るのでこれならこう、と断言できないことが多いのです。


不安を解消してすっきりしたいなら、確定申告の必要があるかどうかを知るために、申告時期の前に、直接税務署に相談した方がいいと思います。


着物の価値を評価してもらうためにその着物や反物の証紙があると、とても有利です。


証紙の説明をすると、織り元や織物工業組合などが一定の基準を満たした製品であることを明確に示している独自の登録商標を指します。


買ったときに証紙を捨てる方だの所在不明という方も実際にいますがあれば高値がつくのではなく、ないと価値が下がって損をすると考えて、なんとか探し出してください。


着物を処分したい。


できれば買取を利用してお金に換えたい。


でも自分が持っている着物が、いくらで売れるのかわからなくて不安。


という声をよく聞きます。


着物は案外種類が多く、高く買い取ってくれるものとそうでないものがあります。


また素材の他、技法、色柄などによっても価値が決まります。


素人が買取価格を予想するのは無理です。


けれども、有名作家の作品や、誰でも知っているブランドの着物ならば、査定で思わぬ高値をつけられるかもしれません。


現代の有名作家の作品なら、昔の着物に比べると裄丈が長く、大柄な人でも着られるので高値で転売できる可能性があるからです。


13:06
2018年06月19日(火)
【着物の管理は、忙しい人にはかなりの負担なので】
着物の管理は、忙しい人にはかなりの負担なので着ないとわかっている着物は、一日でも早く着物の買取業者に見てもらう方が賢明だと思いますよ。


余計な負担がなく、高値で買い取ってくれる業者はどこか判断が難しいときはネットのランキングサイトを利用してランクや口コミなどで絞り込んでいくといいでしょう。


保管状態がいいかどうか、製作者は誰かなどいろいろな観点から査定されますが状態がいいことは、その他の価値に優先します。


仕立ができる祖母がいたせいか、古い着物や袖を通したことのない着物が、我が家にはたくさん残っていました。


色の薄いものにはシミが浮いたり、いまいちな品もありましたが、そんな着物でも値段はつきました。


聞いた話では、今時の中古着物は、昔なら断っていたようなシミでも、業者さんのほうでシミ抜きするので、問題視しないで買い取るそうです。


もちろん、買取価格はそれなりになってしまいます。


着物を業者に宅配で送って、買い取りしてもらうときできるだけ有利に買い取ってもらうために、注意してほしいのはある程度以上の品質の着物には、必ずついてくる反物の切れ端や保証書をとっておいたかどうかです。


家電、パソコン、ゲーム機などの買取でも同じです。


生産地や製作者を保証するためにこのようなものがあり、それがブランド品であればなおさら、あるかないかで査定結果が明らかに違ってきます。


残っている限りのものを必ず一緒に送りましょう。


それも着物の価値の一部です。


近頃ネットを見ていると、着物買取業者のWEB広告を目にする機会が増えました。


箪笥の肥やし状態で放っておくと、文化財のように保管でもしない限り、染料そのものの劣化もあって着物そのものの価値が落ちます。


品質が良い着物は、新しいほど専門店ならではの高額査定がつくこともあるので、思い立ったが吉日で早めに査定を受け、買取してもらうと良いですね。


和服の買取というと、宅配便を利用したサービスが多いらしいので、私も貰い物の着物類を引き取ってもらおうと考えています。


高級品や袖を通していないものもあるので、できるだけ信頼できる業者さんにお願いしたいですね。


古着売買には古物商の届出が要るため、とりあえずそれを確認してから電話で問い合わせし、良さそうなところに依頼するつもりです。


13:00
2018年06月18日(月)
【常々、着物を買い取りに出したい】
常々、着物を買い取りに出したいと考えていても、着物や帯の点数が多かったり、お店が近所になかったりすると、持っていくのに一苦労です。


そんなときこそ、自宅への出張買取を頼むと良いでしょう。


ネットか電話で申し込むと、依頼者宅へ業者が出張するというシステムですが、ただ、業者基準の量に満たないときは、来てもらえないこともあるので、事前に電話で相談しましょう。


いわゆる着物の買取価格はいろいろな要因で決まります。


着物自体がどんな素材か、人気の色柄か、仕立てはいいかを見られます。


そして保管状態が良いかも、厳しく問われます。


ブランドものの、仕立ての良い着物だったとしても、保管が悪く、汚れがあったりカビが生えたりしていればほとんど値がつかないというのが仕方ないと思ってください。


ただ、染み抜きなどで完全に落とせるものなら買取できるかもしれません。


いずれにせよ、素人が安易に決めつけずにとにかくプロに見てもらわないと、最終的な価値はわかりません。


いよいよ手放すことになった着物を高く買い取ってもらいたい気持ちがあれば、一軒の業者だけで済ませず、何軒かで査定してもらい買取価格の比較を行いましょう。


そのためにも、査定後にキャンセルが可能な業者を訪ねることをすすめます。


データが揃った後で、金額も対応も信頼できる、良い業者と話を進めていくために査定時に言われた様々な条件も忘れず確認して、最終的な結論を出しましょう。


普通、着物を売る機会って殆どないですよね。


もし処分するなら、安値で買い叩かれないためにも和服買取店の評判のチェックぐらいはしておきたいものです。


たとえば送料や手数料が無料で使い勝手が良い業者というのをリストアップして、その中から2社以上に査定させ、額や評価を比べると目安になると思います。


高値が良いのは勿論ですが、同じ査定額でも対応の良し悪しが分かるので、気持ち良く取引でき、価格面でもお得になります。


要らなくなった和服を整理する際、絹物は紬などの堅物も含めて案外高値がつくことがありますから、素材不明でも査定に出してみましょう。


しかし、正絹でない合繊や化繊(ニューシルク含む)、ウールや麻の着物は、もともとの価格が低いせいもあって、専門店では安値になってしまうか、引き取れないと言われることもあるようです。


リサイクルチェーン店や街の古着屋なら、買い取ってくれる率が高いと思います。


こればかりは仕方ありませんね。


11:06
2018年06月17日(日)
【いざ着物の買取をしてもらおう】
いざ着物の買取をしてもらおうと思っても、着物や帯の点数が多かったり、わざわざ遠くの店舗まで行かなければいけないときは、持ち込むだけで疲れてしまいますね。


そんなときこそ、出張買取サービスを利用してはいかがでしょう。


電話すれば業者が自宅に来てくれます。


ただ、量がある程度ないと来てもらえないこともあるので、先に電話で確かめておくと安心でしょう。


古着を売ったことはあっても和服を売ったという人は少ないので、もし売却を考えているなら、安値で買い叩かれないためにも中古着物買取業者のクチコミぐらいはチェックしておきましょう。


買取実績もあって評判も悪くない和服専門業者を見つけ出し、複数のところに査定してもらい、比べてみるのをおすすめします。


買取額が高く誠実な業者のほうを利用すれば、損することなく良い売却結果につながると思います。


質屋さんでは昔は和服を扱っていましたが、現在は行わないところも少なくないですから、持ち込む前に電話やメールなどで確認したほうが良いですね。


もし高く買い取ってほしければ、中古着物専門業者に依頼したほうが、細かな査定をしてもらえるので高い査定額になりやすく、元が高価な着物でしたら尚更、良い結果が出ると思います。


近所に心当たりがないときは、ネットで探せますし、宅配や訪問査定もできますよ。


箪笥の肥やしになっている和服を整理しようとしても、どこに持ち込んだらいいのかお困りの方も少なからずいらっしゃるでしょう。


それならネットの和服買取業者を利用すると一気に悩みが解消できると思います。


ネットで査定・買取依頼をすると、手数料や宅配便の送料が無料になることもあります。


同じ着物は二つとないのですから、高価な着物を預けるなら、ちゃんとしたプロのいるお店に依頼することがコツです。


着る人がいない着物を処分する際は、絹物の友禅や紬などは意外な高額査定になることもあり、箪笥の肥やしどころか業界ではお宝と言われています。


ただ、化繊やひところ流行ったウール小紋などは、新品でも安価で売られているため、中古買取でも良い値がつかず、最初から除外しているところもあります。


普通のリサイクル店などのほうが、引き取ってくれる可能性が高いでしょう。


09:06
2018年06月16日(土)
【着ない着物が何枚かあったので、買い取ってく】
着ない着物が何枚かあったので、買い取ってくれる業者があると知りネットで案内している業者をいくつかあたってみましたが、買取の流れは初めての人にもわかりやすく、自宅で出張査定を行う業者や指定の箱に入れて宅配で送り、無料で査定してくれる業者も結構あるのですね。


自分に合った買取方法を調べると、買取に出す枚数を考えると近くのお店に車で持って行き、その場で買取が終われば一番楽だと考えています。


着物買取の業者さんはみんな似ているような気がしますが、「スピード買い取り.jp」は大手で、資金力も潤沢ですし、ユーザー満足度が高い点が評価できると思います。


相談はフリーダイヤルで料金がかかりませんし、オペレーターが365日(24H)応対してくれるので、自分の時間に合わせて問い合わせできるのがありがたいです。


携帯やスマホにも対応しているので外からでも大丈夫です。


「スピード買取.jp」の名前の由来である超速の出張査定や、郵送・持込査定は原則無料で、評判が高いだけあって使いやすさは抜群です。


成人式に着た振袖は、皆さんその前後の思い出だの、思い入れだのあるようで、いつまでもとっておきたい人も案外いるようですが、振袖を着る時期を過ぎても、保管しておく手間を考えたら、専門の業者に買い取ってもらえばいろいろな問題が片付くでしょう。


上質の生地で、色や柄も品のいいものなら査定結果も期待通りになるでしょう。


自分磨きに使うも良し、今後のために貯金してもいいのではないでしょうか。


要らなくなったり着れなくなった着物を処分するなら、買取専門店で買い取ってもらうのも良いですね。


振袖や訪問着以外にも、紬の着物だって、結城や牛首のような品でなくても、種類を問わず買い入れてくれます。


専門業者なので価値あるものを見落とさない点が良いのです。


紬は男性物でも良いですし、友禅や状態の良い夏の絽や紗なども幅広く扱う業者が多いです。


何が売れるか、問い合わせしてみてはいかがでしょうか。


近頃はインターネットが普及したことにより、普通の人が普段触れないような情報まで、思いつくままに検索することができます。


ただ、どんなことにも言えますが、金銭対価が生じる着物買取などは、相手の公式サイトを見るだけではなく、できる限りクチコミを探し、そこそこ信頼できるところに絞ったあと、最低でも2社以上の業者に査定を依頼すると良いでしょう。


大切な着物ですから安い取引をしないためには、時間的余裕があれば、手間をかけたほうが良い結果が出せるはずです。


07:36
2018年06月15日(金)
【自分でも忘れているくらい、着物は結構】
自分でも忘れているくらい、着物は結構持っているもので着物を買い取ってもらえないかなと思う方も案外身近にいるものです。


着物を売ろうと考えているが、どれが高く売れるのか疑問に感じる方が多いでしょうがずばり、訪問着が一番高く売れます。


訪問着なら年齢を重ねても着ることができて、未婚でも既婚でも着られる場面が多いからです。


訪問着で、手放してもいいものがある方は、無料で査定してくれる業者に、お願いしてみてはいかがですか。


着物が何枚か、家のタンスの奥にも眠っていて、かさばるし、案外重いのでお店に運ぶのも億劫でどのお店で、着物をより高く買い取ってくれるのか自分で調べる余裕もなく結局処分に踏み切れませんでした。


近頃は着物買取業者も競争が激しいのか、宅配で買い取りするお店も増えてきているそうでいいお店をランキングサイトで調べ、できるだけ多くの人が高く評価するところを何とか見つけたいと思っています。


古い和服を処分すると言ったら、友達が売却の流れについてネットで調べてくれました。


古いよりは新しくて使用感のない着物のほうが高値になり、刺繍のほつれや生地の傷みがあると、査定価格から差し引かれ、買取を拒否される場合もあるようでした。


きちんと保管してあるし、捨てるのももったいないので、査定依頼してみますが、はたしていくらになるでしょう。


伝統的な衣装である着物には洋服にはない良さがありますがいいものであるほど、お手入れに手間がかかります。


まず季節ごとに虫干し、和紙を入れ替え、元の通りに畳んで、桐箪笥に戻してまた保管などと手間をかけないと傷んでしまいます。


そこで、着る機会がない着物も、短すぎたり裄が合わなくなったりした着物も思い切って買い取りしてもらいませんか。


着物も再び着てもらい、見てもらうことができますし、枚数が減れば、お手入れの手間も減ります。


着ることがなくなった着物は思い切って、和服専門の買取業者に買い取りを依頼してみませんか。


紬や絣といった着物なら、置賜紬のように全国的にはあまり名が知られていないものでも、どんな種類でも買い取ってくれるようです。


リサイクル店より見る目があるので、相応の価格がつくのが嬉しいですね。


紬だけでなく、友禅、江戸小紋なども幅広く扱う業者が多いです。


自分の着物が買取対象なのかどうか、確認してみるのも良いかもしれません。


07:36
2018年06月14日(木)
【多くの方が、着物をタンスの肥やしにしてい】
多くの方が、着物をタンスの肥やしにしているもので、買い取ってもらえるなら、捨てるよりいいかなと思う方もどこかで聞いたことがあるでしょう。


着物の種類はたくさんありますが、需要が多いのは何なのか手持ちの着物を見ながら考えてしまう方もいるでしょうが、一番高値で売れやすいのは訪問着です。


幅広い年齢層からの需要があるのは訪問着で、未婚、既婚を問わず、幅広い場面で着られるからです。


訪問着を買い取ってもらおうかとお考えの方、査定は無料の業者が多いですよ。


着物買取業者はトータルで売ることを考えているので、着物のみならず、和装小物も売るように勧められると思います。


そのことを考えれば、小物まで合わせて買い取ってもらうことでトータルコーディネイトもできるので査定価格を高目におまけしてくれるといった裏技があります。


帯だけでなく、帯締め、帯揚げ、扇子、かんざしや櫛など、不要なものがあればこの際なので全部まとめて、着物と合わせ無料宅配査定のサービスを利用すればいらない小物を手放せるだけでなく、お得にもなるでしょう。


普通の人が和服を買い取ってもらうことはあまりないと思うので、具体的に処分を考えたら、高値で買い取ってもらうために着物買取業者の評価をチェックしておいたほうが良いでしょう。


電話相談できたり買取実績が多くて評判も悪くないお店をいくつか選んで、1社でなくせめて2社くらいに査定させ、その額を比較します。


買取額が高く誠実な業者のほうを利用すれば、損することなく良い売却結果につながると思います。


わが家もとうとう建て替えることになり、昔からしまいこんでいたものを整理していますが、覚えのない反物に出会いました。


手入れはされていませんでしたが、しまっていた場所が良く素人目に傷みは見られずおそらく買ったときのままです。


ネットで着物買取業者のサイトを調べてみると、反物の買取も、着物と同様に行っているそうです。


仕立てないで置いておくのももったいないので買い取ってもらい、他の方に売った方が賢明でしょう。


もしも、着物の買取を依頼する際に、お店に持ち込むのと、出張査定を頼むのとではどちらを選んだ方がいいかといえば、お店に行けるなら、ぜひ持って行ってください。


思ったよりも安い査定額だった場合、その場で買取を決めず、他のところに持ち込むこともできるからです。


いろいろな事情で出張査定しかない場合、どこでも無料で出張査定してくれ、査定後に買取を断ることも可能と明記していることを確かめてください。


07:24
2018年06月13日(水)
【着物買取専門と言っても、着物と帯にとどまらずそれに】
着物買取専門と言っても、着物と帯にとどまらずそれに合った小物類、帯締めや帯揚げなども買い取りもできるので、聞いてみましょう。


ただし、襦袢は買い取らないケースがほとんどです。


肌着とは言えませんが、下着に分類されるため着用されたものは誰も買わないためです。


しかし、全く買い取らないわけでもなく、素材が絹で、未使用のものや、昔風の珍しい柄行のものであれば需要はあるかもしれず、買い取りできるかもしれません。


他の着物や帯と一緒に、査定してもらいましょう。


古着ブームでリユース品に慣れた人が増えたせいか、着物の買取を行う業者が増加する傾向にあります。


ネットさえあれば買取業者はたくさん見つけられますが、もっとも気をつけるべきなのは、本当は営業実態がなくて、不当な安値で叩いたり、着物だけを騙し取るといった詐欺まがいの営業を行ってトラブルになっている業者もあるということで、評判の確認だけはしておくべきでしょう。


中古着物の買取業者によるトラブルが増えていますから、利用しようと思っている人は、注意してください。


私が最近聞いた例では、着物の買取を前提とした訪問見積りを頼んだのに、いきなり連絡もなく家に来て、着物には目もくれず宝石や高級時計などを不当な安値で買おうとしたこともあるようです。


チラシの連絡先が携帯番号になっている業者などは、注意したほうが良いでしょう。


古物商の届出が出ている業者は、商売に支障をきたすような違法行為はしないはずです。


着物を買い取ってもらおうと思い立って、ネットで業者のサイトをのぞいてみましたが、最近は他の買取サービスと同様、システムが確立されていてその場で梱包してくれる業者、宅配用の箱を無料で送ってくれる業者も結構あるのですね。


自分の場合を考えると買取に出す枚数を考えると車で行ける距離にお店があるので、持って行ってその場で買取が終われば一番楽だと考えています。


着物の価値を決める要因は、素材、色柄、仕立て、振袖や訪問着などの種類と、実に多様です。


買取で常に価値があるのは高級品に格付けされる産地の品です。


大島紬や本場黄八丈に代表される、昔から着物好きな方に愛されてきた有名ブランドであればファンが多いので、高く買い取ってもらえることが多いようです。


査定時の状態は良くないといけませんし、証紙によって産地や生産者を保証しないといけないことはどこの業者の買い取りでも求められます。


07:12

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++