知っておきたい着物買取のコツ


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2020年10月21日(水)
【このごろ、着物専門のリサイクル業者の宣伝を多く目にし】
このごろ、着物専門のリサイクル業者の宣伝を多く目にします。


着る機会もなく眠らせたままでいると、文化財のように保管でもしない限り、劣化は避けられないので着物本来の値打ちが下がってしまいます。


品質が良い着物は、新しいほど高額査定になる場合もありますから、思い切って早めに買取してもらうと良いですね。


要らなくなった和服を買取に出すとき、一番気になるのは買取価格でしょう。


ざっくりでいいから相場を知りたいと思う人も多いはず。


ただ、業者サイトの買取り例を見てもわかる通り、着物というのは状態、古さ、素材や種類といった要素で価格が変わるので、例を挙げるのが困難な商品です。


たとえば種類や状態が同等の訪問着があれば、サイズが大きいもの(直せるもの)のほうが高くなるでしょう。


和服専門の査定士がいるお店に査定してもらえば、納得の価格が出やすいと思います。


着物の保管は本当に大変ですよね。


着ないとわかっている着物は、手放すことを考え、専門の業者に見てもらった方が賢明だと思いますよ。


どの業者が良心的なのか、身近に経験者がいないときにはランキングサイトを上手に活用し、業者探しの参考にすることをすすめます。


着物の価値は保管状態や製作者などで大きく変わりますが、高価買い取りのためには、まず状態が良くないといけません。


箪笥の肥やしになっている古い着物。


どうにか処分したいとは思うのですが、形見の品でもあるしと思うと、滅多なところへは出せないと思い、今まで来てしまいました。


ただ、雑誌で和服買取業者があるのを知り、調べてみたらたくさんあって、びっくりしました。


買取実例を見ると結構高額で、和服専業の買取業者さんだと大事にしていた着物の処分も安心して頼めると思いました。


天気の良い日に風入れがてら整理して、頼んでみるつもりです。


もう着ない着物も、買取で高値がつけば本当にラッキーだと思います。


保管状態が良く、傷みがなければ高価買い取りの可能性がぐっと高まります。


付加価値として柄、素材、仕立てなど特長があれば高価買い取りも夢ではありません。


さらに、仕立てる前の反物だけでも多くは着物と同じ扱いで買取可能です。


反物一本だけでも、査定が無料なら、気軽に受けてみましょう。


03:06
2020年10月20日(火)
【着物はトータルコーディネイトするものなので、】
着物はトータルコーディネイトするものなので、着物、帯はもちろん帯締めに帯揚げといった小物も買い取りもできるので、聞いてみましょう。


セットと言っても、襦袢は例外のようです。


襦袢を下着だとみるところが多く未使用ならともかく、着用済みでは値がつかないのです。


しかし、全く買い取らないわけでもなく、素材が絹で、未使用のものや、昔風の珍しい柄行のものであれば業者によっては買い取りの可能性があります。


遠慮せず、一度査定してもらうと良いですね。


祖母の遺品を整理し、形見分けを進めているところ、形見分けできない着物は相当の枚数でした。


買い取りしてもらうことに決まり、いろいろ調べてみると電話もしくはメール一本で自宅まで取りに来てくれるところも何軒かあると知りました。


着物はどれも重いし、かさばるので一人でお店に持ち込むのは絶対無理、と泣きそうになっていたので、こういうサービスが欲しかったと思いました。


着物買取の業者さんはみんな似ているような気がしますが、テレビCMでもおなじみの「スピード買取.jp」は、ユーザー満足度が高い点が評価できると思います。


査定や売買に関する相談は無料ですし、年中無休で受け付けているので、思いついたときにすぐ相談できるんです。


携帯やスマホにも対応しているので外からでも大丈夫です。


無料訪問査定以外にも、宅配や持込に対応しており、初めてでも安心して利用できますね。


着物買取の案内をよく読むとわかりますが、業者では着物だけでなく各種和装小物も買い取るところが多いのです。


そのことを考えれば、小物まで合わせて買い取ってもらうことでいろいろな品を仕入れることができるので査定価格を高目におまけしてくれるという業者の話もうなずけます。


帯だけでなく、帯締め、帯揚げ、扇子、かんざしや櫛など、不要なものがあれば思い切ってまとめ、着物と合わせて宅配便にし、査定してもらうといらない小物を手放せるだけでなく、お得にもなるでしょう。


もう着ない着物を買い取ってもらうことを考え、業者のウェブページで買取のシステムを調べてみました。


本や洋服を売るときと同じ流れのようで、自宅など指定した場所まで取りに来る業者や着物に合った箱を送ってくれ、宅配で送ると無料査定までしてくれる業者も複数あるようです。


自分に合った買取方法を調べると、持ち込むのも負担ではない枚数なので近所に専門店があることがわかったので、直接持ちこんでその場で査定から換金まで済ませたいと思います。


02:54
2020年10月19日(月)
【箪笥の肥やしになっている和服を整理し】
箪笥の肥やしになっている和服を整理しようとしても、どこに頼んだら良いのか考えこんでしまって放置している人もいらっしゃるでしょう。


最近増えた、宅配便を利用した着物買取を利用すると手軽で良いと思います。


ネットで査定・買取依頼をすると、着物を送るときの宅配便代や手数料がタダになるところもあるようです。


同じ着物は二つとないのですから、高価な着物を預けるなら、きちんとした査定士がいるところを選ぶのが大事です。


古着同然の価値では困りますからね。


着物買取の業者さんはみんな似ているような気がしますが、ネット専業の『スピード買取.jp』は、実際に利用した人の満足度が高いことで知られています。


無料の電話相談は、24時間・年中無休で受け付けているので、忙しくても手があいたときに問い合わせできるのがありがたいです。


携帯やスマホにも対応しているので外からでも大丈夫です。


査定は無料で、持込・出張・宅配便の3種類から選べるので、初めてでも安心して利用できますね。


普通の人が和服を買い取ってもらうことはあまりないと思うので、処分する際には、価値相応の価格で買い取ってもらうためにネットで買取業者の評判チェックは怠らないようにしましょう。


買取実績もあって評判も悪くない買取業者を見つけたら、1社でなくせめて2社くらいに査定させ、その額を比べてみるのをおすすめします。


高値が良いのは勿論ですが、同じ査定額でも対応の良し悪しが分かるので、損することなく良い売却結果につながると思います。


サイズや色が合わなくなって着なくなった着物。


その整理に困って、そのままという人も多いでしょう。


最近は専門の買取業者さんというのが増えているようですから、活用してみるのも良いでしょう。


大事に保管してきた着物でも、着る人がいてこそ活きてくるとは思いませんか。


無料査定のところも多く、数が多くても宅配便を利用したり、訪問査定も依頼できます。


それに、丁寧に保管していたものは意外と高値になることもあります。


私が着物を買い取ってくれる店を探していると言ったら、お茶仲間の人から売却の秘訣を教えてもらいました。


やはり古いものより新しくて状態が良い着物のほうが価格は高くなるらしく、汚れや傷みがあると、査定価格から差し引かれ、買取を拒否される場合もあるそうで、だいたい私が思っていた通りでした。


値段がつかないというものはさすがになさそうだし、査定依頼してみますが、はたしていくらになるでしょう。


02:00
2020年10月18日(日)
【不要になった和服などがあれば、中古着物専門の業者さん】
不要になった和服などがあれば、中古着物専門の業者さんに買い取ってもらうと良いですね。


紬や絣といった着物なら、郡上紬や久米島といった通好みの品も、きちんと査定して買い取ってくれます。


専門業者なので価値あるものを見落とさない点が良いのです。


紬は男性物でも良いですし、作家物や一般の友禅染の着物なども扱っているようです。


何が売れるか、問い合わせしてみてはいかがでしょうか。


祖母の遺品を整理し、形見分けを進めているところ、着物や帯、小物を合わせると結構な量なので処分に困りました。


専門の業者に引き取ってもらおうと、何軒かあたってみたのですが電話でのやりとりだけで無料で買取用の車を出すところも何軒もあってびっくりしました。


着物に帯、小物を合わせるとかなり重く、これをお店にどうやって運んだらいいのか、と困り果てていたところで、それも感謝しなければなりません。


伝統的な衣装である着物には洋服にはない良さがありますが保管だけでも、思いの外大変ですよね。


虫干しは定期的に行い、和紙を挟んで元通りに畳み、桐箪笥に戻してまた保管などと時間も体力も使います。


そこで提案ですが、もしも着ない着物やサイズが合わない着物があれば割り切って買取業者に引き取ってもらってはいかがでしょうか。


次に着てくれる人がいるでしょうし、お手入れの負担も少し軽くなります。


着る人がいない着物や、親戚の誰々の着物とかいうのが、実家にはたくさんあります。


中には保存状態があまり良くないものも混じっていましたが、業者さんは納得の上で買取してくれました。


いまどきの買取は、正体のわかっているシミ程度なら店側で専門の人が染み抜きをするのだそうで、買い取るパターンのほうが多いそうです。


ただ、査定額はそれなりです。


でも自分でシミ抜きする手間を考えたら気楽ですね。


着物の買取を検討している方にとって切実な問題は、どの業者に持ち込むといいかと考えてどうすれば良い業者を探せるのか、見当がつかないことです。


今は、ネットで全国の業者を探すことができ、宅配で買い取ってもらえるので迷うのが当然だと思います。


多くの古着屋で着物の買取も行っていますが、価値があると思う着物なら、着物の専門店に持って行く方がいいでしょう。


専門店だからこそ、着物の知識、経験が十分な鑑定人に相談できるので価値を十分に評価してもらえるでしょう。


01:00
2020年10月17日(土)
【着物はトータルコーディネイトす】
着物はトータルコーディネイトするものなので、着物、帯はもちろんトータルコーディネイトできる小物類、つまり帯締めや帯揚げなど買い取りもできるので、聞いてみましょう。


それでも、襦袢の買取は難しいと思ってください。


これは下着と考えられるため未使用ならともかく、着用済みでは値がつかないのです。


それでも買い取る可能性があるのは素材が絹で、未使用のものや、昔風の珍しい柄行のものであれば需要はあるかもしれず、買い取りできるかもしれません。


まずは査定にかけることをすすめます。


伝統的な衣装である着物には洋服にはない良さがありますがいいものであるほど、お手入れに手間がかかります。


一斉に虫干しをして和紙を挟んでから形通りに畳み、桐箪笥での保管も必要と、念を入れた手入れが必要です。


もし手持ちの着物で、着る機会がないもの、サイズが合わなくなったものがあれば業者に買い取ってもらうという手があります。


眠っていた着物も、新しい持ち主のところに行けますし、枚数が減れば、お手入れの手間も減ります。


もしも、着物の買取を依頼する際に、お店に持ち込むのと、出張査定を頼むのとでは何とか高く売りたいと思う方は、車の買取と同じで、お店で査定してもらった方が良いです。


この査定額では納得できないという場合、出張よりは断りやすいと考えられます。


お店までの足がない、量が多いなどで持ち込みできないなら出張査定は無料サービスで査定額によっては、買取を断ることもできるとはっきり書いている業者を選びましょう。


着物が未使用でさえあれば、必ずしも高値がつくものではありません。


袖を通したことはなくても、保管している間に経年劣化して、時間の経過に伴い、状態の悪化が考えられます。


使用済か未使用かではなく、査定時に状態が良いかどうかが問題なのです。


保管状態が良く、未使用でもう着ないという着物をお持ちの方、買取業者に査定してもらうのも選択肢の一つです。


近頃は街中にも中古和服を扱う店が出店したりして、着物買取をする業者が以前よりずっと増えてきています。


インターネットで検索するとたくさんの業者が出てきますが、一番心配なのは、着物買取を謳いながら、依頼者から送られてきた着物だけを騙し取るような不法な商売をしている業者もないわけではありません。


00:18
2020年10月15日(木)
【いまどきはネットが大変発達しているため、普通の人が】
いまどきはネットが大変発達しているため、普通の人が普段触れないような情報まで、たやすく知ることができ、便利になりました。


でも、情報を精査するのは人間です。


それなりの値段のする着物買取などは、相手の公式サイトを見るだけではなく、できる限りクチコミを探し、信頼できそうな業者に絞ってから、複数の会社の査定を受けるようにしましょう。


1社だけでは査定額が妥当か分かりませんし、多少の手間は不可欠です。


いままで知らなかったのですが、着物の買取は、宅配便を利用するのが最近では珍しくないようなので、形見にもらって着ない(小さい)着物をこの際、処分しようかと考えています。


紬や絣など高価な着物も多いので、できるだけ信頼できる業者さんにお願いしたいですね。


古物商の認可が必要らしいので、先に確認してから電話で問い合わせし、良さそうなところに依頼するつもりです。


これから、着物の買取をお願いしようというとき持ち込みも出張査定も行っているとして、何とか高く売りたいと思う方は、お店に行けるなら、ぜひ持って行ってください。


この査定額では納得できないという場合、他のお店の査定に持って行きやすいからです。


お店が遠いなど、持ち込みができない場合、どこでも無料で出張査定してくれ、査定の結果次第で、依頼のキャンセルも可能ときちんと明記しているか、調べてください。


古い着物を買取業者に出すと、昔の正絹の着物などは思ったより良い値になるケースがあり、モノがわからないときは査定で見てもらいましょう。


しかし、正絹でない合繊や化繊(ニューシルク含む)、ウールや麻の着物は、本来の価格が低いですから、専門店では安値になってしまうか、引き取れないと言われることもあるようです。


古着屋さんやリサイクル店なら、古着として買い取ってくれることが多いと思います。


着物買取業者はトータルで売ることを考えているので、着物のみならず、小物も同時に買い取りたいのがわかります。


買取依頼をするときに、着物と小物を合わせて査定してもらうと着物に合った小物も買い取れるので着物本体の査定価格に上乗せしてくれるといった裏技があります。


帯だけでなく、帯締め、帯揚げ、扇子、かんざしや櫛など、不要なものがあれば処分も兼ねて、着物と一緒に宅配査定が無料なら、全部送って査定してもらえば不要品の処分と、買取が同時にできます。


23:18
2020年10月14日(水)
【これから着物の買取業者さんにお願いしようと思っ】
これから着物の買取業者さんにお願いしようと思ったら、喪服は別と考えたほうが良いでしょう。


普通のお店では喪服というのは扱っていないところが多いからです。


それもそのはず。


中古の和服市場では、特別な場に着用する喪服のニーズは少ないからです。


事情を分かっていても、捨てるのだけは避けたいというのであれば、限られた一部の会社ですが、喪服を扱う業者がないわけでもありませんから、調べて問い合わせしてみると良いかもしれませんね。


着物の買取が上手くいって、総額で結構な値がつくこともありえます。


確定申告は必要なのか、気になるところです。


着物も衣類の一分野とされ、生活必需品に分類されるので、有償で譲渡しても課税されませんが、高級なものは美術工芸品とみなされ、売却金額に課税されることもあるのでこれならこう、と断言できないことが多いのです。


不安を取り除くためには確定申告の必要があるかどうかを知るために、時間を作って税務署の相談窓口に問い合わせましょう。


着物はトータルコーディネイトするものなので、着物、帯はもちろん帯締めに帯揚げといった小物も併せて買取可能です。


とはいえ、襦袢までは買い取りできないようです。


襦袢を下着だとみるところが多く一度でも着たものは買い手がつきません。


例外もいくつかあります。


たとえば未使用で正絹など上質な素材のもの、柄が珍しいものであれば他のものと一緒に買い取ってもらえる可能性があります。


査定はたいてい無料なので、出してみてはいかがですか。


近頃はインターネットが普及したことにより、普通の人が普段触れないような情報まで、うろ覚えの記憶を頼りに検索し、入手できます。


ただ、どんなことにも言えますが、思い入れのある着物を買い取ってもらう際は、買取業者の評判についてよく調べ、ある程度の良し悪しを見極めてから、2社以上に査定してもらうと良いでしょう。


1社だけでは査定額が妥当か分かりませんし、時間的余裕があれば、手間をかけたほうが良い結果が出せるはずです。


着物の価値は、素材や色柄、仕立てなどいろいろな要素で決まりますが、買い取るとき、絶対的な価値を持っているのは産地がその名につくブランド品です。


大島紬や本場黄八丈に代表される、昔から着物好きな方に愛されてきた有名ブランドの着物は中古でも人気があり、高値がつく可能性は高いでしょう。


着物の状態がいいことは前提条件で、証紙のあるなしが査定に大きく響くことはどの着物でも変わりません。


23:18
2020年10月13日(火)
【着ない着物を買い取り出すつもりでいたら、友人】
着ない着物を買い取り出すつもりでいたら、友人が買取の概要を教えてくれました。


やはり古いものより新しくて状態が良い着物のほうが高値になり、逆に退色やシミがあったりすると、それなりの価格になってしまうこともあり、買い取らない(値段がついても捨て値)場合もあるそうで、だいたい私が思っていた通りでした。


さすがにそこまで悪いのは手元にないので、査定依頼してみますが、はたしていくらになるでしょう。


このごろ、着物の買取にまつわる苦情が増えてきているので、利用するときには気をつけなければいけません。


たとえば、着物の出張査定を頼んだだけなのに、決めた日時より早く、突然押しかけてきて、安値を提示し、うんというまで帰らないといった「押し買い」もありました。


ポスティングチラシだけ見て申し込むのは考えものです。


きちんとした古物取扱商であれば、商売に支障をきたすような違法行為はしないはずです。


インターネットが普及した昨今では、普通の人が普段触れないような情報まで、いとも簡単に入手できるようになりました。


ただし、それらをどう使うかは人によります。


金銭対価が生じる着物買取などは、相手の公式サイトを見るだけではなく、できる限りクチコミを探し、ふるいに掛けてから、2社以上に査定してもらうと良いでしょう。


思い入れのある着物を納得のいく価格で処分するなら、手間や時間がかかることは仕方ないです。


不要な着物を買い取ってくれる業者があると聞き、業者のウェブページで買取のシステムを調べてみました。


本や洋服を売るときと同じ流れのようで、自宅で出張査定を行う業者や専用の箱も無料、宅配で送るのも無料で、査定も無料という業者も選べるくらいありました。


自分の場合を考えると買取に出す枚数を考えると車で行ける距離にお店があるので、持って行ってその場で査定から換金まで済ませたいと思います。


不要になった和服。


もしリフォームするのでなければ、買取専門店で買い取ってもらうのも良いですね。


愛好者の多い紬などは、地域ごとに差異があるのが面白く、根強い人気があるので、産地・種類を問わず買取してくれます。


リサイクル店より見る目があるので、相応の価格がつくのが嬉しいですね。


それ以外には、訪問着や趣味的な汕頭着物なども取扱対象のようです。


自分の着物が買取対象なのかどうか、確認してみるのも良いかもしれません。


22:30
2020年10月12日(月)
【古い着物をどうにかしたいと思っても、どこに頼ん】
古い着物をどうにかしたいと思っても、どこに頼んだら良いのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。


それならネットの和服買取業者を利用すると一気に悩みが解消できると思います。


インターネットで買取(査定)依頼すると、宅配送料や手数料が無料というサービスもあります。


元が高額な着物の場合は、きちんと価値のわかるお店に査定してもらうことが一番だと思います。


着物の買取を考えているので、まずは高額査定の決め手になるのは何かいくつかの業者のサイトを見て、共通点を調べました。


当然ですが、もともと高級な着物であることは高値がつく最低条件ですが、その他に、シミがなかったり、傷がなかったりという使用状況も買取価格に響くようです。


ブランド品や、最高級品といわれる着物であっても査定で傷を発見されると大きく価値が下がってしまう感じです。


持っているけれど着ない着物はうちにもあって、かさばる着物をお店に運ぶのも大変だしこれがいくらになるのかを査定してくれるのはどこか、自分で調べる余裕もなく全く動けないままでした。


店舗への持ち込みだけでなく、宅配で買い取りできるお店も結構あると聞いています。


ネットなどで口コミや評価を調べ、細かいところまでサービスを調べて手間ひまかけて探すつもりです。


仕事で和服でも着ない限り、一般人が着物を売却することはまずないと思うので、処分を考えているのなら、良い値段で買取してもらえるよう、着物買取業者の評価をチェックしておいたほうが良いでしょう。


評判もサービスも良い買取業者を見つけたら、少なくとも2社以上に見てもらい、査定額を比べると目安になると思います。


高値が良いのは勿論ですが、同じ査定額でも対応の良し悪しが分かるので、納得のいく取引ができるでしょう。


着物の買取で、タンスの肥やしを処分できればと思うけれども、値がつかなかったり、すごく安い値段しかつかなかったらみっともない。


そう思うのは当然です。


着物の種類は振袖、留袖、訪問着など細かく分かれています。


さらに素材、技法など、価値を決める要素はたくさんあります。


素人が買取価格を予想するのは無理です。


ただ、有名な作家の作品だったり、ブランド品だったりすれば高値で売れる可能性があります。


現代の作家の作品や、最近織られたブランド品は裄丈など、サイズが大きめに作られているのでぜひ買い取りたい品だからです。


22:24
2020年10月11日(日)
【着物買取の前に査定をするわけ】
着物買取の前に査定をするわけですが、そのときその着物や反物の証紙があると、とても有利です。


この場合の証紙とは、生地の織り元、織物工業組合などで産地で、一定以上の品質の製品だと証明として発行された独自の登録商標を指します。


もう必要ないと思うのか、捨ててしまう方や探しても見当たらないという方もいるようですが、家電やパソコンと同じように、品質を証明する書類のあるなしで買取価格が大きく違いますので捨てていなければ、ぜひ探してください。


この間、祖母が着ていた着物を売ることになり、買取専門の業者に相談しました。


今後、私たちが着物を着る機会は少なくただタンスの奥で眠らせておいても祖母の本意ではないでしょうし、誰かが大事に着てくれれば、祖母も喜ぶだろうということになったからです。


価値をきちんと評価してもらいたいと思い、複数の業者で査定を受けました。


有名作家の作品や、有名ブランドの着物はなかったので、全部まとめてこの値段と、どこでも言われました。


どれも価値を認めてもらい、値段にも納得がいく買取ができました。


リユースで古着に抵抗感がなくなってきたせいもあり、和服買取をしてくれる業者というのがとても多くなりました。


業者はネットで簡単に探せますが、利用する上で注意しなければいけないのは、着物買取を謳いながら、品物だけを詐取するような違法行為を行ってトラブルになっている業者もあるという事実です。


自分が以前から、大事にしている織り着物がありましたがきちんと手入れしながらしまっていても、いつも洋服の生活ですからこれからその着物を着ることもないと思っていろいろ考えた末、処分しようと決心しました。


ネットであれこれ検索して、着物の買取を行う業者が、いくつもヒットしました。


ゴミとして捨てるのは辛いし、他の誰かに着てもらえれば人の役に立てると考えていつ、どこに売るかを検討しはじめました。


着ることがなくなった着物は思い切って、中古着物専門の業者さんに買い取ってもらうと良いですね。


振袖や訪問着以外にも、紬の着物だって、地域ごとに差異があるのが面白く、根強い人気があるので、プロがしっかり見た上で値段をつけてくれます。


専門業者なので価値あるものを見落とさない点が良いのです。


紬だけでなく、作家物や一般の友禅染の着物なども扱っているようです。


一度問い合わせてみてはどうでしょう。


21:30

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++