知っておきたい着物買取のコツ


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2017年06月23日(金)
【着物(和服)の買取業者に関する】
着物(和服)の買取業者に関する苦情が最近増えているため、査定依頼するときは注意しましょう。


私が最近聞いた例では、自宅への訪問査定を依頼したら、事前連絡なしに家にやってきて、「着物と貴金属と合わせていくら」と長時間ねばられ、泣く泣く格安で売ったという例もありました。


詐欺的な業者には、当たらないようにしたいものですね。


まともな業者なら、家に押しかけて居座るようなことはしません。


この間、祖母が着ていた着物を専門の業者の査定を受け、買い取っていただきました。


今後、私たちが着物を着る機会は少なく私がこのまま保管しておくのも着物にとっていいことではないだろうし、着てくれる人がいるからこそ、着物の価値があると思ったためです。


価値をきちんと評価してもらいたいと思い、複数の業者で査定を受けました。


個別に値段がつくような作家ものやブランド品はなく、全部まとめてこの値段と、どこでも言われました。


でも、全て買取可能ということで、値段にも納得できたので売ることを決めました。


着る人がいない着物や、親戚の誰々の着物とかいうのが、うちの納戸には山ほど保管されていました。


濃い色の退色が見られるものもあったのですが、きちんと値付けしてもらえたのには驚きました。


訊ねてみたら、最近の中古品は、昔なら断っていたようなシミでも、業者さんのほうでシミ抜きするので、問題視しないで買い取るそうです。


といっても、シミがあれば買取額には響きます。


着なくなって久しい着物を処分するのに悩んでいる人はいませんか。


いまは和服専門の買取業者さんというのが増えているようですから、活用してみるのも良いでしょう。


しまい込んでいた高価な着物でも、誰かが袖を通すことで、新たな命が吹き込まれるのです。


無料査定のところも多く、宅配・出張・持込の方法から選べるのも良いですね。


保管状態の良い着物などは結構な高値がつくかもしれません。


どうにも着る機会がない着物がある方、多いと思います。


着物を着る機会が多い方はそうはいないもので、折々の手入れだけでも大変なのは事実です。


中でも、振袖はお袖が長い分だけ、管理も他の着物に比べ負担感が増します。


いろいろな理由で、着ることがない着物があれば買い取りしてもらうと、楽になれるのではないですか。


ものが同じなら、傷みなく着ており、きちんと手入れされていれば買取価格は高くなります。


08:12
2017年06月22日(木)
【着物買取の注意点です。査定では着物としての素材】
着物買取の注意点です。


査定では着物としての素材や仕立ての良さだけでなく、新品に近いかどうかがシビアに問われます。


着物としてどれほど高級だとしても、査定のとき、汚れやカビが見つかれば絶対高値はつかないのが当然といえば当然です。


それでも、何とかきれいに落とせるなら買い取ってもらえるチャンスはあります。


言うまでもなく、判断を勝手に行ってはいけません。


無料で査定も受けられるので、ぜひ利用してください。


着物を買い取ってくれる業者があることは知っているけど、利用したくても自分が持っている着物が、いくらで売れるのかわからなくて不安。


そう思うのは当然です。


ちょっと考えただけでも、着物の種類は振袖、留袖、訪問着などたくさんあります。


また素材や技法によって価値が決まるのでプロの鑑定士が見ないと、価値はわかりません。


ただし、もし有名作家の作品だったり、有名ブランドの着物だったりするなら、査定で高値がつく可能性も十分あります。


現代の有名作家の作品なら、昔の着物よりもサイズが大きく、買いたい人が多いので高値で転売できる可能性があるからです。


着物など値の張るものを買取に出す際、気になるのはやはり価格ですよね。


貴金属のように相場表でもあれば見てみたいものです。


とはいえ着物類は、素材や種類、状態、作家物など様々な要因で価値を判断するので、単純にはいきません。


例えば同じ種類・状態の着物なら、小さすぎたり細すぎるものは査定額が低くなり、逆は高値がつくこともあります。


価値をきちんと鑑定するのが専門店ですから、そういうところに見てもらうのが高値売却のコツだと思います。


形見分けなど、着物の処分も量がまとまると、全部合わせるとかなりの現金が入ってくるかもしれません。


一度にまとまった額が手に入れば、気になるのは税金、確定申告です。


考え方としては、衣類は生活必需品なので譲渡しても課税されませんが、もし美術工芸品とみなされれば売れた額に課税されることもあり、いろいろなケースが考えられます。


少しでも気になるなら、確定申告の必要があるかどうかを知るために、税務署には通年の相談窓口がありますから、ぜひ問い合わせてみましょう。


私が着物を買い取ってくれる店を探していると言ったら、お茶仲間の人から売却の秘訣を教えてもらいました。


古いよりは新しくて使用感のない着物のほうが高値になり、刺繍のほつれや生地の傷みがあると、元が良い着物でも査定額は落ち、ときには引き取ってもらえないこともあるそうで、だいたい私が思っていた通りでした。


きちんと保管してあるし、捨てるのももったいないので、専門業者の査定というのを受けてみたいと思います。


08:06
2017年06月21日(水)
【和服の買取をしてもらおうというときに、】
和服の買取をしてもらおうというときに、喪服は注意しなければいけません。


というのは、喪服の買取は基本的にお断りするケースが多いからです。


中古の着物を扱っている店舗では、特別な場に着用する喪服のニーズは僅少だからです。


それでもなお、買い取ってくれる業者を探したいのであれば、ほんのひとにぎりとはいえ、喪服を扱う業者がないわけでもありませんから、まずはそこに確認してみると良いでしょう。


もう着ない着物を買い取ってもらうことを考え、ネットで案内している業者をいくつかあたってみましたが、思ったより使い勝手は良いようで、その場で梱包してくれる業者、専用の箱も無料、宅配で送るのも無料で、査定も無料という業者も選べるくらいありました。


その中から自分に合った買取方法を探しました。


買取に出す枚数を考えると近くの専門店への持ち込みができそうなので買取を一気に終えられるようにしたいと思います。


祖母の遺品を整理し、形見分けを進めているところ、着物や帯、小物を合わせると結構な量なので処分に困りました。


処分を決め、買取業者を探してみると連絡すれば、こちらで箱詰めしなくとも、自宅まで取りに来てくれるところも何軒かあると知りました。


整理して箱詰めするのも大変な量で、ひとりでお店に運ぶなんてありえないとみんなで話していたので、実にありがたい話です。


つい最近、祖母の形見だった着物を着物の買取専門業者があると聞き、訪ねてみました。


祖母の形見ですが、着る人もなく私がこのまま保管しておくのも着物の価値が目減りしていくだけだし着てくれる人に引き渡すのが、一番いいという話になったのです。


念には念を入れて、何軒かのお店に持って行きました。


いわゆる作家ものの着物はなく、全部でいくらと、どこの業者でも言われました。


それでも全ての着物を買い取ってもらい、値段にも満足できました。


たいていの着物専門の買取業者は、着物と帯だけでなく、帯締めに帯揚げといった小物もセットで売ることもできます。


ただ、襦袢の買取は期待しないでください。


襦袢を下着だとみるところが多く一度でも着たものは買い手がつきません。


付加価値があって、買い取ってもらえるとすれば正絹であまり古くなく未使用のもの、柄行が珍しいものなど需要はあるかもしれず、買い取りできるかもしれません。


遠慮せず、一度査定してもらうと良いですね。


05:24
2017年06月20日(火)
【着なくなった着物を整理したいと思いつつ、】
着なくなった着物を整理したいと思いつつ、どこに頼んだら良いのか悩んでそのままというケースは多いようですね。


最近増えた、宅配便を利用した着物買取を利用すると悩みも解決すると思います。


インターネットで買取(査定)依頼すると、ある程度まとまった量なら、着物を送る際の送料が無料になることもあります。


元が高額な着物の場合は、きちんと価値のわかるお店に査定してもらうことが一番だと思います。


リサイクルブームがひとつの契機となって、着物の買取を行う業者がとても多くなりました。


業者はネットで簡単に探せますが、もっとも気になるのは、本当は営業実態がなくて、不当な安値で叩いたり、着物だけを騙し取るといった不法な商売を行っている業者もあるそうで、古物商の認可ぐらいは確認したほうが良さそうです。


着物の保管は本当に大変ですよね。


着る人がいなくなった着物など、折を見て着物の買取業者に査定してもらうとみんながすっきりすると思います。


買取業者も新旧、全国各地にたくさんありますので身近に経験者がいないときにはまずはインターネットで「着物買取 ランキング」を検索して、自分が納得できる買取ができそうな業者を見つけましょう。


着物の状態は当然評価されますし、高級品でも制作者を見られることはありますが高価買い取りのためには、まず状態が良くないといけません。


もう着なくなった着物を買い取ってもらうため、高額査定の決め手になるのは何かネットであれこれ調べてみました。


そもそも高級な品であることは高値がつく最低条件ですが、さらに、シミや傷がついていないかどうかも買取価格に響くようです。


元々の品質は良かったものでも査定のときに傷が見つかったら査定額をかなり減らされてしまうようです。


先日、亡くなった祖母の遺品整理をしていたところ、引き取り手のない着物がかなりありました。


専門の業者に売るのが一番いいだろうと、調べてみると連絡すれば、こちらで箱詰めしなくとも、自宅まで取りに来てくれるところも何軒かあると知りました。


売りたいものを全部まとめると大変な数でひとりでお店に運ぶなんてありえないと頭を抱えていたのでそれも感謝しなければなりません。


04:12
2017年06月19日(月)
【最近、和服の買取専門業者の広】
最近、和服の買取専門業者の広告がよく目につきます。


着る機会もなく眠らせたままでいると、防虫剤等をいれていても、糊や洗剤による劣化もあって着物そのものの価値が落ちます。


きちんと保管されてきた良い着物は意外な高値になる場合もあるので、なるべく早めに査定依頼して、買い取りしてもらったほうがいいでしょう。


私が着物を買い取ってくれる店を探していると言ったら、お茶仲間の人から売却の秘訣を教えてもらいました。


きれいで新しめの品物のほうが価格は高くなるらしく、色あせや虫食いなどがあると、それなりの価格になってしまうこともあり、ときには引き取ってもらえないこともあるとのこと。


まあ、仕方ないですね。


シミが出るほど着たものはないし、けっこう綺麗なのが多いので、専門業者の査定というのを受けてみたいと思います。


要らなくなって場所をとるばかりの和服の処分に頭を悩ませている人は多いでしょう。


このところリサイクルブームで和服専門の買取業者が増えているのをご存知ですか。


思い出のある大切な着物でも、着る人がいてこそ活きてくるとは思いませんか。


査定料や相談料が無料の業者さんも多く、出張・宅配査定もできて、持込の手間が要りません。


古いものでも状態が良ければ思ったより高額査定が受けられる可能性もあります。


量がたいしたことなければ、着物の買取は、店舗に直接持参するのが一番分かりやすい方法でしょう。


自宅に上げる必要がないので、査定額に納得がいかない場合は、気楽に断れます。


なにより対面式ですから、価格面でも納得がいきやすいでしょう。


それと、もし量がたくさんあって持参が困難な場合は、いくつかを自分でピックアップしたうえで持込査定を依頼し、納得できた業者さんだけに訪問査定を依頼するのはどうでしょう。


着物買取業者に持ち込むとき、着物そのものや、帯の他帯締めに帯揚げといった小物もセットで売ることもできます。


ただ、襦袢の買取は期待しないでください。


襦袢は下着の位置づけなので未使用でなければ需要はありません。


例外もいくつかあります。


たとえば素材が絹など上質で、未使用の襦袢や、今では珍しいアンティーク柄の襦袢などは業者によっては買い取りの可能性があります。


他の着物や帯と一緒に、査定してもらいましょう。


03:48
2017年06月18日(日)
【いい着物であるほど、自宅で手入れするのは大変です】
いい着物であるほど、自宅で手入れするのは大変です。


着る機会がなくなってしまったら手放すことを考え、専門の業者に見てもらった方が収納スペースの確保にもなると思います。


買取業者も新旧、全国各地にたくさんありますので決めるのは難しいと思いますが、まずはインターネットで「着物買取 ランキング」を検索して、業者探しの参考にすることをすすめます。


着物の保管状態はもちろん、同じ産地でも制作者によって価値は異なりますが高価買い取りのためには、まず状態が良くないといけません。


まとまった量の着物を買い取ってもらい、全部合わせるとかなりの現金が入ってくるかもしれません。


確定申告は必要なのか、気になるところです。


基本的には和服も衣類で、生活必需品とされ買い取りも課税対象ではないのですが、高級品で、美術工芸品とみなされる場合は課税対象になり得るのでいろいろなケースが考えられます。


少しでも気になるなら、後から申告漏れで追及されるのは誰でも嫌なので、時間を作って税務署の相談窓口に問い合わせましょう。


着物の買取を思い立って、それならと査定額は何で決まるのか調べてみると、共通点がありました。


素材や色柄、仕立てが上等であることが必須条件でしょうが、加えて、保管状態や使用状況、つまりシミや傷がないかなども査定のチェックポイントだそうです。


元々の品質は良かったものでも査定で傷を発見されると査定額をかなり減らされてしまうようです。


自宅の建て替えに向けて昔からしまいこんでいたものを整理していますが、覚えのない反物に出会いました。


奥に隠れていた割には、きれいに保管されており素人目に傷みは見られずたぶん上物だと思います。


着物を買い取ってくれる業者にあたってみると多くは反物も買い取っていることがわかりました。


今後もこの反物を使うことはなさそうなので、買い取ってもらい、他の方に売った方が賢明でしょう。


着物買取業者に問い合わせてみると、着物だけを買い取るのではなく、いろいろな和装小物も同時に買い取っています。


従って、着物と小物をセットにして買取依頼をすると幅広い品を買い取れるので全部合わせて高めに査定してくれるという話もよく聞きます。


たとえ着物に合っていなくても、使っていない小物やかんざし類があれば着物を送る際、一緒にして無料宅配査定のサービスを利用すれば絶対に損はしません。


02:18
2017年06月17日(土)
【着なくなって持て余しぎみの着物を片付け】
着なくなって持て余しぎみの着物を片付けたいと考えながら、どこにどうやって頼んだら良いのか悩んでそのままというケースは多いようですね。


ネットの着物買取サービスをご存知でしたら、それを利用すると気軽ですし、手間も少なくて良いでしょう。


インターネットで買取(査定)依頼すると、手数料や宅配便の送料が無料になることもあります。


同じ着物は二つとないのですから、高価な着物を預けるなら、きちんと価値のわかるお店に査定してもらうことがコツです。


売りたい着物があれば、そこで一番気になることは着物の価値を正しく評価した査定額かしかないでしょう。


相場がわかればと思うかもしれませんが、実は、着物の買取は素材、色柄、保管状態、サイズなどの条件次第で価格は流動的と考えるべきです。


専門店に持ち込んで、プロの目を通すのが一番妥当な方法です。


業者のほとんどは無料査定や相談を行っているので買取を思い立ったら、一日でも早く連絡しましょう。


大事にしていた着物を買い取ってもらう時に、喪服は別と考えたほうが良いでしょう。


ほとんどのお店で、喪服の買取を避ける傾向があります。


それもそのはず。


中古の和服市場では、普段使いでもなければおしゃれ着にもならない喪服の需要というのは、きわめて少ないからです。


それでもなお、買い取ってくれる業者を探したいのであれば、あまり多くはありませんが、喪服を買い取ってくれる業者もありますので、最初からそちらを頼ったほうが手間がなくて良いでしょう。


仕事で和服でも着ない限り、一般人が着物を売却することはまずないと思うので、具体的に処分を考えたら、良い値段で買取してもらえるよう、中古着物買取業者のクチコミぐらいはチェックしておきましょう。


電話相談できたり買取実績が多くて評判も悪くない和服専門業者を見つけ出し、複数のところに査定してもらい、比較します。


高値が良いのは勿論ですが、同じ査定額でも対応の良し悪しが分かるので、気持ち良く取引でき、価格面でもお得になります。


着物を業者に宅配で送って、買い取りしてもらうときできるだけ有利に買い取ってもらうために、注意してほしいのは多くの着物についてくる切れ端や保証書を保管しておいたか、確かめることです。


家電やパソコン、ゲームソフトを売ったことがあればわかると思いますが、このような品質を保証するものは高級品ほどあるのが当然となりものの価値は相当違ってきますから、取っておいたものを全部、一緒に送るのが、かなり大きなポイントです。


01:36
2017年06月16日(金)
【近年、和服・帯の買取を行っているお店は増えました】
近年、和服・帯の買取を行っているお店は増えましたが、ネット専業の『スピード買取.jp』は、ユーザー満足度が高い点が評価できると思います。


電話での相談・問い合わせは無料(0120)で、24時間365日対応しているため、思いついたときにすぐ問い合わせできる点が嬉しいですね。


(携帯・スマホ可)「スピード買取.jp」の名前の由来である超速の出張査定や、郵送・持込査定は原則無料で、顧客満足度が高いというのもナルホドと思いました。


私の家では建て替えが決まり、ためこんでいたものを整理していると仕立てる前の反物が見つかりました。


手入れはされていませんでしたが、しまっていた場所が良く保管されている間に傷むこともなく買ったときとほとんど変わらないでしょう。


着物の買取業者で反物も買い取るか聞いてみたら、反物の買取をしているところがいくつかありました。


今後もこの反物を使うことはなさそうなので、そのうち買い取ってもらおうと前向きに考えています。


母が着物好きだったので、見たことのない着物が新旧取り混ぜて、うちの納戸には山ほど保管されていました。


濃い色の退色が見られるものもあったのですが、そんな着物でも値段はつきました。


なんでも昨今は、シミが少しあるぐらいなら業者に染み抜きの専門家がいるので、買取になる事例が多いそうです。


とはいえ、査定額はそれなりです。


でも自分でシミ抜きする手間を考えたら気楽ですね。


着物買取業者に持ち込むとき、着物そのものや、帯の他帯に合った帯締めや帯揚げなど小物も買い取りを行うことが多いです。


セットと言っても、襦袢は例外のようです。


肌着とは言えませんが、下着に分類されるため着用済みだとほとんど売れないからです。


襦袢を買い取ってもらえる例として、正絹であまり古くなく未使用のもの、柄行が珍しいものなど業者によっては買い取りの可能性があります。


まずは査定にかけることをすすめます。


着物専門の買取業者さんというと、宅配便を利用するのが最近では増えているみたいですから、形見にもらって着ない(小さい)着物を手放そうと思います。


紬や絣など高価な着物も多いので、きちんとした業者さんにお願いしようと思います。


中古品の買取は古物商免許が必須ですから、それを掲げている業者さんに問い合わせしてみようと思います。


00:00
2017年06月14日(水)
【成人式に着た振袖は、皆さんどう】
成人式に着た振袖は、皆さんどうしても思い出や思い入れを背負っているもので、いつまでもとっておきたい人も聞けば相当多いのですが、手入れも大変なので、保管に困るくらいだったら専門の業者に買い取ってもらえばすっきりするのではないでしょうか。


色柄がきれいで、上質の素材であれば思っていたよりも高値で買い取ってもらえるかもしれません。


思い出よりも、これからの生活に役立つお金が手に入るでしょう。


和服の買取業者に査定を依頼するときは、喪服は別と考えたほうが良いでしょう。


一度に大量に査定してもらうのならその一部として値がつくこともありますが、喪服は買い取らないのが普通です。


それもそのはず。


中古の和服市場では、喪服の流通は限定されているからで、サイズのことも考えると、やむを得ないでしょう。


それを承知で、捨てるのにしのびないというのであれば、限られた一部の会社ですが、喪服を買う業者さんもないわけではないので、調べて問い合わせしてみると良いかもしれませんね。


着物は着るのも見るのも良いものですが手入れには本当に気を遣います。


虫干しに始まって和紙を挟んでから形通りに畳み、保管も桐箪笥が望ましいということで実に大変です。


もし手持ちの着物で、着る機会がないもの、サイズが合わなくなったものがあれば着物買取専門店に引き取ってもらっていいかもしれません。


着ない着物を生かすことにもなりますし枚数が減れば、お手入れの手間も減ります。


昔の着物をどうしよう、と頭を抱えている方は時々見かけます。


高価な着物を捨てるのは気が引けますし、ただ捨てるよりは売って、いくらかでもお金に換えたいものです。


実際、着物の買取を扱っている業者は数多いのですが、全国から買取をしている友禅市場はいかがでしょうか。


送料と査定料がかからないことは大きいと思います。


現在の価値を調べてもらうだけでも費用はかかりません。


着物の処分を考えている方、まずは試しで買取先の候補にしてはいかがでしょうか。


多くの着物買取業者では、着物と帯の他にトータルコーディネイトできる小物類、つまり帯締めや帯揚げなど買い取りを行うことが多いです。


とはいえ、襦袢までは買い取りできないようです。


これは下着と考えられるため着用されたものは誰も買わないためです。


付加価値があって、買い取ってもらえるとすれば素材が絹など上質で、未使用の襦袢や、今では珍しいアンティーク柄の襦袢などは他のものと一緒に買い取ってもらえる可能性があります。


査定はたいてい無料なので、出してみてはいかがですか。


23:18
2017年06月13日(火)
【和服買い取り専門業者の中で迷っているなら、「スピ】
和服買い取り専門業者の中で迷っているなら、「スピード買い取り.jp」は大手で、資金力も潤沢ですし、ユーザー満足度が高い点が評価できると思います。


専用の無料ダイヤルで電話代を気にせず問合せ・相談できますし、年中無休で受け付けているので、普段忙しい方でも気軽に問い合わせできる点が嬉しいですね。


もちろん携帯電話やスマホからかけてもOKです。


出張査定のほかに宅配便や持込もOKで、おまけに査定やキャンセル料金は無料。


気軽に相談できますね。


先日のことですが、祖母の遺品である着物を手放すことになり、買取専門の業者に見てもらいました。


着物を着る機会が少ない身内ばかりで、着ないまま持っているのも着物にとっていいことではないだろうし、着てくれる人がいるからこそ、着物の価値があると思ったためです。


念には念を入れて、何軒かのお店に持って行きました。


個別に値段がつくような作家ものやブランド品はなく、提示されたのは全部まとめての値段でした。


結果的には全て買い取れることになり、納得のいく価格で売れました。


普通の人が和服を買い取ってもらうことはあまりないと思うので、処分を考えているのなら、高値売却のためにネットで買取業者の評判チェックは怠らないようにしましょう。


たとえば送料や手数料が無料で使い勝手が良い買取業者を見つけたら、複数のところに査定してもらい、比べると目安になると思います。


買取値や査定理由が明確なところを選ぶと満足のいく結果も出やすいと思います。


本格的な振袖を着るのは成人式が初めてだと思いますが、どうしても思い出や思い入れを背負っているもので、売るなんて考えられないという人も聞けば相当多いのですが、案外場所もとるので、邪魔になるくらいなら着物の買い取りに回すと思い出を清算できると思います。


買ってから日が浅く、ものが良ければ思っていたよりも高値で買い取ってもらえるかもしれません。


今の自分に、役立つものを買えるはずです。


私の家では建て替えが決まり、この際だからと整理を進めていたら覚えのない反物に出会いました。


丁寧にしまわれていたため外から見てわかるような傷みはなく買ったときの状態を保っています。


着物の買取業者で反物も買い取るか聞いてみたら、こうした業者は、反物も扱っているようです。


うちでは仕立てることも着ることもないでしょう。


買取してもらうと片付けにもなり、換金もできて嬉しい限りです。


22:00

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++