知っておきたい着物買取のコツ


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2020年09月12日(土)
【毎年毎年、仕舞ったままの古い着物をどうにか処分した】
毎年毎年、仕舞ったままの古い着物をどうにか処分したいとは思うのですが、形見分けで思い入れもあるため、ついに処分できずじまいでした。


たまたまこの間、着物専門の買取業者をネットで見つけてびっくりしました。


産地や生地も理解して値付けするので高値が期待できますし、着物の買取を専門にしている業者さんというのは大事にしていた着物の処分も安心して頼めると思いました。


とりあえず問い合わせして、査定を依頼しようと思います。


いわゆる着物の買取価格はいろいろな要因で決まります。


着物としての様々な価値を調べられ、さらに状態をチェックされます。


もとは最高級の着物だったとしても、汚れがついているものや、カビの跡が見られるものは絶対高値はつかないのがどの業者でも同じです。


それでも、何とかきれいに落とせるなら買い取ってもらえるチャンスはあります。


素人が決めるのは得策ではありません。


無料査定で可能性を探ってみましょう。


着なくなった着物を買い取ってほしいけれど自分が持っている着物が、いくらで売れるのかわからなくて不安。


そう思うのは当然です。


振袖、訪問着、付け下げなど着物には多くの種類があります。


また素材や技法によって価値が変わるので、買取の相場があるわけでなく、素人には本当の価値がわかりません。


有名作家の作品や有名ブランドの着物を売ろうと考えているなら、それは査定で思わぬ高値をつけられるかもしれません。


現代の作家の作品や、最近織られたブランド品はサイズが大きいものが多く、着たい人が多いため高値で転売できる可能性があるからです。


着なくなった着物でも、処分する際に買取額ってどうしても気になりますよね。


古本やブランド品のように相場がわかれば簡単です。


ただ、和服は特殊な存在で、保管状態だけでなく、元々の品物の良さ、素材や汎用性(希少性)でも値付けが異なるので、大雑把な分類すらできない難しい品物なのです。


姉妹で同じ着物を売ったとしても、現代人のサイズに合った大きなもののほうが高値がつきやすいです。


価値をきちんと鑑定するのが専門店ですから、そういうところに査定を依頼するほうが高値になるのは確実です。


近頃ネットを見ていると、着物買取業者の広告をよく目にするようになりました。


箪笥の肥やし状態で放っておくと、防虫剤等をいれていても、経年劣化はあるので価値が下がってしまうのです。


品質が良い着物は、新しいほど持ち主が思う以上に高額になることもあるので、早めに連絡して、買取してもらうと良いですね。


16:30
2020年09月11日(金)
【わが家もとうとう建て替えることになり、昔からし】
わが家もとうとう建て替えることになり、昔からしまいこんでいたものを整理していますが、反物が出てきたのでびっくりしました。


奥に隠れていた割には、きれいに保管されており保管されている間に傷むこともなく買ったときの状態を保っています。


ネットで着物買取業者のサイトを調べてみると、多くは反物も買い取っていることがわかりました。


この反物がわが家にあっても仕立てることはないので、次に必要とする人のために、手放した方がいいと思いました。


着なくなった着物の処分は難しく、困っている方もこれから増えていくでしょう。


着ていた人のことを考えれば捨てたくないですし、価値があるなら、売ってお金をもらいたいですよね。


着物の買取専門店は何軒もありますが、どこからでも買取を受け付ける友禅市場をおすすめします。


どこから送っても送料は取られず、査定料もかかりません。


無料査定ならば、とりあえず価値を知りたい方にもおすすめです。


この着物に、どれだけの価値があるかと思っている方はこの店のことを調べてほしいと思います。


着物の保管は本当に大変ですよね。


着ないとわかっている着物は、早めに業者に依頼し、買い取ってもらった方が賢明だと思いますよ。


どの業者が良心的なのか、判断が難しいときはこの分野のランキングサイトもあるので自分が納得できる買取ができそうな業者を見つけましょう。


良い状態で保管されているか、織りや染めの作者など査定されますが高価買い取りのためには、まず状態が良くないといけません。


買取のとき、着物と一緒に持って行き、証紙を一緒に提出することをすすめます。


証紙の説明をすると、織り元や織物工業組合などが一定の基準を満たした製品であることを公に証明している登録商標のしるしです。


買ったときに証紙を捨てる方だの所在不明という方も実際にいますが次に売るためにも、ないと困るものの一つなので査定のときには揃えておいてください。


和服や和装小物の買取といえば、いまどきは宅配便を使った査定方式が多いようなので、独身時代に集めていた着物類を、引き取ってもらおうと考えています。


しつけ糸が残っている新品もあり、品物は悪くないので、できるだけ信頼できる業者さんにお願いしたいですね。


中古品取扱の登録業者さんなら安心なので、とりあえずそれを確認してから依頼するつもりです。


16:18
2020年09月10日(木)
【初めての子供が生まれ、お宮参りに着物を新調し】
初めての子供が生まれ、お宮参りに着物を新調しました。


手入れが大変なのでレンタルにしたかったのですが周りから、これから着る機会が何度もあるからといわれたのです。


けれども、手入れも保管も結構な負担です。


自分でいうのも何ですが、長く着られる上等な着物を選んだので保管も手がかかるのはよくわかっています。


でも、一枚の着物のために桐箪笥を買うとしても横長のタンスを置く場所はありません。


七五三で着た後はごめんなさいをして、黙って手放してしまおうと思うこの頃です。


高かった和服を業者に引き取ってもらう際は、誠実で手慣れた業者に依頼しないと、買い叩かれて損失を被ることがないとは言えません。


よく聞くトラブルというと、安値買取のゴリ押しでしょう。


それと、宅配査定関係も増えました。


対面と違って「入れた・入れていない」の押し問答になりますね。


業者の評判を調べ、ここはと思うところに依頼しましょう。


梱包前に写真を撮っておくのも良いかもしれません。


発送伝票も大切に保存しておいてください。


着物を売る前に、いくらで買い取るか査定を受けますが、店舗への持ち込み、出張査定、どちらも無料で利用できるなら売る方にとってどちらが有利か、と聞かれれば、どんな買取でもそうですが、持ち込みの方が有利です。


もし納得いく査定額でなかったとき、出張よりは断りやすいと考えられます。


いろいろな事情で出張査定しかない場合、出張査定の料金がかからず査定後の買取中止も無料でできると明文化している業者に依頼しましょう。


着なくなった和服を買取に出そうと思っていたら、お茶仲間の人から売却の秘訣を教えてもらいました。


状態がきれいであることのほかに、新しめの着物のほうが良い値段がつき、色あせや生地の傷みがあるときは、たとえ高価だった着物でも査定は下がり、買取を拒否される場合もあるとのこと。


まあ、仕方ないですね。


シミが出るほど着たものはないし、けっこう綺麗なのが多いので、とりあえず査定だけでもと思いました。


和服を売却する機会はそうそうないでしょう。


もし処分するなら、高値で買い取ってもらうために中古着物買取業者のクチコミぐらいはチェックしておきましょう。


買取実績もあって評判も悪くないお店をいくつか選んで、1社でなくせめて2社くらいに査定させ、その額を比べてみると一目瞭然です。


高値が良いのは勿論ですが、同じ査定額でも対応の良し悪しが分かるので、気持ち良く取引でき、価格面でもお得になります。


16:00
2020年09月09日(水)
【昔の着物をどうしよう、と頭を抱え】
昔の着物をどうしよう、と頭を抱えている方は多いでしょうし、今後増えるでしょう。


可燃ゴミにはしたくないものですし、価値があるなら、売ってお金をもらいたいですよね。


その中で、着物の買い取りを考えているなら、専門店の一つ友禅市場を候補の一つにしてみてください。


査定料がかからないことはもちろんですが、送料も無料です。


現在の価値を調べてもらうだけでも費用はかかりません。


身近に着物を買い取ってくれる店舗がない方も、買取先の候補にしてはいかがでしょうか。


子供が生まれたとき、お宮参りに着る訪問着を買うことにしました。


手入れが大変なのでレンタルにしたかったのですが周りから、これから着る機会が何度もあるからといわれたのです。


ただ、手入れと保管の負担を何とかしたいと思っています。


周囲からのすすめもあり、きれいな柄の、素材も上等な着物にしたので美しさを保つために、季節ごとの手入れは欠かせませんよね。


桐箪笥で保管しなければならないのはわかっていますが、どこに置くのかという問題があります。


七五三で着た後はごめんなさいをして、後は思い切って買い取ってもらおうかと真剣に考えています。


自宅で着物を保管するのは、とても気を遣います。


着る機会がなくなってしまったら手放すことを考え、専門の業者に見てもらった方が賢明だと思いますよ。


買取業者も新旧、全国各地にたくさんありますので判断が難しいときはインターネットの検索を工夫して自分の条件に合った業者を探しましょう。


着物の価値は保管状態や製作者などで大きく変わりますが、状態がいいことは、その他の価値に優先します。


祖母の遺品を整理し、形見分けを進めているところ、引き取り手のない着物がかなりありました。


買い取りしてもらうことに決まり、いろいろ調べてみると電話でのやりとりだけでどこまでも買取の車を出してくれるところも何軒もあってびっくりしました。


量がまとまるととても一人では運べないくらい重く、一人でお店に持ち込むのは絶対無理、と頭を抱えていたのでこういうサービスが欲しかったと思いました。


仕事で和服でも着ない限り、一般人が着物を売却することはまずないと思うので、もし処分するなら、価値相応の価格で買い取ってもらうためにネットで買取業者の評判チェックは怠らないようにしましょう。


買取実績もあって評判も悪くない和服専門業者を見つけ出し、その中から2社以上に査定させ、額や評価を比べるのです。


高値が良いのは勿論ですが、同じ査定額でも対応の良し悪しが分かるので、損することなく良い売却結果につながると思います。


09:30
2020年09月08日(火)
【着なくなった、でも捨てるには惜しい着物が、高】
着なくなった、でも捨てるには惜しい着物が、高値で売れればすごく得をした気分ですよね。


保管状態が良く、傷みがなければ高価買い取りの期待も持てます。


加えて人気の柄だったり、素材が良かったり、ブランド品だったりすると高価買い取りも夢ではありません。


そして、着物でなく反物のままでも買い取ってくれるところがほとんどです。


使われない反物があれば買取の相談だけでも試してください。


いざ着物の買取をしてもらおうと思っても、点数自体が多いとか、お店が遠いときには、持っていくのに一苦労です。


そんなことを考えているときは、買取業者の訪問買取を活用してみませんか。


依頼主は電話をかけるだけで済みますが、その代わり、まとまった量であることが必須で、少ないと来てもらえないこともあるので、連絡するときに確認しましょう。


実際、着物買取業者の取り扱う商品は幅広く、着物だけではなく小物も同時に買い取りたいのがわかります。


買取依頼をするときに、着物と小物を合わせて査定してもらうと幅広い品を買い取れるので査定価格を高目におまけしてくれる業者の話もよく耳にします。


和装小物は細かいものがいろいろありますが、どれでも使わないものをこの際なので全部まとめて、着物と合わせ宅配査定が無料なら、全部送って査定してもらえば不要品も片付き、いくらかお金になる可能性があります。


振袖は正装であり、着るのは重要な節目の時だと思いますが、それ以外に着る機会はありません。


着られる時期にも限りがあります。


そう考えると、保管が大変で持てあますくらいなら、売却を考えるのもタンスの肥やしになるよりは良いといえるでしょう。


いくらで買い取るかは気になるところですが、保管状態があまり良くないと数千円ぐらいで、保管が良く、ものも良ければ数万円で売れる可能性があります。


いろいろな思い出が詰まった振袖だと思いますので持ち込みや宅配で無料相談や査定を行っているところも多いので時間をかけて調べ、自分が納得できるところで手放してください。


これまで大事にとっておいた、大切な着物を高く買い取ってもらうために手間を惜しまないなら、査定を何軒かで受けた後、買取価格の比較を行いましょう。


査定後のキャンセルができる業者を利用するのが得策です。


査定額を比べて、検討した後、金額も対応も信頼できる、良い業者と話を進めていくために買取の条件を査定のときに言われたら、忘れず確認して、最終的な結論を出しましょう。


06:06
2020年09月07日(月)
【着物を処分したい。できれば買取を利用して】
着物を処分したい。


できれば買取を利用してお金に換えたい。


でも自分が持っている着物が、いくらで売れるのかわからなくて不安。


そんな方もいるでしょう。


着物は着る人の年齢や着る場面によって、多くの種類に分かれています。


そして素材や技法によっても買取価格は大きく変わるので買取の相場があるわけでなく、素人には本当の価値がわかりません。


それでも、有名作家の作品や、有名ブランドの着物だった場合は高値で売れる可能性があります。


あまり古くなっていないブランド着物ならサイズが大きいものが多く、着たい人が多いため中古市場で高値をつけられるからです。


タンスの肥やしになっている着物を、高く買い取ってもらえれば本当にラッキーだと思います。


保管状態が良く、傷みがなければ高価買い取りの条件を満たしています。


流行の柄、あるいは人気の柄、素材も有名な産地だったり、高級なものだったりすれば思いがけないお宝になるかもしれません。


反物で、仕立てていないものも多くは着物と同じ扱いで買取可能です。


反物も着物と同様に考えぜひ業者の査定を受けてください。


着物の買取ではじめに突き当たる壁、それはどの業者に持ち込むといいかと考えてどうすれば良い業者を探せるのか、見当がつかないことです。


今は、ネットで全国の業者を探すことができ、宅配で買い取ってもらえるので迷うのが当然だと思います。


よく見かける町の古着屋でも、着物を買い取る店が多いでしょうが、価値があると思う着物なら、着物の専門店に持って行く方がいいでしょう。


専門店だからこそ、着物の知識、経験が十分な鑑定人が見てくれるので着物の価値を正当に認めてもらえるでしょう。


いい着物であるほど、自宅で手入れするのは大変です。


もう着ないと見込まれるなら買取を考え、専門の業者に見積りを頼むのがみんながすっきりすると思います。


買取業者も新旧、全国各地にたくさんありますので判断が難しいときはこの分野のランキングサイトもあるので自分が納得できる買取ができそうな業者を見つけましょう。


保管状態がいいかどうか、製作者は誰かなどいろいろな観点から査定されますが高価買い取りのためには、まず状態が良くないといけません。


売りたい着物があれば、そこで重要なポイントになると思われるのは自分が納得のいく価格で買い取ってもらえるかなのでしょうね。


着物の買取には相場があるのか、と聞かれると、相場はないというべきで、素材も、仕立ても、状態も、サイズも問題になるので価格は一枚一枚違うのです。


経験豊かな専門店の鑑定士に査定してもらうしかありません。


どこの業者でも査定は無料なので、買取を思い立ったら、一日でも早く連絡しましょう。


05:36
2020年09月06日(日)
【振袖は正装であり、着るのは重要な】
振袖は正装であり、着るのは重要な節目の時だと思いますが、そうそう何度も着られるものではありません。


ですから、管理が負担になるくらいなら、着なくなったら、専門の業者に買い取ってもらうのも大事な着物を有効活用する道です。


ではいくらで売れるかというと、安ければ数千円のこともありますが、高級品で状態が良いと、数万円を超える値もつきます。


女子の人生では大事な着物でしょうから、無料相談や査定を行っている業者も多いので、できれば複数の業者の目を通し、ここならというところで売るようにしましょう。


文字通り、タンスの肥やしになっている着物がわが家にもあって、買い取りのお店まで持って行く手間も時間もなく、手間をかけて持ち込んでも、それに見合った買い取りをしてくれるのかそこから調べるのかと思って、結局処分に踏み切れませんでした。


この頃はサービスが良くなり、どこでも買い取りに来てくれる業者もちょっと探せばあるようです。


いいお店をランキングサイトで調べ、自分のニーズに合った業者を手間ひまかけて探すつもりです。


着物を売る前に、いくらで買い取るか査定を受けますが、お店に持ち込むのと、出張査定を頼むのとではどちらを選んだ方がいいかといえば、車の買取と同じで、お店で査定してもらった方が良いです。


思ったよりも安い査定額だった場合、後で他のお店に回ることもできるからです。


お店までの足がない、量が多いなどで持ち込みできないならどこでも無料で出張査定してくれ、査定額によっては、買取を断ることもできると明文化している業者に依頼しましょう。


信頼できる着物買取業者を探しているなら、テレビCMでもおなじみの「スピード買取.jp」は、専門の査定士がいて顧客満足度も高いようです。


無料の電話相談は、年中無休で受け付けているので、暇を見ていつでも相談できるんです。


携帯やスマホにも対応しているので外からでも大丈夫です。


査定は無料で、持込・出張・宅配便の3種類から選べるので、評判が高いだけあって使いやすさは抜群です。


いままで知らなかったのですが、着物の買取は、いまどきは宅配便を使った査定方式が珍しくないようなので、私も母や叔母から譲り受けた着物を、思い切って処分することにしました。


モノは悪くないので、買い叩かれないように、きちんとした業者さんにお願いしようと思います。


中古品の買取は古物商免許が必須ですから、先に確認してから査定依頼する予定です。


05:12
2020年09月05日(土)
【着物の価値は、素材や色柄、仕立】
着物の価値は、素材や色柄、仕立てなどいろいろな要素で決まりますが、その中で、買い取りのとき高値がつく可能性が大きいのは織り、染めなどが有名な産地の品です。


大島紬や本場黄八丈に代表される、どんな着物か、着物に関心がある方なら目に浮かぶような有名ブランドであればファンが多いので、高値がつく可能性は高いでしょう。


査定時の状態は良くないといけませんし、証紙のあるなしが査定に大きく響くことはいろいろな品の買い取りと同じく、当たり前のことです。


リサイクルブームがひとつの契機となって、和服買取をしてくれる業者というのが以前よりずっと増えてきています。


ウェブ検索すると数多くの業者が見つかりますが、もっとも気をつけるべきなのは、普通の買取業者を装って、依頼者から送られてきた着物だけを騙し取るような詐欺ともいえることを行っている業者もあるという事実です。


日本の女子にとって、振袖を着るのは大事なシーンに限られます。


別な見方をすれば、一定の年代になれば着ることはできません。


もう着ないという決断ができれば、着物買取業者に引き取ってもらうのも次に着る人に上手く引き継ぐ手段といえます。


買取価格は、元々の価値と保管状態により、一枚数千円のこともありますが、生地と仕立てが良く、良い状態で保管されていれば数万円になることもあります。


女子の人生では大事な着物でしょうから、送料無料で査定してくれる業者もありますから、複数の業者にあたって、自分が納得できたら手放すといいでしょう。


タンスの中で休眠状態の着物の管理に悩んでいませんか。


着物を着る機会が年に何度もあれば別ですが、虫干しだけでも結構な仕事なのは確かです。


振袖は特に、袖の長さの分だけ管理も他の着物に比べ負担感が増します。


もう着ないと考えられる着物ならばいっそのこと、買い取ってもらってもいいかもしれません。


仕立てなどがいいものであれば傷みなく着ており、きちんと手入れされていれば買取価格は高くなります。


着物を売る前に、いくらで買い取るか査定を受けますが、着物を持って行った方がいいのか、自宅などでみてもらった方がいいのかできるだけ有利に査定を進めたいならどんな買取でもそうですが、持ち込みの方が有利です。


この査定額では納得できないという場合、後で他のお店に回ることもできるからです。


いろいろな事情で出張査定しかない場合、査定料、出張料どちらも無料で査定の結果次第で、依頼のキャンセルも可能と明記していることを確かめてください。


04:54
2020年09月04日(金)
【仕立ができる祖母がいたせいか、古い着物や袖を通した】
仕立ができる祖母がいたせいか、古い着物や袖を通したことのない着物が、家にはどっさりあります。


色の薄いものにはシミが浮いたり、いまいちな品もありましたが、きちんと値付けしてもらえたのには驚きました。


訊ねてみたら、最近の中古品は、昔なら断っていたようなシミでも、店側で専門の人が染み抜きをするのだそうで、買い取ることが多いらしいです。


もちろん、そんなに高い買取価格は見込めないですけどね。


古い着物をどうにかしたいと思っても、どこに持ち込んだらいいのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。


ネットの着物買取サービスをご存知でしたら、それを利用すると一気に悩みが解消できると思います。


インターネットで買取(査定)依頼すると、手数料や宅配便の送料が無料になることもあります。


元が高額な着物の場合は、きちんとした査定士がいるところを選ぶのがコツです。


着なくなった、でも捨てるには惜しい着物が、高値で売れれば着てくれる人に引き継ぎでき、お金も手に入って嬉しくなりますね。


まずは新品同様であれば、高い値がつくことが多いといえます。


そして流行の柄、上質の素材、仕立てが良いなど付加価値があると思いがけない高値で売れることもあります。


さらに、仕立てる前の反物だけでも大抵の業者では買い取ってくれます。


反物一本だけでも、無料査定や相談を利用してみてください。


着る人のいない和服を処分するとき、気になるのはやはり価格ですよね。


貴金属のように相場表でもあれば見てみたいものです。


ただ、中古着物の値段というのは、保管状態だけでなく、元々の品物の良さ、素材や汎用性(希少性)でも値付けが異なるので、ひと括りにできないところがあります。


また、仮に同等の着物があったとすると、サイズが大きいもの(直せるもの)のほうが高くなるでしょう。


着物の価値のわかる査定員のいる業者に査定を依頼するほうが高値になるのは確実です。


着物を買い取ってもらおうと思い立って、家の近くから通販専門のところまで、何軒かネットで調べました。


着物を売るのも、洋服の古着並みになっていて、その場で梱包してくれる業者、専用の箱も無料、宅配で送るのも無料で、査定も無料という業者も複数あるようです。


自分に合った買取方法を調べると、持ち込みができないほど大量でもなく近所に専門店があることがわかったので、直接持ちこんでお金の受け取りまでできればいいかなと思いました。


04:48
2020年09月03日(木)
【中古着物の買取業者によるトラブル】
中古着物の買取業者によるトラブルが増えていますから、依頼する側でも注意が必要かもしれません。


ほんの一例ですが、出張査定(買取)を頼んだら、その日のうちに急に家に訪れて、「着物と貴金属と合わせていくら」と長時間ねばられ、泣く泣く格安で売ったという例もあるのです。


チラシの連絡先が携帯番号になっている業者などは、注意したほうが良いでしょう。


誠実な業者であれば、そういった心配は不要でしょう。


文字通り、タンスの肥やしになっている着物がわが家にもあって、かさばるし、案外重いのでお店に運ぶのも億劫で業者はたくさんあり、どこが良心的なのかなかなか人に聞くこともできなかったのでずるずると先延ばしにしていました。


近頃は着物買取業者も競争が激しいのか、宅配で買い取りするお店も結構あると聞いています。


大手から専門的なところまでいろいろあるので、うちの着物を高く買い取ってくれるところを家族で検討しています。


いわゆる着物の買取価格はいろいろな要因で決まります。


着物自体がどんな素材か、人気の色柄か、仕立てはいいかを見られます。


そして保管状態が良いかも、厳しく問われます。


ブランドものの、仕立ての良い着物だったとしても、汚れがひどいもの、カビの跡が明らかなものだとかなり価値を下げてしまうのがどの業者でも同じです。


とはいっても、跡を残さず汚れを落とすことが可能なら、買取の可能性がかろうじて残っています。


くれぐれも素人判断は禁物です。


無料で査定も受けられるので、ぜひ利用してください。


いなかで家が広いせいか、着なくなった和服や小物類が我が家にはたくさん残っていました。


出してみると保管状態が悪いものもありましたが、業者さんは納得の上で買取してくれました。


訊ねてみたら、最近の中古品は、正体のわかっているシミ程度なら業者が染み抜きの手配をするため、買取になる事例が多いそうです。


そうはいっても、お値段は「相応」のものになります。


着なくなった着物でも、処分する際に気になるのはやはり価格ですよね。


相場があれば知りたいというのも当然です。


しかし中古品といっても和服の場合は、状態、古さ、素材や種類といった要素で価格が変わるので、一概にいくらと決めるわけにもいきません。


姉妹で同じ着物を売ったとしても、サイズが大きいもの(直せるもの)のほうが高くなるでしょう。


和服専門の査定士がいるお店に査定してもらえば、納得の価格が出やすいと思います。


04:42

←前n 次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++