知っておきたい着物買取のコツ


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2020年02月17日(月)
【思い入れのある織り着物を持っていたのですが、大事】
思い入れのある織り着物を持っていたのですが、大事に手入れしてしまっていたのですが、洋服しか着ない毎日ですし、これからその着物を着ることもないと思って思い切って処分しようかと迷いました。


ネットで「着物 買取」と検索したら、着物の買取を行う業者が、いくつもヒットしました。


ただ捨てるよりも、次の人に譲った方が人の役に立てると考えて売るのが一番いいと心を決めました。


売りたい着物があれば、そこで一番気になることは売れるとしたら、納得のいく価格になるかに決まっています。


相場がわかればと思うかもしれませんが、相場はあってないようなものです。


品質をはじめ、保管状態、丈や裄などのサイズによって、価格は流動的と考えるべきです。


着物鑑定のプロに査定してもらうのが、一番いいでしょう。


査定は無料で行うのが当たり前になっているので遠慮せずに、近くのお店に電話してみましょう。


着ない和服を買取に出そうと考えている人でも、点数自体が多いとか、近所に店舗がなかったりすると、持っていくのに一苦労です。


どうしようかなと迷ったら、買取業者の訪問買取を活用してみませんか。


依頼主は電話をかけるだけで済みますが、業者が個々に定める分量に足りない場合は受け付けないこともあるので、先に電話で確かめておくと安心でしょう。


いまどきはネットが大変発達しているため、かつては知っている人しか知らないような情報ですら、いとも簡単に入手できるようになりました。


ただし、それらをどう使うかは人によります。


金銭対価が生じる着物買取などは、業者のサイトを見るだけでなく、ネットでの評判も確認し、ある程度の良し悪しを見極めてから、最低でも2社以上の業者に査定を依頼すると良いでしょう。


単独査定だと高いか安いかわかりませんし、手間や時間がかかることは仕方ないです。


着物の買取ではじめに突き当たる壁、それはたくさんの買取業者の中から絞り込むのに何を判断材料にしたらいいか、です。


今はネット検索すれば多くの業者にヒットするご時世なので却って迷うのではないでしょうか。


着物の買取を行う町の古着屋もたくさんありますが、着物としての価値を追求するなら、専門の業者でないとわかってもらえません。


専門店ならではの、着物に関する知識と経験が豊富な鑑定人が見てくれるので付加価値も含めて、きちんと評価してもらえるでしょう。


12:18
2020年02月16日(日)
【いろいろ思い入れのある織り着物を持っていて、大切な着物】
いろいろ思い入れのある織り着物を持っていて、大切な着物としてきちんと保管していましたが、圧倒的に洋服で過ごすことが多く着物を着なくてはならない用もなく処分してもいいかなと思うようになりました。


ネットで「着物 買取」と検索したら、着物の買取を行う業者が、いくつもヒットしました。


ただ捨てるよりも、次の人に譲った方が着物が役に立つ可能性もあると思い買い取りしてもらうことを決心しました。


初めてのお宮参りで、着物を新調しました。


一度しか着ないものだし、レンタルでもいいかと思いましたが、義母は、着物を新調するのが当然と圧力をかけてきました。


けれども、手入れも保管も結構な負担です。


周囲からのすすめもあり、きれいな柄の、素材も上等な着物にしたので保管も手がかかるのはよくわかっています。


桐箪笥で保管するのがいいとはわかっていても、着物が一枚しか入っていないタンスを置く場所なんてありません。


これから七五三で着れば十分でしょう。


後は思い切って買い取ってもらおうかと真剣に考えています。


祖母が遺した着物があったので着物買取専門のお店に持って行きました。


おそらくほとんど着ることはない着物で、私がこのまま保管しておくのも着物の価値が目減りしていくだけだし誰かが大事に着てくれれば、祖母も喜ぶだろうということになったからです。


念には念を入れて、何軒かのお店に持って行きました。


一点で高値がつくようなものはなく、どの業者も同じで、全部まとめての価格を提示されました。


最終的に、条件もよく、満足できる価格をつけた業者に引き取ってもらいました。


タンスの中で休眠状態の着物に困っていませんか?着物は着るべき時に着るもので、折々の手入れだけでも大変なのは事実です。


振袖の場合、色も鮮やかなものが多く、お袖も長いので虫干しだけでも手間がかかり、細心の注意を払わないといけないですね。


いろいろな理由で、着ることがない着物があれば業者に買い取ってもらうと負担が軽くなりますよ。


ものが同じなら、傷みなく着ており、きちんと手入れされていれば買取価格は高くなります。


着なくなった着物を整理したいと思いつつ、処分先をどうするか考えこんでしまって放置している人もいらっしゃるでしょう。


でしたら、着物買取のネット業者を利用すると気軽ですし、手間も少なくて良いでしょう。


業者のサイトから申し込むだけで、着物を送るときの宅配便代や手数料がタダになるところもあるようです。


思い入れのある高価な着物を売るのなら、ちゃんとしたプロのいるお店に依頼することがコツです。


08:42
2020年02月15日(土)
【もう着ない着物を買い取ってほしいと】
もう着ない着物を買い取ってほしいとき終始気にするのが自分の着物の価値を、十分認めた値段になるのかしかないでしょう。


果たして相場があるのか?と思うでしょうが相場はあってないようなものです。


品質をはじめ、保管状態、丈や裄などのサイズによって、価格は流動的と考えるべきです。


着物の価値をよくわかっている鑑定士に査定してもらうのがベストです。


どこの業者でも査定は無料なので、電話かメールで、査定の予約をとってみましょう。


実際に着物を買い取りに出すときは必ず査定をしますが、そこで証紙を一緒に見せられるようにしてください。


証紙の説明をすると、織り元や織物工業組合などが一定の基準を満たした製品であることを証明として発行された独自の登録商標を指します。


この証紙を捨てる方やありかがわからないという方もいるそうですがないと自分が損をすると思いますので査定のときには揃えておいてください。


多くの方が、着物をタンスの肥やしにしているもので、着物の買取サービスを利用される方も思いの外、多く見かけます。


着物の中でも、需要が多くて売れやすいのは何かと素朴に考えるところですが、ずばり、訪問着が一番高く売れます。


訪問着なら年齢を重ねても着ることができて、未婚、既婚を問わず、幅広い場面で着られるからです。


訪問着を買い取ってもらおうかとお考えの方、査定は無料の業者が多いですよ。


私が着物を買い取ってくれる店を探していると言ったら、お茶仲間の人から売却の秘訣を教えてもらいました。


やはり古いものより新しくて状態が良い着物のほうが価格は高くなるらしく、汚れや傷みがあると、元が良い着物でも査定額は落ち、買い取らない(値段がついても捨て値)場合もあるのだそうです。


シミは業者側がきれいにすることもあるとか。


さすがにそこまで悪いのは手元にないので、査定だけでもお願いしてみようかなと思います。


着物の宅配買取もよく行われていますが有利な買取のために、気を遣ってほしいのは、反物を買ったときか、仕立てたときについてくる反物の切れ端や保証書をとっておいたかどうかです。


家電やパソコン、ゲームソフトを売ったことがあればわかると思いますが、これらは品質の保証になるもので言うまでもなく、その有無によって査定結果が明らかに違ってきます。


着物の一部と考えて必ず一緒に送りましょう。


それも着物の価値の一部です。


07:30
2020年02月14日(金)
【もう着なくなった古い着物や帯など】
もう着なくなった古い着物や帯などが、うちの納戸には山ほど保管されていました。


保管状態の良いものと悪いものがあったものの、それなりの値段がついたので良かったです。


聞いた話では、今時の中古着物は、正体のわかっているシミ程度なら店側で専門の人が染み抜きをするのだそうで、買い取ることが増えているのだそうです。


そうはいっても、査定額はそれなりです。


でも自分でシミ抜きする手間を考えたら気楽ですね。


かさばる着物を買い取りに出したいと思っていても、点数自体が多いとか、お店が近所になかったりすると、持ち込むのが大変だし、時間もかかるでしょう。


どうしようかなと迷ったら、出張買取サービスを利用してはいかがでしょう。


電話かネットで依頼すると自宅に査定士さんが来てくれます。


その代わり、まとまった量であることが必須で、少ないと利用できないこともあるので、事前連絡の際に相談しましょう。


友人の祖母が亡くなり、形見分けして着物をもらったのですが自分では着ないので、業者に買い取ってもらおうかと私に相談してきたのです。


長く着ていたので傷んでいる箇所もあり買い取りできないこともあるのかななんて心配もあるようです。


確かに、他の人に売れるから買い取るわけですよね。


明らかなすれや傷みのある品は売れないと思います。


友人もさすがに、リサイクルをもういいと思ったようです。


つい最近、祖母の形見だった着物を手放すことになり、買取専門の業者に見てもらいました。


私たちが何度も着るような着物はなく、ただタンスの奥で眠らせておいても着物がかわいそうだし、着てくれる人に引き渡すのが、一番いいという話になったのです。


一軒だけだと不安なので、複数の業者に見てもらいましたが個別に値段がつくような作家ものやブランド品はなく、全部でいくらと、どこの業者でも言われました。


でも、全て買取可能ということで、値段にも納得できたので売ることを決めました。


不要になった和服。


もしリフォームするのでなければ、買取の専門業者にお願いしてはどうでしょう。


愛好者の多い紬などは、結城や牛首のような品でなくても、きちんと査定して買い取ってくれます。


リサイクル店より見る目があるので、相応の価格がつくのが嬉しいですね。


紬はお対にすることも多いですが、あればセットのほうが高値です。


また、友禅やブランド着物なども買取対象です。


一度問い合わせてみてはどうでしょう。


06:42
2020年02月13日(木)
【要らなくなった和服を買取に出すとき、一番気になるのは】
要らなくなった和服を買取に出すとき、一番気になるのは買取価格でしょう。


貴金属のように相場表でもあれば見てみたいものです。


ただ、中古着物の値段というのは、紬や友禅といった種類のほか、新旧、状態などでも価格が異なるので、例を挙げるのが困難な商品です。


たとえば種類や状態が同等の訪問着があれば、サイズが大きいほうが、着付けやお直しができるので高値で引き取るはずです。


街の古着屋ではわかりません。


価値のわかる専門業者に値段をつけてもらうことは、結果的に得になると思います。


インターネットが普及した昨今では、稀少な情報や今までわからなかったようなことでも、うろ覚えの記憶を頼りに検索し、入手できます。


ただ、どんなことにも言えますが、品物と金銭のやり取りがある和服買取の場合は、業者のHPのほかに掲示板などの評価も参考にし、そこそこ信頼できるところに絞ったあと、かならず複数社に査定してもらうようにしましょう。


複数だと競争で価格もあがりますし、良い値で売るためには、手間を惜しまないほうが、あとあと納得できると思います。


タンスの肥やしになっていた着物を買い取ってもらい、予想以上のお金に換えられることもあります。


これは確定申告が必要?と思うかもしれません。


普通、着物は生活必需品とみなされ、買取金額には課税されないはずですが、美術工芸品とみなされる場合は課税されることもあり、いろいろなケースが考えられます。


不安を取り除くためにはきちんと申告して、払うべきものを払うために、税務署には通年の相談窓口がありますから、ぜひ問い合わせてみましょう。


着る人がいない着物や、親戚の誰々の着物とかいうのが、私の実家には多く保管されています。


色の薄いものにはシミが浮いたり、いまいちな品もありましたが、きちんと値付けしてもらえたのには驚きました。


聞いた話では、今時の中古着物は、昔なら断っていたようなシミでも、業者に染み抜きの専門家がいるので、買い取ることが増えているのだそうです。


とはいえ、査定額はそれなりです。


でも自分でシミ抜きする手間を考えたら気楽ですね。


中古着物の買取業者によるトラブルが増えていますから、査定依頼するときは注意しましょう。


たとえば、出張査定(買取)を頼んだら、アポ無しで来て、「着物と貴金属と合わせていくら」と長時間ねばられ、泣く泣く格安で売ったという例もあるようです。


投げ込みチラシを鵜呑みにするのは危険ですね。


まともな業者なら、違法な行為は商売に障るので、しないはずです。


06:12
2020年02月12日(水)
【もう着ない着物を買い取ってもらうこ】
もう着ない着物を買い取ってもらうことを考え、ネットで業者のサイトをのぞいてみましたが、思ったより使い勝手は良いようで、自宅など指定した場所まで取りに来る業者や箱を送ってくれ、それに詰めて返送すれば査定してくれる業者も何軒かみつけました。


その中から自分に合った買取方法を探しました。


着物の枚数は少ないので近くの専門店への持ち込みができそうなのでその場で買取が終われば一番楽だと考えています。


それほど重さが苦にならないのであれば、着物買取はお店に持ち込むのが納得できる取引のコツのように思います。


第一、持ち込むのなら、業者の提示額と自分の希望に差があっても、断って別の店を探すこともできます。


直接会って話すわけですから、個々の査定額やその理由もわかり、交渉もしやすいです。


しかし量が多くて持ち込むのが難しい際は、いくつかを自分でピックアップしたうえで持込査定を依頼し、ここなら良いというところに出張査定を依頼すればよいのではないでしょうか。


タンスに眠っているだけの着物を、買い取ってもらって手放したい。


だけど売れないと恥ずかしい。


結構そういう方がいるようです。


ちょっと考えただけでも、着物の種類は振袖、留袖、訪問着などたくさんあります。


また素材や技法によって価値が決まるので買取の相場があるわけでなく、素人には本当の価値がわかりません。


有名作家の作品や有名ブランドの着物を売ろうと考えているなら、それは高値での買取を期待していいでしょう。


現代の有名作家の作品なら、昔の品より裄丈にゆとりがあるため高値で転売できる可能性があるからです。


仕事で和服でも着ない限り、一般人が着物を売却することはまずないと思うので、もし処分するなら、高値で買い取ってもらうために和服買取店の評判のチェックぐらいはしておきたいものです。


買取実績もあって評判も悪くない買取業者を見つけたら、複数のところに査定してもらい、比較します。


買取値や査定理由が明確なところを選ぶと納得のいく取引ができるでしょう。


着物買取の前には必ず査定がありますが、店舗への持ち込み、出張査定、どちらも無料で利用できるならどちらを選んだ方がいいかといえば、できればお店へ持って行きましょう。


思ったよりも安い査定額だった場合、出張よりは断りやすいと考えられます。


お店が遠いなど、持ち込みができない場合、出張でも無料査定を行い査定後の買取中止も無料でできると明記していることを確かめてください。


06:12
2020年02月11日(火)
【以前は街の質屋さんでは着物を扱うこ】
以前は街の質屋さんでは着物を扱うことが珍しくなかったのですが、現在は扱わない店も増えていますから、近いからといって持ち込む前に、確認するのが良いですね。


もし手間が嫌でなければ、着物を専門に買い取る業者に頼めば、プロの目で査定してもらえ高値がつきやすいので、そちらの利用を考えてみてはどうでしょう。


といっても知っている店がないという場合は、ネットで検索すれば簡単に見つかります。


家を建て替えることが決まったのであらゆるものの整理を行っていたところその中で、忘れられていた昔の反物が出てきました。


上手く保管されていたので状態も良く、目立った傷みもなく買ったときの状態を保っています。


着物の買取業者に尋ねてみたところ、反物も着物と同じ扱いで買い取ってもらえるそうです。


仕立てないで置いておくのももったいないので次に必要とする人のために、手放した方がいいと思いました。


思い入れのある織り着物を持っていたのですが、大事に手入れしてしまっていたのですが、洋服しか着ない毎日ですし、これからその着物を着ることもないと思って手放すことを考えはじめました。


着物の買取についてネットで検索したところ着物の買取を行う業者が、いくつもヒットしました。


ゴミとして捨てるのは辛いし、他の誰かに着てもらえれば着物にとってもいいだろうと思い、買い取りしてもらうことを決心しました。


着物を買い取ってくれる業者があることは知っているけど、利用したくても値がつかなかったり、すごく安い値段しかつかなかったらみっともない。


そんな方もいるでしょう。


着物は案外種類が多く、高く買い取ってくれるものとそうでないものがあります。


また素材の他、技法、色柄などによっても価値が決まります。


プロの鑑定士が見ないと、価値はわかりません。


けれども、有名作家の作品や、誰でも知っているブランドの着物ならば、査定で思わぬ高値をつけられるかもしれません。


あまり古くなっていないブランド着物なら昔の着物に比べると裄丈が長く、大柄な人でも着られるので高値で転売できる可能性があるからです。


売りたい着物があれば、そこで最大の関心事は自分が納得のいく価格で買い取ってもらえるかではないでしょうか。


相場がわかればと思うかもしれませんが、実は、着物の買取は素材、色柄、保管状態、サイズなどの条件次第で価格は一枚一枚違うのです。


着物鑑定のプロに査定してもらうのが、一番いいでしょう。


査定は無料で行うのが当たり前になっているので電話かメールで、査定の予約をとってみましょう。


05:54
2020年02月10日(月)
【手持ちの着物を売りたいとき、誰もが終始】
手持ちの着物を売りたいとき、誰もが終始気にするのが自分が納得のいく価格で買い取ってもらえるかということでしょう。


着物の買取には相場があるのか、と聞かれると、実は、着物の買取は素材、色柄、保管状態、サイズなどの条件次第でそうした条件を全部考え合わせて査定されます。


着物鑑定のプロに査定してもらうのが、一番いいでしょう。


査定は無料で行うのが当たり前になっているので着物を売りたいと思ったら、気軽に連絡してみましょう。


和服は高価だし思い入れもあるもの。


処分するときにも、誠実な買取業者を選ばなければ、買い叩かれて損失を被ることがないとは言えません。


よくトラブルで耳にするのは、不当な安値での買取りが一番多いです。


また、宅配査定で断ったけれどなかなか返してもらえないなどですね。


あらかじめ相手の評価をネットなどで調べ、吟味した上で査定を依頼し、梱包前に写真を撮っておくのも自分のメモ代わりにもなり、トラブル防止に有効です。


振袖と言えば成人式ですが、その前後の思い出だの、思い入れだのあるようで、処分する気は全くない人がどこにでもいますが、振袖を着る時期を過ぎても、保管しておく手間を考えたら、専門の業者に買い取ってもらえばより生産的かもしれません。


上質の生地で、色や柄も品のいいものならそこそこの買取価格で売れるでしょう。


自分磨きに使うも良し、今後のために貯金してもいいのではないでしょうか。


箪笥の中の古い着物の処分に悩んでしまい、それきりになっている方は少なくないと思います。


最近は専門の買取業者さんというのが多くなって、処分も簡単になったようですよ。


大事に保管してきた着物でも、またどこかで誰かに喜んでもらえると考えると気持ちもすっきりしますね。


査定料や相談料が無料の業者さんも多く、宅配・出張・持込の方法から選べるのも良いですね。


保管状態の良い着物などは結構な高値がつくかもしれません。


着物の買取で、タンスの肥やしを処分できればと思うけれども、自分が持っている着物が、いくらで売れるのかわからなくて不安。


そんな方もいるでしょう。


ちょっと考えただけでも、着物の種類は振袖、留袖、訪問着などたくさんあります。


また素材や技法によって価値が決まるのでプロの鑑定士が見ないと、価値はわかりません。


それでも、有名作家の作品や、有名ブランドの着物だった場合は高値で売れる可能性があります。


現代の有名作家の作品なら、サイズが大きいものが多く、着たい人が多いため高値で転売できる可能性があるからです。


03:18
2020年02月09日(日)
【振袖を仕立て、着るのは人生で】
振袖を仕立て、着るのは人生でも大事な場面ばかりです。


ということは、それ以外に着る機会はありません。


着られる時期にも限りがあります。


そう考えると、保管が大変で持てあますくらいなら、買取業者に引き渡すのも次に着る人に上手く引き継ぐ手段といえます。


ではいくらで売れるかというと、安ければ数千円のこともありますが、いいもので、保管も良ければ数万円以上もありえます。


どんな着物でも、仕立てたときや着たときの思い出がたくさんあるでしょう。


無料相談や査定を行っている業者も多いので、何軒かで調べ、納得できたときに手放せれば、一番いいと思います。


いなかで家が広いせいか、着なくなった和服や小物類が家にはどっさりあります。


濃い色の退色が見られるものもあったのですが、それなりの値段がついたので良かったです。


最近の着物買取というのは、正体のわかっているシミ程度なら店側で専門の人が染み抜きをするのだそうで、買い取るパターンのほうが多いそうです。


とはいえ、そんなに高い買取価格は見込めないですけどね。


私が着物を買い取ってくれる店を探していると言ったら、唯一の売却経験者である姉が、心配して色々教えてくれました。


きれいで新しめの品物のほうが高値になり、刺繍のほつれや生地の傷みがあると、査定額もぐっと落ち、買取を拒否される場合もあるようでした。


私のは比較的新しいし殆ど着ていないので、査定依頼してみますが、はたしていくらになるでしょう。


タンスの肥やしになっている着物を、高く買い取ってもらえればタンスの中も片付き、お金も手に入って一石二鳥ですね。


新しくて傷みがなければ、高値買取の可能性がぐっと高まります。


流行の柄、あるいは人気の柄、素材も有名な産地だったり、高級なものだったりすれば査定価格にびっくりすることもあるかもしれません。


さらに、仕立てる前の反物だけでも着物と同じ扱いで査定され、買い取りしてくれます。


反物一本だけでも、査定が無料なら、気軽に受けてみましょう。


仕立てたまま一度も着たことがない着物であってもどんなものでも高く買い取ってくれるわけではありません。


袖を通したことはなくても、生地や糸は徐々に劣化していくもので時間の経過に伴い、状態の悪化が考えられます。


何回着たかは絶対的な価値ではありません。


査定時の状態が良ければ高値がつきます。


仕立て下ろしで今後も着ない、手入れもしているなどの着物があれば幸い、無料査定を受けられる業者を探してください。


01:36
2020年02月08日(土)
【衣替えのたびに、納戸の桐たんすにある着物を整理】
衣替えのたびに、納戸の桐たんすにある着物を整理したいと漠然と考えてはいたのですが、祖母や母の思い出があるしと、滅多なところへは出せないと思い、今まで来てしまいました。


ただ、雑誌で和服買取業者があるのを知り、調べてみたらたくさんあって、びっくりしました。


状態次第では高額になるみたいですし、そこはやはり専門店ですから、着物の価値がわかるのだなと感じました。


そのうちの一社に、折をみて電話をかけてみるつもりです。


これから、着物の買取をお願いしようというとき無料で出張もしているし、店舗へも持ち込めるとすればできるだけ有利に査定を進めたいなら車の買取と同じで、お店で査定してもらった方が良いです。


この査定額では納得できないという場合、他のお店の査定に持って行きやすいからです。


持ち込みは難しく、宅配か出張で査定してもらう場合、査定料、出張料どちらも無料で査定の結果次第で、依頼のキャンセルも可能とはっきり示しているか、確認してから依頼しましょう。


全く袖を通したことがない着物でも、どんなものでも高く買い取ってくれるわけではありません。


袖を通したことはなくても、経年劣化は多少なりともあるので状態は確実に悪くなっていきます。


使用済か未使用かではなく、査定時の状態が良ければ高値がつきます。


保管状態が良く、未使用でもう着ないなどの着物があれば幸い、一日でも早く買取業者に見せましょう。


成人式の振袖と言えば、誰でもどうしても思い出や思い入れを背負っているもので、いつまでもとっておきたい人も多数派なのでしょうが、振袖を着る時期を過ぎても、保管しておく手間を考えたら、次に着てくれる人に譲ればこれからの自分のためかもしれません。


保管状態によりますが、生地や色柄が良ければそこそこの買取価格で売れるでしょう。


自分磨きに使うも良し、今後のために貯金してもいいのではないでしょうか。


自宅の建て替えに向けてあらゆるものの整理を行っていたところ仕立てる前の反物が見つかりました。


上手く保管されていたので状態も良く、外側だけ見ましたが、傷みはなくて買ったときの状態を保っています。


着物の買取業者に尋ねてみたところ、多くは反物も買い取っていることがわかりました。


この反物がわが家にあっても仕立てることはないので、次に必要とする人のために、手放した方がいいと思いました。


00:12

←前n 次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++