知っておきたい着物買取のコツ


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2019年09月20日(金)
【この間、祖母が着ていた着物を売ることになり、】
この間、祖母が着ていた着物を売ることになり、買取専門の業者に相談しました。


おそらくほとんど着ることはない着物で、このまま日の目を見る機会がないのも着物の価値が目減りしていくだけだし着てくれる人に引き渡すのが、一番いいという話になったのです。


何軒かの業者で相談しましたが、有名作家の作品というようなものはなかったので、提示されたのは全部まとめての値段でした。


最終的に、条件もよく、満足できる価格をつけた業者に引き取ってもらいました。


一般的に、着物買取業者では、着物の買取だけを行っているのではありません。


和装小物も売るように勧められると思います。


買取依頼をするときに、着物と小物を合わせて査定してもらうと幅広い品を買い取れるので着物本体の査定価格に上乗せしてくれるという宣伝をしているところもあります。


たとえ着物に合っていなくても、使っていない小物やかんざし類があれば思い切ってまとめ、着物と合わせて無料宅配査定のサービスを利用すれば不要品の処分と、買取が同時にできます。


最近は手軽にネットにアクセスできるようになり、かつては知っている人しか知らないような情報ですら、うろ覚えの記憶を頼りに検索し、入手できます。


ただ、どんなことにも言えますが、それなりの値段のする着物買取などは、買取業者の評判についてよく調べ、ふるいに掛けてから、複数の業者さんに査定をお願いしましょう。


思い入れのある着物を納得のいく価格で処分するなら、手間を惜しまないほうが、あとあと納得できると思います。


要らなくなった和服を買取に出すとき、買取額ってどうしても気になりますよね。


貴金属のように相場表でもあれば見てみたいものです。


ただ、中古着物の値段というのは、紬や友禅といった種類のほか、新旧、状態などでも価格が異なるので、大雑把な分類すらできない難しい品物なのです。


たとえば種類や状態が同等の訪問着があれば、現代人のサイズに合った大きなもののほうが高値がつきやすいです。


和服専門の査定士がいるお店に査定を依頼するほうが高値になるのは確実です。


近頃は街中にも中古和服を扱う店が出店したりして、着物買取をする業者が増えています。


ネットで調べると多数のサイトがヒットしますが、もっとも気になるのは、買取にみせかけて、品物だけを詐取するような詐欺まがいの営業を行っている業者もあるということです。


クチコミ等で信頼できるところを選びたいですね。


00:24
2019年09月19日(木)
【文字通り、タンスの肥やしになっている着物が】
文字通り、タンスの肥やしになっている着物がわが家にもあって、かさばる着物をお店に運ぶのも大変だしこれがいくらになるのかを査定してくれるのはどこか、自分で調べる余裕もなく全く動けないままでした。


最近の買取サービスは進んでいて、着物も宅配で買い取りするところが手軽に利用できるようです。


いいお店をランキングサイトで調べ、うちの着物を高く買い取ってくれるところをじっくり探していきます。


自分の着物を手放したい、業者に買い取ってもらおうと思えば、重要なポイントになると思われるのは自分の着物の価値を、十分認めた値段になるのかではないでしょうか。


相場はどのくらいか、気になりますが明らかな相場はありません。


ブランドや色柄、状態の良し悪し、サイズの違いなどを見られて価格は流動的と考えるべきです。


着物の価値をよくわかっている鑑定士に査定してもらうのがベストです。


どこでも、査定は無料で行っていますから、遠慮せずに、近くのお店に電話してみましょう。


古着を売ったことはあっても和服を売ったという人は少ないので、処分する際には、安値で買い叩かれないためにも着物買取業者の評価をチェックしておいたほうが良いでしょう。


たとえば送料や手数料が無料で使い勝手が良い和服専門業者を見つけ出し、少なくとも2社以上に見てもらい、査定額を比べるのです。


高値が良いのは勿論ですが、同じ査定額でも対応の良し悪しが分かるので、納得のいく取引ができるでしょう。


いらない着物を買い取ってもらいたいので、その前に高額査定の決め手になるのは何かいくつかの業者のサイトを見て、共通点を調べました。


素材や色柄、仕立てが上等であることが絶対に必要なことですが、加えて、保管状態や使用状況、つまりシミや傷がないかなども査定のときにはシビアに見られるようです。


どんな高級品だとしても査定で傷を発見されると大幅な査定額減は避けられないようです。


着物を買い取ってほしい方の大きな関心事は、どの業者を選べばいいのか、どのように決めたらいいか、迷うでしょう。


インターネットであっという間に業者を見つけ、全国の業者と取引できるので選ぶのは却って難しいといえます。


多くの古着屋で着物の買取も行っていますが、ある程度着物としての価値があれば、着物買取の専門店に持ち込んだ方がいいのです。


専門店ならば、着物の価値を十分知っている鑑定人に相談できるので大きな損はしないで済むでしょう。


00:06
2019年09月17日(火)
【最近、和服の買取専門業者の広告をよく目にす】
最近、和服の買取専門業者の広告をよく目にするようになりました。


もとは高かったからと出し渋っていると、保管場所に気を遣ったつもりでも、劣化は避けられないので価値が下がってしまうのです。


きちんと保管されてきた良い着物は高額査定になる場合もありますから、なるべく早めに査定依頼して、買い取りしてもらうことが肝心です。


着物はトータルコーディネイトするものなので、着物、帯はもちろん帯締めに帯揚げといった小物も一緒に買い取ってもらうといいでしょう。


セットと言っても、襦袢は例外のようです。


襦袢を下着だとみるところが多く未使用でなければ需要はありません。


しかし、全く買い取らないわけでもなく、正絹であまり古くなく未使用のもの、柄行が珍しいものなど他のものと一緒に買い取ってもらえる可能性があります。


他の着物や帯と一緒に、査定してもらいましょう。


ご自宅に古い着物があり、処分したいと思う方は少なくないでしょう。


リフォームはしにくく、捨てるには惜しく、買ってくれる人がいれば売りたいですね。


さて、着物の買取専門店で実績のあるところはいくつかありますが、どこからでも買取を受け付ける友禅市場をおすすめします。


どこから送っても送料は取られず、査定料もかかりません。


現在の価値を調べてもらうだけでも費用はかかりません。


着物の買取専門店を利用したことがない方も、まずはここの買い取りシステムを参考にしてください。


いわゆる着物の買取価格はいろいろな要因で決まります。


着物自体がどんな素材か、人気の色柄か、仕立てはいいかを見られます。


そして保管状態が良いかも、厳しく問われます。


もとは最高級の着物だったとしても、査定時に汚れや、カビをチェックされると絶対高値はつかないのが普通の結果なのです。


それでも、何とかきれいに落とせるなら買取の交渉もできるかもしれません。


いずれにせよ、素人が安易に決めつけずに無料査定で可能性を探ってみましょう。


着物の買取で、タンスの肥やしを処分できればと思うけれども、自分が持っている着物が、いくらで売れるのかわからなくて不安。


結構そういう方がいるようです。


着物は案外種類が多く、高く買い取ってくれるものとそうでないものがあります。


また素材の他、技法、色柄などによっても価値が決まります。


素人が買取価格を予想するのは無理です。


それでも、有名作家の作品や、有名ブランドの着物だった場合は高値で売れる可能性があります。


現代の有名作家の作品なら、昔の品より裄丈にゆとりがあるため需要があり、業者が手に入れたいのです。


23:54
2019年09月16日(月)
【伝統的な衣装である着物には洋服にはない良さがあり】
伝統的な衣装である着物には洋服にはない良さがありますがその手入れには特有の手間がかかるものです。


虫干しに始まって和紙を挟んで元通りに畳み、保管は桐箪笥に入れてと、十分手間をかけないと状態を保てません。


そこで提案ですが、もしも着ない着物やサイズが合わない着物があれば着物買取専門店に引き取ってもらっていいかもしれません。


タンスの肥やしに日が当たることになりますし、枚数が減れば、お手入れの手間も減ります。


最近は、着物を買い取り業者に宅配で送るのも普通になってきましたが、注意することが一つあります。


ある程度以上の品質の着物には、必ずついてくる反物の切れ端や保証書をとっておいたかどうかです。


家電やパソコン、ゲームソフトを売ったことがあればわかると思いますが、生産地や製作者を保証するためにこのようなものがあり、それが高級品であるほど、あるかないかによってものの価値は相当違ってきますから、着物の一部と考えて一緒に送るのが、かなり大きなポイントです。


どんなものの買取でもそうですが、皆さん買取業者の選び方を考えると上手な決め方がわからないことでしょう。


今はネット検索すれば多くの業者にヒットするご時世なので自分に合った業者を見つけるのは非常に難しくなっています。


古着屋で着物も扱うところが多いのですが、着物としての価値を追求するなら、専門の業者でないとわかってもらえません。


専門店ならではの、着物に関する知識と経験が豊富な鑑定人に相談できるので不当に低く見積もられることは少ないでしょう。


和服の買取をしてもらおうというときに、喪服は別と考えたほうが良いでしょう。


一度に大量に査定してもらうのならその一部として値がつくこともありますが、喪服は買い取らないのが普通です。


年配者にも洋服の喪服が定着していることもあり、和服の中古市場では特に、普段使いでもなければおしゃれ着にもならない喪服の需要というのは、僅少だからです。


それを承知で、捨てるのにしのびないというのであれば、数は少ないですが、喪服を買う業者さんもないわけではないので、そちらを当たってみるのも手でしょう。


要らなくなったり着れなくなった着物を処分するなら、中古着物専門の業者さんに買い取ってもらうと良いですね。


愛好者の多い紬などは、大柄の黄八丈のような着物でも、プロがしっかり見た上で値段をつけてくれます。


専門店なので買取額も高めなのが良いですね。


それ以外には、友禅やブランド着物なども取扱対象のようです。


検討する価値はありそうです。


23:54
2019年09月15日(日)
【いい着物であるほど、自宅で手入】
いい着物であるほど、自宅で手入れするのは大変です。


着ない着物をとっておくよりも一日でも早く着物の買取業者に見てもらう方が収納スペースの確保にもなると思います。


買取業者も新旧、全国各地にたくさんありますので決めるのに迷うときはランキングサイトを上手に活用し、着物買取業者の評価も調べられます。


着物の保管状態はもちろん、同じ産地でも制作者によって価値は異なりますが状態が良ければ、大幅な減額はないと考えてください。


要らなくなった和服を買取に出すとき、買取額ってどうしても気になりますよね。


古本やブランド品のように相場がわかれば簡単です。


ただ、業者サイトの買取り例を見てもわかる通り、着物というのは素材や種類、状態、作家物など様々な要因で価値を判断するので、ひと括りにできないところがあります。


また、仮に同等の着物があったとすると、小さすぎたり細すぎるものは査定額が低くなり、逆は高値がつくこともあります。


和服専門の査定士がいるお店に査定を依頼するほうが高値になるのは確実です。


もう着なくなった着物が何枚かうちにあるのですが買い取りしてくれるお店まで持って行くのも面倒で、これがいくらになるのかを査定してくれるのはどこか、周りに着物を売った人もいなかったのでずいぶん長い間放っておいたのです。


最近の買取サービスは進んでいて、着物も宅配で買い取りするところが全国に増えているようで、業者間の差もあるようなので自分のニーズに合った業者を家族で検討しています。


箪笥の肥やしになっている古い着物。


どうにか処分したいとは思うのですが、形見分けで思い入れもあるため、滅多なところへは出せないと思い、今まで来てしまいました。


でも試しにウェブで調べたら、買取専門業者さんって多いらしいんですね。


驚きました。


和服を着たい人って多いんですね。


買取実例を見ると結構高額で、着物専門のお店なら、着物の価値をきちんと把握してくれるところが気に入りました。


天気の良い日に風入れがてら整理して、頼んでみるつもりです。


和服の買取というと、このごろは宅配を利用するものが増えてきているらしいので、独身時代に集めていた着物類を、引き取ってもらおうと考えています。


しつけ糸が残っている新品もあり、品物は悪くないので、誠実な業者さんを探したいと思っています。


中古品取扱の登録業者さんなら安心なので、まずそこを確かめてから問い合わせしてみようと思います。


23:36
2019年09月14日(土)
【質屋は高級品を扱うことが多いですが、着】
質屋は高級品を扱うことが多いですが、着物については、取扱をやめた店も少なくないので、近いからといって持ち込む前に、聞いたほうが確実です。


もし手間が嫌でなければ、着物を専門に買い取る業者に頼めば、より高い価格で買い取ってくれるので、高値だった着物ほど専門店でみてもらうことをお勧めします。


どこにあるか知らなくても、ネットで検索すれば簡単に見つかります。


もう着ない着物を買い取ってほしいとき重要なポイントになると思われるのは売れるとしたら、納得のいく価格になるかしかないでしょう。


果たして相場があるのか?と思うでしょうが実は、着物の買取は素材、色柄、保管状態、サイズなどの条件次第で買取価格が個々に決まります。


そうした価値を理解している鑑定士に見てもらうのが一番です。


業者のほとんどは無料査定や相談を行っているので遠慮せずに、近くのお店に電話してみましょう。


着物の買取を考えているので、まずは高額査定の決め手になるのは何か調べてみると、共通点がありました。


そもそも高級な品であることは絶対に必要なことですが、さらに、シミや傷がついていないかどうかもかなり重要な問題のようです。


ブランド品や、最高級品といわれる着物であっても傷があることがわかると査定額は大幅に下がるようです。


不要な着物を処分した結果、総額で結構な値がつくこともありえます。


これは確定申告が必要?と思うかもしれません。


考え方としては、衣類は生活必需品なので譲渡しても課税されませんが、美術工芸品とみなされる場合は課税されることもあり、これならこう、と断言できないことが多いのです。


不安を解消してすっきりしたいなら、確定申告の必要があるかどうかを知るために、最寄りの税務署で、相談窓口を訪ねてはいかがでしょうか。


着物専門の買取業者さんというと、最近では宅配便で対応してくれる業者が増えているみたいですから、独身時代に集めていた着物類を、思い切って処分することにしました。


しつけ糸が残っている新品もあり、品物は悪くないので、まともな業者さんに預けたいと思っています。


中古品の売買には警察署への届出が必要なので、それを掲げている業者さんに査定をお願いするつもりです。


22:12
2019年09月13日(金)
【最近多い和服の買取で、いくつか】
最近多い和服の買取で、いくつかのトラブルが報告されているので、利用するときには気をつけなければいけません。


私が最近聞いた例では、買取前の出張見積りを依頼したところ、事前連絡なしに家にやってきて、安値を提示し、うんというまで帰らないといった「押し買い」もあります。


チラシの連絡先が携帯番号になっている業者などは、注意したほうが良いでしょう。


きちんとした古物取扱商であれば、そういった心配は不要でしょう。


高かった和服を業者に引き取ってもらう際は、誠実で手慣れた業者に依頼しないと、買い叩かれてしまうこともあります。


よくある和服買取業者への苦情といえば、無茶な査定額(かなり安値)が一番多く、そのほかに査定依頼した着物が返ってこない系(遅延や不足)も少なくないです。


まず業者のクチコミ情報などを集め、依頼するようにしましょう。


それから、発送する前に写真に撮っておくのも良いかもしれません。


発送伝票も大切に保存しておいてください。


着物の買取を考えているとき、無料で出張もしているし、店舗へも持ち込めるとすれば少しでもお得なのはどちらか考えると、可能なら店舗への持ち込みをすすめます。


自分が満足できる査定額でなかった場合に、保留にして他のお店に行くこともできるからです。


持ち込みは難しく、宅配か出張で査定してもらう場合、査定料、出張料どちらも無料で査定後の買取中止も無料でできると明記していることを確かめてください。


衣替えのたびに、納戸の桐たんすにある着物を然るべき所に処分したいと思いはするのですが、形見分けで思い入れもあるため、良い引き取り手もなく放ったらかしにしてきました。


ただ、結構買取業者さんって増えてきてるみたいなんです。


ネットで調べて内心おどろきました。


今はブームなんでしょうか。


状態次第では高額になるみたいですし、和服専業の買取業者さんだと古着屋やリサイクルショップとは全然違うなと思いました。


今度きちんと整理して、査定依頼しようと思っています。


私の友達が、亡くなったおばあさんから譲り受けた着物があるけど、リサイクルに出したいけど、どこか買い取ってくれるところはないかと相談を持ちかけてきました。


すれや傷みもあるということで査定しても値がつかないかもしれないと思うので、余計悩むようです。


確かに、他の人に売れるから買い取るわけですよね。


買い取るなら着た跡がない着物の方がいいかもしれません。


友人もさすがに、リサイクルを止めることにしたようです。


22:00
2019年09月12日(木)
【着物買取業者というのをご存知でしょ】
着物買取業者というのをご存知でしょうか。


最近、苦情も多くなっているので、利用しようと思っている人は、注意してください。


私が最近聞いた例では、買取前の出張見積りを依頼したところ、その日のうちに急に家に訪れて、「着物と貴金属と合わせていくら」と長時間ねばられ、泣く泣く格安で売ったという例もあって、たしか新聞にも載りました。


チラシの連絡先が携帯番号になっている業者などは、注意したほうが良いでしょう。


古物商の届出が出ている業者は、家に押しかけて居座るようなことはしません。


古い着物はどこのご家庭にもあると思いますが、その処分にお困りの方もかなりいるのではないでしょうか。


着ていた人のことを考えれば捨てたくないですし、買ってくれる人がいれば売りたいですね。


実際、着物の買取を扱っている業者は数多いのですが、友禅市場を候補の一つにしてみてください。


どこから送っても送料は取られず、査定料もかかりません。


無料査定ならば、とりあえず価値を知りたい方にもおすすめです。


着物の処分を考えている方、まずは試しでぜひ一度検討してみてください。


着物の価値を評価してもらうためにぜひ一緒に見せてほしいのが証紙です。


この場合の証紙とは、生地の織り元、織物工業組合などで産地基準を満たした製品であると証明として発行された登録商標になっています。


買ったときに証紙を捨てる方だのありかがわからないという方もいるそうですが付加価値と言うより、買取に必要な書類の一つですので、探して査定のときに持って行ってください。


着物の買取を考えているとき、お店に持ち込むのと、出張査定を頼むのとではできるだけ有利に査定を進めたいならどんな買取でもそうですが、持ち込みの方が有利です。


査定の結果に満足できなかったときに保留にして他のお店に行くこともできるからです。


お店が遠いなど、持ち込みができない場合、査定料、出張料どちらも無料で査定の結果に納得いかなければキャンセルできるときちんと明記しているか、調べてください。


サイズが合わない着物の買取先を探していたら、唯一の売却経験者である姉が、心配して色々教えてくれました。


きれいで新しめの品物のほうが良い値段がつき、逆に退色やシミがあったりすると、たとえ高価だった着物でも査定は下がり、買い取ってくれなかったりすることもあるとのこと。


まあ、仕方ないですね。


シミが出るほど着たものはないし、けっこう綺麗なのが多いので、とりあえず買取査定に出してみようと思います。


20:48
2019年09月11日(水)
【もう着ない着物があって、高値で買い】
もう着ない着物があって、高値で買い取ってもらえたらタンスの中も片付き、お金も手に入って一石二鳥ですね。


保管状態が良く、傷みがなければ高価買い取りの期待も持てます。


そして流行の柄、上質の素材、仕立てが良いなど付加価値があると思いがけないお宝になるかもしれません。


反物の状態であっても多くは着物と同じ扱いで買取可能です。


仕立てる予定のない反物もぜひ業者の査定を受けてください。


着物をまとめて整理したいのだけど、アテがなくて困っている人は少なくないでしょう。


ただ、近頃また和服ブームで、専門買取業者が多くなりましたし、一度利用してみてはどうでしょう。


しまい込んでいた高価な着物でも、再び人の目に触れ、喜ばれるのは嬉しいものです。


無料査定のところも多く、宅配便も利用できるなど昔よりだいぶ便利になっています。


古いものでも状態が良ければ思ったより高値になることもあります。


わが家もとうとう建て替えることになり、昔からしまいこんでいたものを整理していますが、その中で、忘れられていた昔の反物が出てきました。


手入れはされていませんでしたが、しまっていた場所が良く外から見てわかるような傷みはなくたぶん上物だと思います。


着物買取業者の案内を調べてみると反物も着物と同じ扱いで買い取ってもらえるそうです。


今後もこの反物を使うことはなさそうなので、買取してもらうと片付けにもなり、換金もできて嬉しい限りです。


着物専門の買取業者さんというと、最近では宅配便で対応してくれる業者が増えてきているらしいので、私も貰い物の着物類を引き取ってもらおうと考えています。


しつけ糸が残っている新品もあり、品物は悪くないので、きちんとした業者さんにお願いしようと思います。


中古品取扱の登録業者さんなら安心なので、まずそこを確かめてから電話で問い合わせし、良さそうなところに依頼するつもりです。


さほど重さが気にならないのであれば、自分の手で和服買取のお店に持参するのが納得の秘訣だと思います。


訪問査定と違って、業者の出した金額に不満があるときは、断ることも気兼ねなくできます。


対面で疑問点の解消もできますし、価格交渉もでき、1枚だけ持ち帰るなんてこともできます。


それと、もし量がたくさんあって持参が困難な場合は、少量をお店に持ち込んで査定してもらって、ここなら良いというところに出張で査定を依頼するというのも手です。


20:42
2019年09月10日(火)
【着物を処分したい。できれば買取を利用してお金に換え】
着物を処分したい。


できれば買取を利用してお金に換えたい。


でも売れなかったらどうなるのかな。


そう思うのは当然です。


着物は案外種類が多く、高く買い取ってくれるものとそうでないものがあります。


また素材の他、技法、色柄などによっても価値が決まります。


買取の相場があるわけでなく、素人には本当の価値がわかりません。


有名作家の作品や有名ブランドの着物を売ろうと考えているなら、それは査定で思わぬ高値をつけられるかもしれません。


あまり古くなっていないブランド着物なら裄丈など、サイズが大きめに作られているのでぜひ買い取りたい品だからです。


着物が何枚か、家のタンスの奥にも眠っていて、買い取りのお店まで持って行く手間も時間もなく、どのお店で、着物をより高く買い取ってくれるのか自分で調べる余裕もなく実にもったいないことをしていました。


この頃はサービスが良くなり、どこでも買い取りに来てくれる業者もちょっと探せばあるようです。


大手から専門的なところまでいろいろあるので、できるだけ多くの人が高く評価するところを手間ひまかけて探すつもりです。


古い着物はどこのご家庭にもあると思いますが、その処分にお困りの方も少なくないでしょう。


可燃ゴミにはしたくないものですし、価値があるなら、売ってお金をもらいたいですよね。


さて、着物の買取専門店で実績のあるところはいくつかありますが、全国から買取をしている友禅市場はいかがでしょうか。


送料と査定料がかからないことは大きいと思います。


価値を調べてもらい、その後で売るかどうかを決められます。


この着物に、どれだけの価値があるかと思っている方はこの店のホームページをのぞいてみてください。


リユースで古着に抵抗感がなくなってきたせいもあり、着物買取をする業者が以前よりずっと増えてきています。


ネットさえあれば買取業者はたくさん見つけられますが、利用者として気をつけなければならないのは、買取実績がある業者のふりをして、依頼者から送られてきた着物だけを騙し取るような不法な商売を行ってトラブルになっている業者もあるそうで、古物商の認可ぐらいは確認したほうが良さそうです。


着物買取の値段を決める要因は、というと着物そのものの品質もさることながら、状態の良し悪しはかなり重要です。


着物としてどれほど高級だとしても、保管が悪く、汚れがあったりカビが生えたりしていれば絶対高値はつかないのが当然といえば当然です。


ただ、染み抜きなどで完全に落とせるものならそれなりの値がつくこともあり得ます。


くれぐれも素人判断は禁物です。


無料で査定も受けられるので、ぜひ利用してください。


20:42

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++