知っておきたい着物買取のコツ

2019年05月16日(木)
【それほど重さが苦にならないのであれば、着物買取はお店】
それほど重さが苦にならないのであれば、着物買取はお店に持ち込むのが納得できる取引のコツのように思います。


第一、持ち込むのなら、業者の提示額と自分の希望に差があっても、断って別の店を探すこともできます。


なにより対面式ですから、価格面でも納得がいきやすいでしょう。


しかし量が多くて持ち込むのが難しい際は、持ち込みで2、3着みてもらって、見込みのありそうなお店に出張で査定を依頼するというのも手です。


これから着物の買取業者さんにお願いしようと思ったら、喪服は除外して考えたほうが良いかもしれません。


ほとんどのお店で、喪服の買取を避ける傾向があります。


それもそのはず。


中古の和服市場では、喪服の流通は少ないからです。


それを承知で、捨てるのにしのびないというのであれば、あまり多くはありませんが、喪服を買い取ってくれる業者もありますので、そうした会社に問い合わせたほうが効率が良いと思います。


和服は高価だし思い入れもあるもの。


処分するときにも、信頼できそうなところでないと、買い叩かれて損失を被ることがないとは言えません。


着物買取でのトラブルというとやはり、安値買取のゴリ押しでしょう。


それと、査定依頼した着物が返ってこない系(遅延や不足)も少なくないです。


まず業者のクチコミ情報などを集め、ある程度選抜してから依頼すると安心です。


それと、封入前に着物の写真を撮っておくと、双方の思い違いも解消できるので、安心です。


もう着なくなった着物が何枚かうちにあるのですがかさばる着物をお店に運ぶのも大変だしこれがいくらになるのかを査定してくれるのはどこか、そこから調べるのかと思って、ずいぶん長い間放っておいたのです。


近頃は着物買取業者も競争が激しいのか、宅配で買い取りするお店も手軽に利用できるようです。


サービスの内容や買取価格を調べ、細かいところまでサービスを調べて家族で検討しています。


これから着物を買い取りに出す方が一番気にすることは、買取業者の選び方を考えると何を判断材料にしたらいいか、です。


インターネットであっという間に業者を見つけ、全国の業者と取引できるので自分に合った業者を見つけるのは非常に難しくなっています。


たいていの古着屋で、着物の買取も行うでしょうが浴衣や安い着物ではないというなら、着物専門の買取業者に持って行くのが賢明です。


専門のお店だからこそ、着物についてよく知っている鑑定人に相談できるので不当に低く見積もられることは少ないでしょう。


06:36






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++