知っておきたい着物買取のコツ

2020年01月14日(火)
【着物買取業者に持ち込むとき、着物そのものや、帯の他トー】
着物買取業者に持ち込むとき、着物そのものや、帯の他トータルコーディネイトできる小物類、つまり帯締めや帯揚げなど併せて買取可能です。


ただ、襦袢の買取は期待しないでください。


襦袢は和装の下着だとみられているため着用済みだとほとんど売れないからです。


しかし、全く買い取らないわけでもなく、正絹であまり古くなく未使用のもの、柄行が珍しいものなど交渉次第で売れるかもしれません。


遠慮せず、一度査定してもらうと良いですね。


着物が何枚か、家のタンスの奥にも眠っていて、買い取るお店に予約して、持ち込む手間を考えると二の足を踏み、手間をかけて持ち込んでも、それに見合った買い取りをしてくれるのかなかなか人に聞くこともできなかったのでずいぶん長い間放っておいたのです。


最近の買取サービスは進んでいて、着物も宅配で買い取りするところが結構あると聞いています。


大手から専門的なところまでいろいろあるので、自分のニーズに合った業者を何とか見つけたいと思っています。


古い和服を処分すると言ったら、お茶仲間の人から売却の秘訣を教えてもらいました。


状態がきれいであることのほかに、新しめの着物のほうが良い値段がつき、逆に退色やシミがあったりすると、それなりの価格になってしまうこともあり、ときには引き取ってもらえないこともあるみたいです。


私のは比較的新しいし殆ど着ていないので、査定だけでもお願いしてみようかなと思います。


仕立てたまま一度も着たことがない着物であっても必ずしも高値がつくものではありません。


未使用の着物であっても少しずつ劣化していくこともあるので糸が弱くなるなど、状態が悪くなることもあります。


何回着たかは絶対的な価値ではありません。


査定時に状態が良いかどうかが問題なのです。


保管状態が良く、未使用でもう着ないといった着物がご自宅にあれば、少しでも早く査定を受けることをおすすめします。


いざ着物の買取をしてもらおうと思っても、着物とその付属品が大量だとか、お店が近所になかったりすると、持ち込むのが大変だし、時間もかかるでしょう。


そんなことを考えているときは、出張買取サービスを利用してはいかがでしょう。


電話するだけという手軽さが魅力ですが、ただ、業者基準の量に満たないときは、受け付けないこともあるので、あらかじめ電話で確認しておくと良いですね。


20:48






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++