知っておきたい着物買取のコツ

2020年08月02日(日)
【着物買取業者に持ち込むとき、着物】
着物買取業者に持ち込むとき、着物そのものや、帯の他トータルコーディネイトできる小物類、つまり帯締めや帯揚げなどセットで売ることもできます。


とはいえ、襦袢までは買い取りできないようです。


襦袢は和装の下着だとみられているため着用済みだとほとんど売れないからです。


襦袢を買い取ってもらえる例として、未使用で正絹など上質な素材のもの、柄が珍しいものであれば業者によっては買い取りの可能性があります。


査定はたいてい無料なので、出してみてはいかがですか。


信頼できる着物買取業者を探しているなら、ネット専業の『スピード買取.jp』は、査定員の多さと迅速丁寧な対応が喜ばれています。


電話での相談・問い合わせは無料(0120)で、年中無休で受け付けているので、普段忙しい方でも気軽に電話できます。


相談は、スマホを含む携帯電話からの通話にも対応しています。


無料訪問査定以外にも、宅配や持込に対応しており、気軽に相談できますね。


いわゆる着物の買取価格はいろいろな要因で決まります。


着物そのものの品質もさることながら、状態の良し悪しはかなり重要です。


着物としてどれほど高級だとしても、汚れがひどいもの、カビの跡が明らかなものだとかなり価値を下げてしまうのがごく当たり前です。


手間をかけても、完全にきれいにできる場合は買い取ってもらえるチャンスはあります。


いずれにせよ、素人が安易に決めつけずにとにかくプロに見てもらわないと、最終的な価値はわかりません。


一般的に高価な和服。


買取業者で処分する際も、それなりに信頼できる業者さんにお願いしないと、買い叩かれて損失を被ることがないとは言えません。


私がよく聞く買取に関するトラブルは、不当な安値での買取りが一番多いです。


また、訪問査定で家に居座られて断れなかったなどがあります。


あらかじめ相手の評価をネットなどで調べ、ここはと思うところに依頼しましょう。


梱包前に写真を撮っておくのも良いかもしれません。


発送伝票も大切に保存しておいてください。


女子にとって、成人式の振袖はそれなりの思い出とか、思い入れがあるわけで、売るなんて考えられないという人もどこにでもいますが、着る時期を過ぎてしまったら、専門の業者に買い取ってもらえばすっきりするのではないでしょうか。


上質の生地で、色や柄も品のいいものなら思っていたよりも高値で買い取ってもらえるかもしれません。


タンスも片付き、お金も手に入るので一石二鳥です。


05:30






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++