知っておきたい着物買取のコツ

2020年09月15日(火)
【着ない着物が何枚かあったので、買い取ってくれる業】
着ない着物が何枚かあったので、買い取ってくれる業者があると知りネットで業者のサイトをのぞいてみましたが、思ったより使い勝手は良いようで、出張査定や自宅に取りに来るサービスがある業者、専用の箱も無料、宅配で送るのも無料で、査定も無料という業者もごく当たり前になっているようです。


自分に合った買取方法を調べると、着物の枚数は少ないので近所に専門店があることがわかったので、直接持ちこんでその場で査定から換金まで済ませたいと思います。


普通の人が和服を買い取ってもらうことはあまりないと思うので、処分する際には、価値相応の価格で買い取ってもらうために中古着物買取業者のクチコミぐらいはチェックしておきましょう。


買取実績もあって評判も悪くない業者というのをリストアップして、2社、もしくは、3社に見積もらせ、その査定結果を比較します。


仮に査定額が同じなら、査定内容や対応がしっかりした業者を選べば、結果的に良い取引ができるでしょう。


着物専門の買取業者さんというと、宅配便を利用したサービスが多いようなので、独身時代に集めていた着物類を、思い切って処分することにしました。


しつけ糸が残っている新品もあり、品物は悪くないので、誠実な業者さんを探したいと思っています。


中古品の売買には警察署への届出が必要なので、とりあえずそれを確認してから査定依頼する予定です。


自分の着物を手放したい、業者に買い取ってもらおうと思えば、重要なポイントになると思われるのは自分の着物の価値を、十分認めた値段になるのかなのでしょうね。


相場はどのくらいか、気になりますがこれが相場、という基準はありません。


素材の価値や仕立て、保管状況、丈や裄などによってその一枚の買取価格が決まります。


専門店に持ち込んで、プロの目を通すのが一番妥当な方法です。


どこの業者でも査定は無料なので、電話かメールで、査定の予約をとってみましょう。


祖母からの形見分けで、着物を何枚か譲り受けたので着物買取専門のお店に持って行きました。


おそらくほとんど着ることはない着物で、このまま日の目を見る機会がないのも祖母の本意ではないでしょうし、誰かが大事に着てくれれば、祖母も喜ぶだろうということになったからです。


一軒だけだと不安なので、複数の業者に見てもらいましたが一点で高値がつくようなものはなく、全部でいくらと、どこの業者でも言われました。


どれも価値を認めてもらい、値段にも納得がいく買取ができました。


18:48






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++