知っておきたい着物買取のコツ

2020年09月16日(水)
【つい最近、祖母の形見だった着物を着物の買取専】
つい最近、祖母の形見だった着物を着物の買取専門業者があると聞き、訪ねてみました。


今後、私たちが着物を着る機会は少なく誰も着ないのにとっておくのも祖母の本意ではないでしょうし、着てくれる人に引き渡すのが、一番いいという話になったのです。


念には念を入れて、何軒かのお店に持って行きました。


いわゆる作家ものの着物はなく、全部でいくらと、どこの業者でも言われました。


最終的に、条件もよく、満足できる価格をつけた業者に引き取ってもらいました。


着物を処分したい。


できれば買取を利用してお金に換えたい。


でも買い取りしてもらえなかったらどうしよう。


そう思うのもわかります。


着物は着る人の年齢や着る場面によって、多くの種類に分かれています。


そして素材や技法によっても買取価格は大きく変わるので買取の相場があるわけでなく、素人には本当の価値がわかりません。


ただし、もし有名作家の作品だったり、有名ブランドの着物だったりするなら、高値での買取を期待していいでしょう。


あまり古くなっていないブランド着物なら昔の品より裄丈にゆとりがあるため仕入れておけばすぐに売れるからです。


仕立てたまま一度も着たことがない着物であっても無条件で付加価値がつくとは限りません。


未使用の着物であっても保管している間に経年劣化して、糸が弱くなるなど、状態が悪くなることもあります。


使用済か未使用かではなく、査定したときの状態が悪ければ価値はありません。


保管状態が良く、未使用でもう着ないといった着物がご自宅にあれば、査定は無料のところが多いです。


早く業者に持って行きましょう。


売りたい着物があれば、そこで終始気にするのが買取価格に納得できるかどうかなのでしょうね。


果たして相場があるのか?と思うでしょうが実は、着物の買取は素材、色柄、保管状態、サイズなどの条件次第でそうした条件を全部考え合わせて査定されます。


経験豊かな専門店の鑑定士に査定してもらうしかありません。


業者のほとんどは無料査定や相談を行っているので買取を考えている方は、すぐに電話した方がいいですよ。


着物の買取ではじめに突き当たる壁、それはどの業者に持ち込むといいかと考えて上手な決め方がわからないことでしょう。


今は、ネットで全国の業者を探すことができ、宅配で買い取ってもらえるので自分に合った業者を見つけるのは非常に難しくなっています。


着物の買取を行う町の古着屋もたくさんありますが、ある程度着物としての価値があれば、着物買取の専門店に持ち込んだ方がいいのです。


専門のお店だからこそ、着物についてよく知っている鑑定士の査定を受けられるので、着物の価値を正当に認めてもらえるでしょう。


19:24






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++