知っておきたい着物買取のコツ

2020年10月18日(日)
【不要になった和服などがあれば、中古着物専門の業者さん】
不要になった和服などがあれば、中古着物専門の業者さんに買い取ってもらうと良いですね。


紬や絣といった着物なら、郡上紬や久米島といった通好みの品も、きちんと査定して買い取ってくれます。


専門業者なので価値あるものを見落とさない点が良いのです。


紬は男性物でも良いですし、作家物や一般の友禅染の着物なども扱っているようです。


何が売れるか、問い合わせしてみてはいかがでしょうか。


祖母の遺品を整理し、形見分けを進めているところ、着物や帯、小物を合わせると結構な量なので処分に困りました。


専門の業者に引き取ってもらおうと、何軒かあたってみたのですが電話でのやりとりだけで無料で買取用の車を出すところも何軒もあってびっくりしました。


着物に帯、小物を合わせるとかなり重く、これをお店にどうやって運んだらいいのか、と困り果てていたところで、それも感謝しなければなりません。


伝統的な衣装である着物には洋服にはない良さがありますが保管だけでも、思いの外大変ですよね。


虫干しは定期的に行い、和紙を挟んで元通りに畳み、桐箪笥に戻してまた保管などと時間も体力も使います。


そこで提案ですが、もしも着ない着物やサイズが合わない着物があれば割り切って買取業者に引き取ってもらってはいかがでしょうか。


次に着てくれる人がいるでしょうし、お手入れの負担も少し軽くなります。


着る人がいない着物や、親戚の誰々の着物とかいうのが、実家にはたくさんあります。


中には保存状態があまり良くないものも混じっていましたが、業者さんは納得の上で買取してくれました。


いまどきの買取は、正体のわかっているシミ程度なら店側で専門の人が染み抜きをするのだそうで、買い取るパターンのほうが多いそうです。


ただ、査定額はそれなりです。


でも自分でシミ抜きする手間を考えたら気楽ですね。


着物の買取を検討している方にとって切実な問題は、どの業者に持ち込むといいかと考えてどうすれば良い業者を探せるのか、見当がつかないことです。


今は、ネットで全国の業者を探すことができ、宅配で買い取ってもらえるので迷うのが当然だと思います。


多くの古着屋で着物の買取も行っていますが、価値があると思う着物なら、着物の専門店に持って行く方がいいでしょう。


専門店だからこそ、着物の知識、経験が十分な鑑定人に相談できるので価値を十分に評価してもらえるでしょう。


01:00






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++