知っておきたい着物買取のコツ

2020年10月29日(木)
【要らなくなった和服を整理する】
要らなくなった和服を整理する際、絹物は紬などの堅物も含めて案外高値がつくことがありますから、素材不明でも査定に出してみましょう。


一方で、合繊・化繊やウール着物については、本来の価格が低いですから、仮に買い取るとしても安かったり、当初から引取対象外にしている店もあります。


古着屋さんやリサイクル店なら、買い取りする可能性もあると思います。


自宅で着物を保管するのは、とても気を遣います。


もう着ないと見込まれるなら買取を考え、専門の業者に見積りを頼むのがおうちが片付き、お財布にもやさしいのではないでしょうか。


初めての買い取り依頼で、どの業者が良いのか判断が難しいときはネットのランキングサイトを利用して業者探しの参考にすることをすすめます。


着物の保管状態はもちろん、同じ産地でも制作者によって価値は異なりますが状態がいいことは、その他の価値に優先します。


古い着物はどこのご家庭にもあると思いますが、その処分にお困りの方も多いでしょうし、今後増えるでしょう。


リフォームはしにくく、捨てるには惜しく、買い取りのルートがわかれば、ぜひ売りたいですよね。


実際、着物の買取を扱っている業者は数多いのですが、まずは友禅市場に問い合わせてください。


査定はもちろん無料、送料も無料なので安心です。


無料査定ならば、とりあえず価値を知りたい方にもおすすめです。


着物の買取専門店を利用したことがない方も、まずは買取先の候補にしてはいかがでしょうか。


これまで大事にとっておいた、大切な着物を一円でも高く買い取ってもらいたいなら複数の業者から査定を受け買取価格を比較すると、どこがいいかわかります。


それを考えれば、査定後のキャンセルができる業者を見つけて話を持って行くのが賢明です。


査定額の比較を終えて、一番高値をつけ、なおかつ信頼できる業者に依頼できるよう、査定時に条件を提示された場合は、忘れず確認して、最終的な結論を出しましょう。


近頃は街中にも中古和服を扱う店が出店したりして、着物の買取を行う業者が増えてきているようです。


業者はネットで簡単に探せますが、もっとも気をつけるべきなのは、買取にみせかけて、依頼者から送られてきた着物だけを騙し取るような不法な商売を行っている業者もあるということです。


クチコミ等で信頼できるところを選びたいですね。


00:12






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++