知っておきたい着物買取のコツ

2021年09月14日(火)
【仕事で和服でも着ない限り、一般人が着】
仕事で和服でも着ない限り、一般人が着物を売却することはまずないと思うので、もし売却を考えているなら、価値相応の価格で買い取ってもらうために買取業者さんの評判を確認しましょう。


評判もサービスも良い業者さんにあたりをつけたら、その中から2社以上に査定させ、額や評価を比べると目安になると思います。


買取値や査定理由が明確なところを選ぶと納得のいく取引ができるでしょう。


着物を着ると、日本人であることを実感しますがお手入れするのは結構負担ですよね。


虫干しは定期的に行い、和紙を入れ替え、元の通りに畳んで、保管は桐箪笥に入れてと、手間をかけないと傷んでしまいます。


ご自宅の着物の中に、もう着ないものや裄丈が合わないものがあるのなら、買取を考えてもいいのではないでしょうか。


次に着てくれる人がいるでしょうし、お手入れの負担も少し軽くなります。


成人式の振袖と言えば、誰でもそれなりの思い出とか、思い入れがあるわけで、いつまでもとっておきたい人も聞けば相当多いのですが、着る時期を過ぎてしまったら、次に着てくれる人に譲ればこれからの自分のためかもしれません。


保管状態によりますが、生地や色柄が良ければ思っていたよりも高値で買い取ってもらえるかもしれません。


自分磨きに使うも良し、今後のために貯金してもいいのではないでしょうか。


誰も着ないまま、長い間しまわれている着物の管理に悩んでいませんか。


着るべき時があれば着物を管理する意味もありますが、虫干しだけでも結構な仕事なのは確かです。


振袖は特に、袖の長さの分だけ他の着物より格段に手がかかります。


いろいろな理由で、着ることがない着物があれば業者に買い取ってもらうと負担が軽くなりますよ。


ものが同じなら、新しく保管状態のいいものは高値を期待できます。


量がたいしたことなければ、着物の買取は、店舗に直接持参するのが一番分かりやすい方法でしょう。


自宅に上げる必要がないので、査定額に納得がいかない場合は、気楽に断れます。


それに、直接顔を合わせることで、査定額の詳細を聞けば交渉もできるでしょう。


しかし量が多くて持ち込むのが難しい際は、1点か2点を持込査定してもらい、これなら大丈夫という引取業者に出張で査定を依頼するというのも手です。


21:42






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++