知っておきたい着物買取のコツ

2021年09月15日(水)
【着なくなった、でも捨てるには惜しい】
着なくなった、でも捨てるには惜しい着物が、高値で売れればタンスの中も片付き、お金も手に入って一石二鳥ですね。


状態が良く新品に近いものは、高値がつく期待も持てます。


流行の柄、あるいは人気の柄、素材も有名な産地だったり、高級なものだったりすれば予想以上のお金が手に入るかもしれません。


反物も一反あれば買い取ってくれるところがほとんどです。


仕立てる予定のない反物も買い取ってくれるかどうか聞いてみるといいでしょう。


たとえ未使用の着物で、傷みがなくても、それだけで価値があるというわけではありません。


袖を通したことはなくても、少しずつ劣化していくこともあるので糸が弱くなるなど、状態が悪くなることもあります。


何回着たかは絶対的な価値ではありません。


査定したときの状態が悪ければ価値はありません。


保管状態が良く、未使用でもう着ないなどの着物があれば幸い、買取業者に査定してもらうのも選択肢の一つです。


着ない着物が何枚かあったので、買い取ってくれる業者があると知りネットで業者のサイトをのぞいてみましたが、思ったより使い勝手は良いようで、自宅など指定した場所まで取りに来る業者や宅配用の箱を無料で送ってくれる業者も複数あるようです。


自分に合った買取方法を調べると、持ち込むのも負担ではない枚数なので近くのお店に車で持って行き、その場で査定から換金まで済ませたいと思います。


着物の管理は、忙しい人にはかなりの負担なので着る機会がなくなってしまったら早めに業者に依頼し、買い取ってもらった方が世のため、人のためかもしれません。


買取業者も新旧、全国各地にたくさんありますので判断が難しいときはまずはインターネットで「着物買取 ランキング」を検索して、着物買取業者の評価も調べられます。


良い状態で保管されているか、織りや染めの作者など査定されますがまず、状態がいいかどうかが高価買い取りの前提条件です。


リサイクルブームがひとつの契機となって、着物買取を専門にするところが増えてきているようです。


ネットさえあれば買取業者はたくさん見つけられますが、一番心配なのは、買取実績がある業者のふりをして、品物だけを詐取するような違法行為をして問題になっているところもあるという事実です。


22:06






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++