知っておきたい着物買取のコツ

2017年03月21日(火)
【着物専門の買取業者さんというと】
着物専門の買取業者さんというと、宅配便を利用するのが最近では増えているみたいですから、自分も結婚前に仕立てたものなどを引き取ってもらおうと思っています。


モノは悪くないので、買い叩かれないように、信頼のおける専門店にお願いしたいと思っています。


中古品の売買には警察署への届出が必要なので、それを掲げている業者さんに査定をお願いするつもりです。


着物の買取を考えているとき、持ち込みも出張査定も行っているとして、少しでもお得なのはどちらか考えると、お店に行けるなら、ぜひ持って行ってください。


もし納得いく査定額でなかったとき、出張よりは断りやすいと考えられます。


持ち込みは難しく、宅配か出張で査定してもらう場合、査定料、出張料どちらも無料で査定後の買取中止も無料でできると明文化している業者に依頼しましょう。


和服は高価だし思い入れもあるもの。


処分するときにも、誠実で手慣れた業者に依頼しないと、安値で買われてしまうこともあります。


よくある和服買取業者への苦情といえば、不当な安値での買取りが一番多いです。


また、宅配査定で断ったけれどなかなか返してもらえないなどですね。


業者の評判を調べ、ある程度選抜してから依頼すると安心です。


また、中身の写真を撮っておくというのも双方の思い違いも解消できるので、安心です。


これから着物の買取業者さんにお願いしようと思ったら、喪服は別と考えたほうが良いでしょう。


ほとんどのお店で、喪服の買取を避ける傾向があります。


和服の中古市場では、普段使いでもなければおしゃれ着にもならない喪服の需要というのは、少ないからです。


それでもなお、買い取ってくれる業者を探したいのであれば、ほんのひとにぎりとはいえ、買取対象に喪服を含むところもあるので、最初からそちらを頼ったほうが手間がなくて良いでしょう。


わが家もとうとう建て替えることになり、昔のものをいろいろと片付けていますが反物が出てきたのでびっくりしました。


丁寧にしまわれていたため保管されている間に傷むこともなくおそらく買ったときのままです。


着物の買取業者で反物も買い取るか聞いてみたら、反物の買取をしているところがいくつかありました。


今後もこの反物を使うことはなさそうなので、買い取ってもらい、他の方に売った方が賢明でしょう。


02:30






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++