知っておきたい着物買取のコツ

2017年09月14日(木)
【もしも、着物の買取を依頼する際に、持ち込みも出張査定】
もしも、着物の買取を依頼する際に、持ち込みも出張査定も行っているとして、少しでもお得なのはどちらか考えると、どんな買取でもそうですが、持ち込みの方が有利です。


もし納得いく査定額でなかったとき、出張よりは断りやすいと考えられます。


持ち込みは難しく、宅配か出張で査定してもらう場合、査定料、出張料どちらも無料で査定の結果に納得いかなければキャンセルできるとはっきり書いている業者を選びましょう。


不要になった和服などがあれば、買取専門店で買い取ってもらうのも良いですね。


流行り廃りのない紬の着物などは、大柄の黄八丈のような着物でも、産地・種類を問わず買取してくれます。


ただの古着屋さんよりは確実に高値がつきますよ。


それ以外には、友禅やブランド着物なども広く取り扱っているそうです。


一度問い合わせてみてはどうでしょう。


手持ちの着物を売りたいとき、誰もが最大の関心事は自分の着物の価値を、十分認めた値段になるのかに決まっています。


着物の買取には相場があるのか、と聞かれると、明らかな相場はありません。


ブランドや色柄、状態の良し悪し、サイズの違いなどを見られて価格は流動的と考えるべきです。


着物鑑定のプロに査定してもらうのが、一番いいでしょう。


査定は無料で行うのが当たり前になっているので買取を思い立ったら、一日でも早く連絡しましょう。


日本の伝統的な民族衣装である着物は、振袖など着物としての役割、素材、色や柄などによって様々に格付けされます。


買い取るとき、高値をつけられるものといえば織り、染めなどが有名な産地の品です。


大島紬の他、本場黄八丈など着物好きの方なら、その特長をよく知っている有名産地の品なら買い手も多いので査定でも高値を期待できます。


着物の状態が査定額を左右することはもちろん、証紙によって産地や生産者を保証しないといけないことはいろいろな品の買い取りと同じく、当たり前のことです。


着物が未使用でさえあれば、無条件で付加価値がつくとは限りません。


袖を通したことはなくても、経年劣化は多少なりともあるので状態の悪化はどうにも避けられません。


使用済か未使用かではなく、持ち込んだときの状態が一番重要なのです。


運良く未使用で、これからも着ない、そして状態も悪くない、という着物に心当たりがあれば、無料査定を受けられる業者を探してください。


17:24







w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++