知っておきたい着物買取のコツ

2017年12月07日(木)
【誰も着ないまま、長い間しまわれている着物】
誰も着ないまま、長い間しまわれている着物の管理に悩んでいませんか。


着物は着るべき時に着るもので、折々の手入れだけでも大変なのは事実です。


中でも、振袖はお袖が長い分だけ、虫干しをするにも他のものより気を遣います。


いろいろな理由で、着ることがない着物があればいっそのこと、買い取ってもらってもいいかもしれません。


ものが同じなら、新しいものほど、また手入れのいいものほど高値がつきます。


着物が何枚か、家のタンスの奥にも眠っていて、買い取るお店に予約して、持ち込む手間を考えると二の足を踏み、この着物を一番高く買い取ってくれるのはどこか周りに着物を売った人もいなかったので結局処分に踏み切れませんでした。


この頃はサービスが良くなり、どこでも買い取りに来てくれる業者も結構あると聞いています。


サービスの内容や買取価格を調べ、自分の希望に合ったサービスを行うお店を家族で検討しています。


着る人がいない着物を処分する際は、絹物全般は割合良い値段になる場合があるので、証紙などがあったら一緒に出しましょう。


ただし化学繊維やその混紡着物、ウールなどは、元値が低いため、中古買取でも良い値がつかず、当初から引取対象外にしている店もあります。


古着屋さんやリサイクル店なら、買い取ってくれる率が高いと思います。


こればかりは仕方ありませんね。


どんなものの買取でもそうですが、皆さんどの業者に持ち込むといいかと考えて上手な決め方がわからないことでしょう。


今は、ネットで全国の業者を探すことができ、宅配で買い取ってもらえるので選ぶのは却って難しいといえます。


多くの古着屋で着物の買取も行っていますが、ある程度着物としての価値があれば、着物買取の専門店に持ち込んだ方がいいのです。


専門店だからこそ、着物の知識、経験が十分な鑑定人に相談できるので大きな損はしないで済むでしょう。


着物の保管は本当に大変ですよね。


着る人がいなくなった着物など、早めに業者に依頼し、買い取ってもらった方がみんながすっきりすると思います。


どの業者が良心的なのか、決めるのに迷うときはまずはインターネットで「着物買取 ランキング」を検索して、ランクや口コミなどで絞り込んでいくといいでしょう。


良い状態で保管されているか、織りや染めの作者など査定されますがまず、状態がいいかどうかが高価買い取りの前提条件です。


19:30







w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++