知っておきたい着物買取のコツ

2018年03月14日(水)
【リユースで古着に抵抗感がなくなってき】
リユースで古着に抵抗感がなくなってきたせいもあり、着物買取をする業者が増加する傾向にあります。


ウェブ検索すると数多くの業者が見つかりますが、もっとも気になるのは、普通の買取業者を装って、品物だけを詐取するような違法行為をしている業者もあるという事実です。


宅配で着物を買取業者に送り、査定から買取まで行うのも当たり前になっていますが、できるだけ有利に買い取ってもらうために、注意してほしいのはある程度以上の品質の着物には、必ずついてくる切れ端、保証書といった、品質を保証するものの有無です。


家電やパソコン、ゲームソフトを売ったことがあればわかると思いますが、生産地や製作者を保証するためにこのようなものがあり、それがあるかないかというだけで買取価格はかなり違うと考えてください。


一部でもとってあれば一緒に送るのが、かなり大きなポイントです。


このごろ、着物の買取にまつわる苦情が増えてきているので、依頼する側でも注意が必要かもしれません。


私が最近聞いた例では、自宅への訪問査定を依頼したら、いきなり連絡もなく家に来て、長時間ねばって宝飾品も一緒に売らせようとした事例がありました。


ポスティングチラシだけ見て申し込むのは考えものです。


きちんとした古物取扱商であれば、このような行為は無縁でしょう。


さほど重さが気にならないのであれば、和服の処分は直接買取店に持ち込むのが最も確実だと思います。


第一、持ち込むのなら、業者の提示額と自分の希望に差があっても、買い取りを断ることも簡単です。


それに、直接顔を合わせることで、査定額の詳細を聞けば交渉もできるでしょう。


また、量が多いのなら、少量をお店に持ち込んで査定してもらって、これなら大丈夫という引取業者に出張査定をお願いするというのもありですね。


着物買取の案内をよく読むとわかりますが、業者では着物だけでなく和装小物も売るように勧められると思います。


そのことを考えれば、小物まで合わせて買い取ってもらうことでトータルコーディネイトもできるので着物本体の査定価格に上乗せしてくれるという話もよく聞きます。


和装小物は細かいものがいろいろありますが、どれでも使わないものをこの際なので全部まとめて、着物と合わせ宅配査定が無料なら、全部送って査定してもらえば絶対に損はしません。


01:24






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++