知っておきたい着物買取のコツ

2018年09月14日(金)
【もう着なくなった着物を買い取ってもらう】
もう着なくなった着物を買い取ってもらうため、査定で高く評価される点をポイントを探ってみました。


素材や色柄、仕立てが上等であることが欠かせない要素ですが加えて、保管状態や使用状況、つまりシミや傷がないかなども買取価格に響くようです。


どんな高級品だとしてもプロが傷を見つけてしまうと大きく価値が下がってしまう感じです。


着なくなった着物を買い取ってほしいけれど値がつかなかったり、すごく安い値段しかつかなかったらみっともない。


という声をよく聞きます。


着物は着る人の年齢や着る場面によって、多くの種類に分かれています。


そして素材や技法によっても買取価格は大きく変わるので着物鑑定のプロでないと、買取価格は見当がつきません。


それでも、有名作家の作品や、有名ブランドの着物だった場合は高値での買取を期待していいでしょう。


あまり古くなっていないブランド着物なら昔の着物に比べると裄丈が長く、大柄な人でも着られるので需要があり、業者が手に入れたいのです。


箪笥の中の古い着物の処分に困って、そのままという人も多いでしょう。


最近は専門の買取業者さんというのが多くなりましたし、一度利用してみてはどうでしょう。


しまい込んでいた高価な着物でも、着る人がいてこそ活きてくるとは思いませんか。


査定やキャンセル料が無料のところも多いですし、依頼してみる価値はあると思います。


正絹のものなど意外な高値になることもあります。


タンスの肥やしになっている着物を、高く買い取ってもらえれば着てくれる人に引き継ぎでき、お金も手に入って嬉しくなりますね。


新しくて傷みがなければ、高値買取の条件を満たしています。


そして流行の柄、上質の素材、仕立てが良いなど付加価値があると予想以上のお金が手に入るかもしれません。


反物の状態であっても買取可能なのが普通です。


使われない反物があれば無料査定や相談を利用してみてください。


自分で仕立てた着物だけでなく、譲られたものなど結構あって着物の買取サービスを利用される方もあちこちで見受けられます。


着物の種類はたくさんありますが、需要が多いのは何なのか疑問に感じる方が多いでしょうがずばり、訪問着が一番高く売れます。


訪問着は色柄とも、さほど年齢で限定されず、未婚・既婚も問うことなく、いろいろな場面で着ることが可能なためです。


着ることがない訪問着をお持ちの方、ぜひ無料査定や相談を利用してみましょう。


19:00






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++