知っておきたい着物買取のコツ

2018年11月09日(金)
【いままで知らなかったのですが、着物の買取は、宅配便を】
いままで知らなかったのですが、着物の買取は、宅配便を利用するのが最近では多いようなので、私も母や叔母から譲り受けた着物を、この際、処分しようかと考えています。


紬や絣など高価な着物も多いので、まともな業者さんに預けたいと思っています。


中古品取扱の登録業者さんなら安心なので、それを目安にして電話で問い合わせし、良さそうなところに依頼するつもりです。


古い着物を買取業者に出すと、昔の正絹の着物などは思ったより良い値になるケースがあるので、証紙などがあったら一緒に出しましょう。


けれどもウールや化繊の着物というと、新しくても元の価格が安いですから、着物買取業者でも値付けが低かったり、値段がつかない(引き取れない)こともあります。


普通のリサイクル店などのほうが、買い取りする可能性もあるですね。


タンスの肥やしになっていた着物を買い取ってもらい、総額で結構な値がつくこともありえます。


確定申告は必要なのか、気になるところです。


着物は衣類なので、生活必需品に分類され譲渡しても課税されませんが、もし美術工芸品とみなされれば売れた額に課税されることもあり、いろいろなケースが考えられます。


少しでも気になるなら、申告漏れのトラブルを避けるためにも最寄りの税務署で、相談窓口を訪ねてはいかがでしょうか。


大掃除やお節句の時期になるたびに、箪笥で眠っている着物類を整理したいと漠然と考えてはいたのですが、形見の品でもあるしと思うと、滅多なところへは出せないと思い、今まで来てしまいました。


たまたまこの間、着物専門の買取業者をネットで見つけて正直、意外でした。


着物なんて廃れたかと思っていたので。


以前近所の古着屋さんに打診したときよりずっと高額で、和服・和装小物専門を掲げるだけあって、着物の価値がわかるのだなと感じました。


そのうちの一社に、折をみて電話をかけてみるつもりです。


いろいろ思い入れのある織り着物を持っていて、大切な着物としてきちんと保管していましたが、洋服しか着ないときがほとんどでこの先、その着物を着る機会がないと気づき思い切って処分しようかと迷いました。


買取ができるかどうかネットで調べた結果、思ったよりも多くの買取業者があることを知りました。


可燃ゴミになるより、リユースできれば着物にとってもいいだろうと思い、買取業者に引き取ってもらおうと決めました。


02:06






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++